FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 11

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

アメリカの入国審査ははカナダで受けます。 

Posted on 01:05:46

私がカナダから出国するときは、
いつもアメリカ行きの飛行機ですね。
電車やバスで行ったこともありますが、
バンクーバーから成田行に乗ったのは、
添乗員時代が最初で最後でした。

そして今日もアメリカ行きの飛行機です。
カナダは出国審査がありませんが、
アメリカ行きのフライトはすべて、
カナダの空港で入国審査が行われます。

ユナイテッドのカウンターは機械のみ、
セルフチェックインをしてタッグをだし、
荷物を預けに行かなければなりません。

その時滞在先のホテル名が必要ですが、
これが小さなホテルだと認識されません。
お陰で予約しているのも大変なことに、
自分たちだけでチェックインできませんでした。

でもお手伝いしてくれる人がいます。
日本語を話す人だっているのですから、
やはりバンクーバーは助かりますね。
荷物代を払うとタッグがもらえます。

そのあと全部の荷物検査があった後、
アメリカの入国審査があったように思います。
この辺はあやふやなので注意してください。
ただ入国審査の後に荷物を預けます。
自分でターンテーブルに乗せるだけ、
何には入国を拒否される人もいるでしょう。

一応これでアメリカに入りましたが、
まだバンクーバー空港なので、
カフェの支払いはカナダドルですね。
あまり残らないように注意してください。
コインはアメリカでは使えませんから。

そしてやっとアメリカ行きの飛行機です。
これから行くのはサンフランシスコ、
私の友人がどうしても会いたい人が、
その方に会うのが目的でした。
us310.jpg
  アメリカ入国@バンクーバー空港

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  アメリカ入国審査 
カナダ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

カナダ旅行の費用は? 

Posted on 01:04:37

今回のカナダ旅行に費用ですが、
結局私の分と友人の分が浮きました。
皆さんから集めさせてもらった
基金だけで何とかやりくりできました。

一応私の航空券も自腹ですから、
実際にはホテル代と観光代を
私たちが払うことはありませんでした。

たとえインターネットは無料でも、
旅行前に準備した半年近く、
何十回と皆さんに電話しています。
その電話代と時間を考慮したら、
無料でも文句は言われないでしょう。

皆さんの航空券代はそれぞれのカード払い、
そしてひとり12万円ずつ
友人の銀行に振り込んでもらいました。
ホテル代、列車代、観光代など、
私たちがカードで立て替えた分が、
ひとり12万円ぐらいになりました。

そしてカナダに到着されたときに、
ひとり1000ドルずつ集めました。
これはこれから現金で払う分と
皆で食事するときの基金となりました。

ところが何回か自由食にしたり、
スーパーで買ってもので食事だったので、
一日1万円の食事代より安くつきました。

そして平さんに車を運転してもらい、
レンタカーにしたのが良かったですね。
これで一組に付き500ドルはセーブ、
思ったより安く旅行できました。
皆さんありがとうございました。
van2043.jpg
 バンクーバーの風景 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  旅行費用 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

カナダ旅行を終えて、、、 

Posted on 01:03:13

私たちがこのカナダ旅行をしたのが、
2016年9月のことでした。
ちょうど今頃旅の計画を立てていました。

旅の計画から実際の旅まで半年以上、
人の旅をお手伝いするときは、
ガイド時代の知識を活かして、
ちゃんと調べなおして計画します。

このブログでも約半年に渡り、
旅の計画から実際の旅行まで
お話させていただきました。

その前に旅行したのは2012年、
グレイハウンドで一周した時です。
ところが現在そのグレイハウンドが、
カナダの西側では運行していません。

旅の計画をするときは、
何処をどう旅行するかがポイントですが、
どうやって旅行するかによって、
予算も計画もかなり変わってきます。

日本からのパッケージに入れば、
簡単に行くことのできる所です。
ところが見ていただきたいところは、
ここにもあそこにもたくさんあります。

一生に一度は見ていただきたいカナダ、
そこに住めたことは私の誇りです。
どうかカナダにお出かけください。

今回のカナダ旅行は初心者用です。
皆さんの目的に合わせて、
いろんな旅ができるはずですが、
旅の計画をするときに参考にしてください。
van2042.jpg
 バンクーバーの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  旅行計画   
カナダ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

