FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

「見れますか?」と尋ねられても、、、 

Posted on 01:04:46

夕食が終わると寝るだけしかないですが、
「今日はどうかしら?」と聞かれました。
そう皆さんオーロラが見たいようですね。
忠ちゃんによると「ブレイク予報」
その晩は出現する可能性大でした。

でも夜中に起きる自信はありません。
私は明日も一日観光案内しなければ、、
昼に寝ることは出来ませんからね。
「トイレに起きた時に見てください」と
オーロラの見方を説明しておきました。

私がその時担当していたツアーは、
フェアバンクスに行かないので、
オーロラ観測がありませんでした。
そのため「デナリで見れたら、、、」と
思っている人が多かったですね。

ツアーの中には30代のカップルもいて、
夜中にオーロラを見ることができたそうです。
真夜中の1時ごろから起きて
雷のような光を見るまで頑張りました。

肉眼では白い雲のように見えますが、
レンズで見ると緑色の線が見えます。
他の人たちにデジカメを見せていました。

アンカレッジは明かりが多すぎて、
オーロラを観測することができません。
見るならデナリの方が見やすいです。
ましてや色のついたオーロラなんて
私自身見たことがありませんでした。

今日は頑張ろうと言う人もいましたが、
お天気はまあまあの予報でしたが、
観光後に夜中に起きれるでしょうか?
ak193.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  オーロラ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

夕食が終わるまで仕事です 

Posted on 01:04:50

私の部屋はデナリ待機の忠ちゃんと一緒、
他のガイドがいたらシェアーしますが、
今日泊っているのは私だけのようです。
そこで忠ちゃんとシェアーとなりました。

と言っても彼女は相変わらず大忙し、
他のホテルのディナーアシストやら、
お客さんが忘れた荷物を取りに行ったり、
休む暇もなく働いていました。

夕食はホテル内にあるレストランです。
私と添乗員さんは別テーブルにしてもらい、
ちょっと離れた所で食事をしました。

ベジタリアンの私としては、
今日のステーキは食べられません。
離れた所でベジタリアンパスタ、
皆さんに見られたくないですからね。

と言っても列車の中の昼食時から、
「生まれたときから肉は食べたことない」
それだけを強調しておきました。
皆さんには「可哀想」と言われながら、
困った顔をしていると分かってもらえます。

旅行会社から食事代が払われて
自由に食事できる方が好きです。
しかしツアーで食事がついていると、
ガイドは一緒に食べることになります。

と言ってもデナリか観光の時だけ、
アンカレッジでは食事はつきません。
フェアバンクスでは出張という形で、
食事代が経費として払われます。
食事代が高いデナリに居る時は、
食事がついている方が便利ですが、、。
ak187.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  デナリ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

デナリのホテルにチェックイン 

Posted on 01:04:42

今回私たちが泊まるのはブラフホテル、
デナリの商店街から歩いて5分ぐらいです。
山の上の方には同系列のホテルグランデ、
そちらの方は眺めが良い分でしょうか、
お値段もちょっと高いようです。

荷物は専用のトラックで運ばれます。
部屋に配達されるのは時間がかかりますが、
その間にチェックインを済ませ、
添乗員さんからの説明が終わると、
皆さんを部屋に案内しました。

部屋はいくつかのロッジに分かれていますが、
このホテルも木の香りがする
丸太のロッジタイプが多いです。
ラッキーにも新築された部屋が用意され、
バレービューですが、眺めも良かったです。

荷物は荷物専用のトラックで来ます。
部屋に運ばれるのに時間がかかります。
夕食の集合場所を案内しながら、
それぞれの棟まで皆で行きました。

その頃にはホテルに荷物も運ばれて、
ポーターが部屋番号を付けていました。
何か問題があった時だけ手伝って、
部屋に運ばれるのを確認しました。

でも自分の荷物は自分で運びます。
どうせネームリストには載っていません。
スルーガイドという条件ではないので、
一応今日の仕事はすでに終わっています。

と言っても夕食はグループと一緒、
それが終わるまでは私は仕事中で、
部屋でのんびり過ごすことはできません。
ak190.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  デナリ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

列車から野生動物も見えますよ 

Posted on 01:04:30


アンカレッジからデナリまで電車に乗ると、
デナリの山が遠くに見える時もあります。
翌日デナリ国立公園の観光に行っても、
山が見えるとは限りませんから、
見えるときに見ておきたいですね。

