FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

メキシコのハロウィン「死者の日」 

Posted on 01:02:24

死者の日のための飾りつけを最初に見たのは、
メキシコシティーの次に行ったプエブラでした。
まだ死者の日までは二週間近くありましたが、
すでにアルタールという祭壇がありました。

死者の日は日本のお盆にあたるのでしょうか?
祭壇はマリゴールドの花で飾られ、
亡くなった人の写真が飾られていました。
11月1日は子供たち、2日は大人たちの
魂が戻ってくると言われています。

あくまでも賑やかに祝うのがメキシコ風、
故人が好きだったお酒やお菓子などが、
花と一緒に飾られていました。

そして忘れてならないのが「骸骨」です。
街角には飾り付けられた骸骨あり、
顔に骸骨を描いた店員さんもいました。

黒いドレスに骸骨の化粧をしたのは
「貴婦人カトリーヌ」に扮した女性たち
ある街ではコンテストが開催されており
小さい子供から20代の女子まで
たくさんの骸骨ちゃんに会えました。

こうなると怖いと言うイメージはありません。
この日が来るのが楽しみになりますよね。
皆さん一年も前からこの日のために、
準備を重ねてお祝いするそうです。

もともと首都メキシコシティーで
死者の日パレードはありませんでしたが、
「ミッションインポッシブル」の映画で
架空のシーンが登場しました。
それを見た市民たちの運動によって、
再現して行われるようになったそうです。
私も骸骨の化粧をして参加してみたいです。
mx477.jpg
    死者の日のパレード by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - メキシコ旅行  死者の日  貴婦人カトリーナ 
中南米  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