飛行機が2時間ほど遅れています。 

Posted on 01:03:37

空港に到着した私たちは、
エアーカナダのチェックインカウンターへ、
国際線なのでカウンターでパスポートを提示
それぞれのカップル毎にチェックインしました。

Eチケットなので必要ありませんが、
予約したものをプリントアウト、
カウンターで同時に提示すれば、
名前や行き先を言う必要もありませんね。

3組のチェックインが無事に終わりましたが、
本日は2時間ほど出発が遅れています。
そのため航空会社から昼食券がでました。
ひとり15ドル位だったでしょうか?
フードコートで食べることができます。
ここにも世界各国の食事がありました。

私たちは午後遅いフライトなので、
皆さんと分かれてから
食事するつもりでいました。
ところが私たちはこんなに食べないからと、
昼食券を恵んでくれるのです。
断るわけにもいかないので
そこで一緒に食べることにしました。

テレビで確認すると2時間遅れですが、
搭乗ゲートも掲示されていました。
飛行機が到着しているので、
何とか成田行は出発するようです。

昼食が終わり出国のゲートへと進みます。
カナダもアメリカと同じように、
出国審査はありませんでした。
だから手荷物検査をすれば終わりです。

「さよなら」と皆さんが見えなくなるまで、
ちょっと寂しい気もしますね。
でも私たちはこれからが本格的な旅、
アメリカ・メキシコの旅の始まりです。
van2045.jpg
 バンクーバーの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー空港  出国審査 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

高いお店で買ったお寿司ですが、、 

Posted on 01:05:37

シーバスを降りたターミナルから、
ホテル方面に行くバスに乗りました。
シーバスのチケットを持っていると、
そのままバスに乗り換えることができます。

塚本さんは車いすのまま、
バスに乗り込むことができました。
車いすの人がいると優先にしてくれるので、
私たちも早めに乗ることができました。

ホテルの近くでバスを降りると、
そのままホテルまで戻りました。
今日は買い物は一切しませんよ。
冷蔵庫に残っている食料とお酒を、
夕食兼宴会で全部消費しなければ、、。

明日はそれぞれカナダを出発します。
日本に持って帰っても仕方ないので、
全部お酒は飲むつもりでいました。
もともそ昼間から飲んでいるので、
そんなに飲むつもりもないようでうが、、。

持ち帰りにしたお寿司ですが、、。
一応地元でも高級と言われるレストランで、
比較的お値段の高いものを選んだのに、
ご飯はあまり酢が効いていなくて、
巻きや握りも少し甘かったです。

お寿司と言っても今は巻きが中心、
地元好みの味に変化しています。
日本のようなお寿司ではありません。
高級なお店で頼んだのに残念でした。

一応板さんと話したら、韓国の方ですが、
日本人の元で修業したと言っていました。
そこで安心したのですが、油断は禁物、
日本人の板さんとは味が違いました。
下の人が握っていたのかもしれません。
van2040.jpg
 ウィッスラーに行く道 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  寿司の持ち帰り 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ノースバンクーバーに戻るには 

Posted on 01:05:54

まさみさんとパブでお別れして、
ホテルのあるノースバンクーバに戻ります。
すでにレンタカーを返しているので、
地元の交通機関を使いたいと思います。

バンクーバーにはスカイトレインもありますが、
市内を主な足はバスかトロリーです。
ノースバンクーバーは入り江の北側なので、
市内からシーバス(フェリー)が運行しています。

バンクーバー展望台の前にあるウォーターフロント駅は、
バス、地下鉄、そしてシーバスの発着場と
まさにバンクーバーの交通の要点になっています。
ギャスタウンや市の中心へも歩ける距離です。