ガイドの案内の合間に写真を撮ったり、
おしゃべりしながら楽しくしていると、
8時間近い長旅もあったと言う間に終わり、
デナリに到着する時間になりました。

湖には白鳥の姿がありましたが、
まもなく成長した子供たちと一緒に、
南の空へと飛んで行くのでしょう。

ホストが「熊がいます」と案内していましたが、
私たちがそれに気づくころにはすでに遠く、
その姿を見ることはできませんでした。
それでもカワウソが岩の上にいるのを、
私が見つけ、皆さんに教えて上げました。

ビーバーと間違ってしまいそうですが、
しっぽが平たくなっていたらビーバー、
筒のようになっていたらカワウソです。

列車がデナリに到着すると、
荷物を忘れないように降ります。
ここから乗る人は少ないようですが、
それでも待っている人たちはいました。

バスの確認をしている間に、
駅で写真を撮ってもらいました。
他のお客さんたちと一緒です。
ホテルまではわずか15分足らずですが、
観光バスと違いディーゼルバスでした。
ak192.jpg
     アラスカの野生動物 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  アラスカ鉄道 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

アンカレッジからデナリへ 

Posted on 01:03:59

今回はプレミアの車両を使うので
アラスカ鉄道のカウンターではなく、
外にある簡易のデスクでチェックインです。
デナリで宿泊するホテルのタッグをつけ、
係員が荷物を運んでくれました。

これで荷物はホテルまでさよなら、
デナリで受け取る必要はないです。
デナリに到着するのは午後4時ごろですが、
それから観光に行くグループもあります。

ホテルで朝食を済ませたグループですが、
私は何も食べていなかったので、
持ってきたパンを頂きました。
コーヒーとソフトドリンクは無料です。
最後にチップを払うのを忘れないように、、。

食事は予約制になっています。
席ごとに時間が決められるので、
人数が多いと分かれることもあります。
その時は全員同じ時間帯に
食事をすることができました。

今回のグループは無線機付きのグループ、
マイクロフォンが使えない場所で、
ガイドの案内が分かりやすいように、
私は無線機のマイクで話します。
お客さんはそれを専用のイヤホンで
聞くことが出来るようになっています。

車内では大きな声で話さないと、
全員に伝わらないこともありますが、
お陰でホストに迷惑にならないように、
車両の一番後ろで話しても、
皆さんに案内することができました。
ak188.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  アラスカ鉄道 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プレミアウィルドネスエクスプレス号 

Posted on 01:03:21

アラスカ鉄道には座席のみの
アドベンチャークラスと
食事と飲み物が含まれた
ゴールドスターがあります。
しかし私たちが乗車したのは、
プレミアが所有する車両でした。

プレミアはアラスカ最大の旅行会社、
クルーズ船は所有していませんが、
たくさんのバスを保有していて、
エスコートツアーを催行しています。

プリンセスクルーズ船以外は、
この会社のバスや車両を使い、
提携ホテルに宿泊しながら、
ランドツアーとして販売しています。

私の旅行会社でもバスはプレミア、
予約でいっぱいだったときに
プリンセスのバスをサブチャーター、
お陰で知っているドライバーに会いました。

プレミアの列車はウィルドネスエクスプレス、
プリンセスのような専用列車ではなく、
アラスカ鉄道の後尾に2車両、
毎日定期列車と同じスケジュールで
アラスカ~フェアバンクス間を運行しています。

列車は2階建ての展望車両になっていて、
自分の席からアラスカの大自然を
眺望できるようになっています。

食事つきの場合には、
車両の1階にある食堂車で
席ごとに交替で食事をします。
ホストがいて英語の案内付きです。
ak186.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  アラスカ鉄道 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

雄大な自然の中を走る「アラスカ鉄道」 

Posted on 01:03:59

翌日私は早めに朝食を取り、
お客さんが泊まっているホテルに向かいました。
今日から三日ほどアンカレッジを離れます。
久しぶりにデナリ国立公園に行けるので、
ワクワク旅行気分になりそうでした。

その日はアラスカ鉄道に乗って、
アンカレッジからデナリに向かいます。
ホテルから駅までは車で5分足らず、
荷物がなかったら歩いて行けるほど、
ホテルは駅のすぐ近くにありました。