皆さん年配者なのでシニアのチケットを購入、
私もついでにシニア割引で購入しようかな?
検札に来ることもあるようなので、
普通の大人料金のチケットを買いました。

私がチケットを買っている間に、
友人は寿司を取りに行ってくれました。
ウォーターフロント駅の隣にある、
カナダプレイスの中に入っていました。

シーバスは10~15分おきに出発するので、
友人が戻ってから乗るつもりでいました。
大きなすし皿を抱えた友人が戻ってくると、
皆さんどんな寿司か興味が湧いたようです。
残念ですが、夕食までお預けですよ。

もしヒロさんがいたら握ってもらうつもりでした。
彼は日本で修業したお寿司の板前さん、
バンクーバーで40年近く握っていました。
でも彼が働いているのはホワイトロック、
アメリカとの国境に近い街でした。
van3037.jpg
 バンクーバーの風景 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  シーバス 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

地元のパブで飲んでみた 

Posted on 01:05:21

ギャスタウンの時計台のある所で、
先日会いそこなったまさみさんと
待ち合わせをしていました。
皆さんも会いたいと言うので、
一緒にパブに行くことにしました。

今日行くパブは先日私が泊まったホステルの下、
夜はバンドが入って若者で賑やかですが、
昼間は簡単な食事と飲み物が楽しめます。

ここに来たらクラフトビールを飲みます。
今まで飲めなかった種類のビールを
2種類ジョッキーで楽しみました。
これだとグラスで頼むより割引です。
それぞれ好きな方のビールを飲みました。

おつまみは何が良いでしょうか?
ピザと鳥の唐揚げやウェッジズです。
ウェッジに切ったポテトに味をつけ、
油でカラカラに揚げたものです。
サワークリームやスイートチリソースを
好みでつけて食べます。

飲茶をあんなにたくさん食べたのに、
お酒を飲むときのお腹は別腹ですか?
まさみさんもかなりの飲み手なので、
皆さんとの話にもすぐに打ち解けましたが、
いろいろと質問を受けてごめんなさいね。
人のことを聞くのが好きなようです。

その日一緒に飲茶を食べるつもりでしたが、
たまたま何か用事があるとかで残念でした。
先日フェリー乗り場で待たせた
馬合わせをしたかったのですが、、。
皆さんからの心づけとして、
少しだけ食事代を渡しておきました。
van2025.jpg
 バンクーバーの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  パブ 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

「ギャスタウン」でお買い物を 

Posted on 01:03:46


午後からはギャスタウンへ出かけます。
バンクーバー市内でも観光客が集まる所、
レストランもカフェもありますが、
ギフトショップも多いですね。
ギャスタウンで一番有名な時計の前で、
それぞれ写真を撮っていました。

ここで1時間の自由解散をしました。
お土産はそれぞれ違いますからね。
皆で歩いていると落ち着いて
買い物をすることもできません。

その間私と友人は和食の店へ、
夕食用のお寿司の注文に行きました。
一応インターネットでは評判のようで、
バーカウンターもあるおしゃれな店です。
その辺の店からも持ち帰れますが、
ちょっと高級感のあるお店にしました。

友達に選んでもらったメニューを、
5時ごろ取りに来ると伝えておきます。
せっかくバンクーバーに来たからには、
一度は日本食も食べたかったのですが、
夕食はホテルでゆっくりするつもりでした。

待ち合わせ場所に集合すると、
皆さんも買い物は大体終わったそうです。
まだ必要なら中心地に行く予定でしたが、
もう買い物はいらないと言われました。

そこで皆でパブに行くことにしました。
これも観光の予定に入っていました。
地元の人がどんな所で飲むのか、
皆さんに体験してもらいたかったので、
まだ紹興酒も残っていますが、
ビールは別腹に収まるようです。
gastow1
   ギャスタウン by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  ギャスタウン 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

バンクーバーで「飲茶」を食べなくっちゃ 

Posted on 01:03:52


バンクーバー市内まで車で行き、
レンタカーを返却しました。
普通の乗用車なら空港でも返せますが、
8人乗りのミニバンとなると
レンタカー会社も限られてきます。
空港では返却できませんでした。

その日の昼食は飲茶の予定でした。
最初は中華街に行こうと思いましたが、
もう足もないので、レンタカー会社の近く、
オフィス街にある飲茶の店を選びました。

と言っても私も久しぶりの街なので、
インターネットで評判を調べながら、
ちょっとおしゃれな飲茶の店を選びました。

そこは私がいる頃から有名でした。
メイン通りに面したモールにあります。
大きなホテルからも近くて、
観光客にも人気のあるお店でした。

中華のメニューがメインですが、
昼間は飲茶もやっている感じです。
ワゴンで店内を回るのではなく、
トイレに乗せて数品持ってきました。

その中から好きなものを選んだり、
メニューの中から注文したりと、
今回食べたカナダのレストランでは、
一番豪華な食事となりました。

昼間から紹興酒を飲んでいるから、
気分も大きくなったようです。
皆さんカナダ旅行の感想を述べながら、
2時間かけて昼食を取っていました。
van3038.jpg
   チャイナタウン by TripAdvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  飲茶 
カナダ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

怖くて行けなかった「クリフウォーク」 

Posted on 01:02:04

高い所が大嫌いな私ですが、
ツリートップアドベンチャーは楽しみました。
大きな木がすぐ横にあるので、
何とか恐怖心が出てきません。

しかしクリフウォークは問題外でした。
そこに行くまでの階段を降りるだけで
(もちろん崖に作られています)
足がブルブル、ブルブル震えます。
どうしてと言われても、私にも分かりません。
生まれ持った恐怖心は取り払えません。

遠くを見ろと言われても無理ですね。
橋の間からも下が見えるし、
もちろん崖の横に張り出ているので、
足が竦んで動き出そうとしませんでした。

皆さんが通るたびに笑って行きます。
小さな子供まで笑っています。
世界中をひとりで冒険する勇気はあっても、
「高所恐怖症」だけは私の弱点、
ヘビやミミズよりも苦手かな?

でも階段を下りたからには登らないと、
クリフウォークの入り口まで戻ります。
階段を下りる人がいないのを確かめながら、
誰かが降りてきそうになると
「ダメ」と大声で制しながら、
やっと戻ることができました。

現在は売店も充実していて、
食事もできるようになっています。
年間を通じて営業していますが、
冬には吊り橋にライトが付けられて、
幻想的な空間を楽しむことができます。
van2035.jpg
   クリフウォーク by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  キャピラノサスペンションブリッジ 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

車いすでは渡れませんが、、、 

Posted on 01:02:24

キャピラノサスペンションブリッジに
私が訪ねてくるのも久しぶりです。
入場料も安くありませんからね。
それに一人で来てもつまらないです。

以前はこの吊り橋を渡って、
川の周辺を歩くぐらいでしたが、
最近はアトラクションも増えました。
木々の間にかけられた橋を渡っていく
ツリートップアドベンチャーや
崖にワイヤーで作られたトレイル
恐怖のクリフウォークがあります。

ここもガイドさんは無料で、
7人分の入場料で入れました。
私の恐怖心もだいぶなくなりましたが、
車椅子では渡れないので、
塚本さんがどうなるか心配でした。

結局皆さんが手伝いながら、
ゆっくりと渡ることになりました。
その横を子供が掛けて行ったりすると、
やっぱり昔のように揺れました。
「橋は走る所ではありません」と
大声で怒鳴りたくなりましたね。

塚本さんが何とか渡りきると、
他のアトラクションを求めて、
それぞれ公園内を自由行動です。
彼はベンチに嬉しそうに座っていました。

帰りは私と一緒にゆっくりと
「渡れて満足した」という言葉には、
車椅子ながらも何とか皆と一緒に
カナダ旅行が出来て嬉しさが
充分に満たされていたようです。
van2036.jpg
冬はライトで飾られます by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  キャピラノサスペンションブリッジ 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

キャピラノサスペンションブリッジに行ってみよう 

Posted on 01:02:00

今日は一日バンクーバーの観光です。
昨日夜遅かったこともあり、
朝の出発は比較的遅めでした。

と言ってもレンタカーは12時まで、
1時間ぐらいなら大丈夫そうですが、
返却の時間を考えると、
やはり9時ごろには出発です。

その日はキャピラノ渓谷に行きました。
泊っているホテルから車で15分足らず、
川沿いに遊歩道もありますが、
全員車で行くことにしました。

キャピラノ川の上にかけられた吊り橋は、
オーナーが歴代変わっていますが、
バンクーバー最大のアトラクションとして、
たくさんの観光客が訪れています。

全長の140mの橋を渡るだけですが、
その橋が川から70mの所にあるので、
人が通るたびに大きく揺れます。

その橋の高さと大きな揺れのために、
最初に来たときは渡ることができず、
途中で足が竦んでしまいました。
帰りに帰れず、目をつぶって、
何とか戻ってきた記憶があります。

グラウスマウンテンに登って、
市内を展望することも考えましたが、
ふたつ行く時間の余裕はないので、
友人に意見を聞いて、
吊り橋の方に決まりました。
皆さん楽しんでくれるかな?
van2022.jpg
  キャピラノサスペンションブリッジ



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ  バンクーバー  キャピラノサスペンションブリッジ 
カナダ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

夜食の買い出しを忘れないで 

Posted on 01:01:42

帰りのフェリーの中で、
それぞれ夕食を取ってもらいましたが、
夜食なるものが必要なようです。
スーパーに行くことにしました。

翌日はバンクーバー最後の日、
一応皆で買い物に行く予定ですが、
昼までには車を返してしまうので、
スーパーに行けるのは今日だけ、
ホテルに戻りたい人を落として、
そのままスーパーに行きました。

ばら撒き用のお土産を買ったり、
夜食用のうどんを購入しました。
また最後の日はホテルで夕食なので、
その食料も買うことにしました。

バンクーバーでお酒が買えるのは、
政府が公認しているお酒屋さんだけ、
以前よりは営業時間も長いかな?
でもアメリカのように簡単に変えません。

皆さんがシャワーを浴びている間、
私と友達でうどんの用意をしました。
ちゃんとした材料がないので
野菜を入れ焼うどんにしました。
これなら少し伸びても食べれます。

今日は最後の晩餐ではないので、
それほど豪勢ではありませんが、
毎日この飲み会がないと、
一日が終わった気がしないようです。

お天気にも恵まれたビクトリア、
花がきれいなブッチャートガーデン。
ロッキーとは異なったカナダの魅力を
満足していただけたことでしょう。
van2024.jpg
 バンクーバーの風景 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  スーパーマーケット 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

何故私の主人が運転手なの? 

Posted on 01:01:27

帰りのフェリーの中は静かでした。
朝早く出発したこともあり、
皆さん疲れていたのでしょうね。

特に車を運転している平さんは、
知らない街の運転で大変ですよね。
一応私がナビゲーションしていますが、
数十年ぶりに来たバンクーバー島
地図を見ながらでは間違いもありました。

バンクーバーに到着するのは午後8時以降、
レストランに行って夕食を取るには、
ちょっと遅い時間になりそうなので、
自由に夕食にしてもらうことにしました。

フェリーの中で一番元気だったのは、
平さんの奥さんでしたね。
彼女は絵を描くのが大好きだそうで、
旅行中気に入った場所が見つかったら、
すぐにスケッチに描いていました。

このフェリーから外の景色を眺めて、
スケッチしていたので話掛けました。
絵の話や、旅行の話も出てきましたが、
ひとつだけお小言を頂きました。

それは旦那さんに運転手の
白羽の矢が当たったことです。
たとえ運転が上手と言っても、
人の命を預かることになるので、
奥さんとしては嫌だったようです。

お腹の中に貯まっていた鬱憤を
私が聞いたことで和らいだようです。
「でも旅行は楽しかったわ」と
喜んで頂くことができました。
van 2033
   BCフェリー by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  ビクトリア  レンタカー 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ビクトリアの豪華なホテル「エンプレス」 

Posted on 01:01:25


ビクトリア市内を少し車で回った後、
エンプレスホテルの近くで車を停めました。
英国風の建物が建ち並ぶビクトリアで、
ひときわ目立つのがハーバーの前にある、
お城のようなエンプレスホテルです。

1920年代にカナダ太平洋鉄道によって、
ビクトリアで一番豪華なホテルとして建設されました。
バンフスプリングスホテルや
シャトーレイクルイーズと同じ系列です。

1990年代に他のホテルと共に、
フェアモント系列に売却されましたが、
カナダの主要都市に系列ホテルがあります。
21世紀に入りオーナーは変わりましたが、
60億円を掛けて改築されました。

いつ見ても美しいホテルです。
そのお隣には州議事堂があります。
本土から離れていますが、
ブリティッシュコロンビアの州都です。

バンクーバーの住んでいる限り、
日本領事館もあるので、
この街にくるのは観光のみです。
ここが州都と言われても実感ありません。

皆な日帰りで観光に来ますが、
バンクーバー島にも見どころはあります。
車で来てゆっくりと滞在しながら、
この島を観光するのも良いですよ。

そろそろ帰りのフェリーの時間です。
渋滞はあまりない所ですが、
フェリーに乗り遅れると大変ですから、
30分前には到着するようにしましょう。
van2031.jpg
 エンプレスホテル by TripAdvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  ビクトリア  エンプレス 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

野生の「ブラックベリー」を食べてみた 

Posted on 01:01:35

ブッチャートガーデンを楽しんだ後は、
ビクトリアの街の方に向かいました。
観光する場所はいくつかありますが、
車を停めるところが心配になります。

まず向かったのはOマイルポイント、
通称国1号線と私たちが呼んでいる
トランスカナダハイウェイの起点です。
バンクーバー島のビクトリアから
島を縦断してカナダ本土に入ります。

本土に到着するとホーシューベイから、
バンクーバーの中心部を通らずに、
99号線と並行して、途中から東に向かいます。
バンフやレイクルイーズでは走りましたが、
バンクーバーにいる間は通ることはありません。

全長約8000kmのハイウェイですが、
そのバンクーバーから成田までの
飛行距離とあまり変わりません。

私たちはそこでブラックベリーを食べました。
すでにシーズンは終わりでしたが、
まだブラックベリーがありました。
「洗わなくて大丈夫」と思われそうですが、
太平洋の潮風が消毒してくれますね。

バンクーバーのまさみさんの家の近くにもあり、
夏に遊びにくると箱一杯に取っていました。
あまり取る人もいないようです。

繁殖力が強い植物なので、
園芸する人には嫌われているそうです。
でも買えばちょっとした値段ですから、
自然の恵みを味わいと思います。
van2030.jpg
   BC州議事堂 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  ビクトリア  0マイルポイント 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

秋でも花が咲いていた@ブッチャートガーデン 

Posted on 01:01:01


ブッチャートガーデンは、
石灰石の採石場跡地を利用して、
オーナーの奥さんが丹精を込めて、
作り上げた庭園になっています。

日本庭園を含めて5つの庭園があり、
年間を通じて花が咲き乱れています。
私たちが行ったときは9月の終わり、
でもまだたくさんの花が見られました。

残念ながら真冬には行ったことがないので、
どんな状態か想像できませんが、
お客さんを飽きさせないようにするため、
いろいろな趣向がされており、
年間を通じて楽しむことができます。

まだ紅葉には少し早かったけど、
皆さん来たことを喜んでくれました。
お花を見るのは男性でも喜んでくれますね。
中国人観光客に負けないように、
ポーズを変えて写真撮影していました。

街に出てレストランを探すより、
ここで食事をすることにしました。
私たちが食べた所はカフェテリア形式、
カウンターで好きなものを取って清算です。

私が一番前に行って説明をしながら、
皆さんそれぞれ食事をとっていました。
そして最後にまとめて清算しました。

屋根がガラス張りになって明るく、
屋内にもお花や植物が植えられており、
まるで植物園で食事をしているみたい、
それぞれのカップルごとに、
静かな昼食を取ることにしました。
van2029.jpg
 ブッチャートガーデン by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  ビクトリア  ブッチャートガーデン 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ビクトリア島の観光です 

Posted on 01:00:53

フェリーはスワーツベイに到着します。
ここからはまた17号線を通ります。
ビクトリアの街を観光してから、
ブッチャートガーデンを見学するか、
その反対のルートになりますが、
まずガーデンを観光することにしました。

これならフェリーの時間に合わせて、
ビクトリア市内の観光をアレンジできます。
ブッチャートガーデンだけは時間をかけ、
ゆっくりと観光した方が良いですね。

フェリーを降りて40分足らずで、
ブッチャートガーデンに到着しました。
車を降りてチケットを購入しますが、
私はガイドとして無料になりました。

まだガイドの名刺が物を言うようです。
名刺はシドニーのJ社のものですが、
バンクーバーにもその支店はあるし、
実際に7人のお客さんを案内しています。

決して安い入場料ではないので、
ひとり分でも浮けば助かりますよね。
ましてや私はお金も払っていないので、
皆さんの負担を下げるのに必死でした。

その間皆さんは入り口で写真撮影、
こんな裏方は見せられませんからね。
園内は自由行動もできますが、
ここは一緒に回りたいと思います。

日本語の地図を片手に、
塚本さんの車いすを交代で押して、
皆で観光することにしました。
van2028.jpg
 ブッチャートガーデン by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  ビクトリア  ブッチャートガーデン 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ビクトリア島へ行くフェリー 

Posted on 01:00:54

私がビクトリア行きのフェリーに乗るのは、
本当に20数年ぶりのことでした。
そのためフェリー乗り場も変わっていました。

フェリー乗り場に到着すると、
ますフェリー代を払います。
そして乗船するまで駐車場で待機です。
この間車から降りて買い物ができます。

以前と異なってたくさん売店があり、
お土産なども購入することができました。
前は日本人観光客を見かけましたが、
今は何といっても中国人がダントツです。

指定された時間までに車に戻り、
いよいよフェリーに乗船しました。
船に乗ったら車から出なければなりません。
航行中は船の座席で待つことになります。

皆で待ち合わせの場所を決め、
船の中は自由解散にしましたが、
皆さんその場所で待機していました。

フェリーは片道1時間半ですが、
ジョージア海峡を横切ると、
島と島の間を縫って運行します。
バンクーバー島が外洋からの盾となり、
大きく横揺れすることもありません。

船の中では食事をすることもできます。
デッキに行って海風に当たったり、
島を眺めることもできますが、
私はひとりで眠ることにしました。
ナビゲーターをしていたら車では寝れません。
運転はお任せしていますが、
道を知っているのは私だけですからね。

van2026_20200114075920162.jpg
   BCフェリー by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  ビクトリア  BCフェリー 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

バンクーバーの南にある「アメリカの飛び地」 

Posted on 01:04:54

グレーターバンクーバーの一番南にあるのが
ホワイトロックという街ですが、
アメリカのワシントン州と接しています。
メキシコとアメリカの国境程ではありませんが、
2001年のテロ事件以来厳しくなりました。

昔はカナダの永住権さえ持っていたら、
車から降りることはありませんでした。
免許証とパスポートを見せるだけで、
簡単に国境を通過することができました。

今は車から降りて入国審査を受けます。
(どちらから来ても出国審査はありません)
カナダ国籍の人は無料ですが、
永住者でも審査料が課せられました。

北緯49度が国境線になっていますが、
ビクトリアのあるバンクーバー島の一部は、
北緯49度よりも南にありますが、
もちろんカナダの領土に含まれています。

しかしフェリーの乗り場の南の半島には、
北緯49度よりも南に領土があります。
アメリカとは陸で繋がっていませんが、
ポイントロバーツとう街があります。

人口はわずか1500人足らず、
行き方も良く分からないような所ですが、
一応国境を見張るレンジャーがいました。
と言ってもここからアメリカ本土に、
行くことが出来ないせいでしょうか、
入国審査などはありませんでした。

バンクーバーに遊びに来て暇でしたら、
ちょっと変わったアメリカ体験も如何ですか?
ビールはカナダよりうんと安いですよ。
van2023.jpg
 バンクーバーの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  アメリカの飛び地 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