アラスカ鉄道は夏のピークシーズンは、
アンカレッジ~フェアバンクス間を
12時間で毎日運行しています。
単線なので途中ですれ違えるように、
待つ時間もスケジュールに入っています。

アラスカ鉄道の定期便以外に
プリンセスのチャーター列車もあります。
運行しているのはアラスカ鉄道ですが、
車両はプリンセス専用列車です。

クルーズ船が到着する日は
デナリ行きとタルキートナ行きがあり、
定期列車の合間をぬって走りますが、
ちゃんと離合できるように運行しています。

さらにタルキートナからは
ハリケーン往復列車も運行しています。
この列車は好きな所で停めることができる、
「フラッグストップトレイン」です。

アラスカの雄大な大自然の中を走り、
何が起こってもおかしくない場所で、
日程通り運行させるのも大変でしょうね。
ak191.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  アラスカ鉄道 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

アラスカでガイドデビューです 

Posted on 01:02:28


アラスカのガイドとして最初のツアーでした。
その日はタクシーで空港に行きました。
アメリカからの定期便なので大きなターミナル、
お客さんは入国審査を済ませているので、
添乗員さんと一緒に出てくることでしょう。

ツアーのプラカードを持って、
2階の到着口でツアーを待ちます。
添乗員さんが一番先に出てくると、
そのままターンテーブルへと行きます。
トイレと集合場所を案内したら、
私はバスとドライバーの確認です。

皆さんが荷物を取って集まると、
壊れた個所がないのか確認してもらい、
ここまでのタッグを外して歩きました。
それからバスに案内して
荷物を全部積み終えたら出発ですね。

添乗員さんの挨拶が終わると、
ドライバーと私を紹介してもらった後に、
マイクをもらって挨拶をします。
時差、気温、本日の予定を説明したら、
いよいよ市内観光の始まりです。

その日は地震公園を廻ってから、
ランチレストランに行きました。
その後はサケの孵化場を見て時間つぶし、
ホテルの用意が出来るとチェックイン
何とも簡単なツアーでした。

グループはホテルで夕食を取るので、
特に案内することもありませんね。
添乗員さんと翌日からの打ち合わせをして、
ガイドの仕事はそれで終わりです。
私にとってとても楽な内容でした。
ak189.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  市内観光 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

担当するツアーの予約確認 

Posted on 01:02:25


その翌日も寮は私だけでした。
のんびりと自分だけの時間を過ごして、
午前中にオフィスに出かけて行きました。

私が担当するのは定期便のツアーですが、
アンカレッジからデナリ往復だけです。
すでに日程表は貰っていたので、
デナリ滞在中に予約確認しておきました。

ツアーで滞在するアンカレッジのホテル、
ランチで使うレストランと
バス、列車の予約確認をしました。

オフィスの若いスタッフの人たちが
一応予約確認はするはずですが、
万が一見落としがあれば私の責任、
後の祭りよりは先に確認しておきます。

今回はチャーター便では行かない
タルキートナのホテルに泊まります。
街の観光という訳ではないですが、
少し散策する時間も取ってあります。
知っている人に会えるか分かりませんが、
タルキートナに行くのは楽しみでした。

アンカレッジに1泊して、
翌日列車でデナリに移動して2泊
バスでタルキートナに移動して1泊、
アンカレッジに戻って1泊という
何とものんびりしたツアーです。

アラスカの新人ガイドとしては
これぐらい余裕がある方が良いですね。
他のツアーとは重ならないように、
私だけの時間を楽しむことができます。
ak184.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  予約確認 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

女子寮には誰もいませんでした 

Posted on 01:02:05

チャーター便のツアーは1泊だけ
デナリのホテルに滞在します。
観光が朝から夜遅くまでやっているので、
ホテルに2泊する必要はありません。

アンカレッジ2泊、デナリ1泊、
そしてフェアバンクス2泊です。
ツアー内容はそれぞれ異なって、
ルートはどの会社も同じです。

チャーター便のツアーがいなくなると、
私もデナリに必要なくなります。
その日は夕方のバスで帰りました。

忠ちゃんがずっと待機しているので、
チェックアウトする必要もなく、
ベッドのシーツだけ変えてもらいました。
ガイドさんがこのホテルに来たときは、
この部屋に泊ることになるかもしれません。

アンカレッジに到着すると午後10時、
オフィスには顔は出しませんでした。
翌日は1日お休みでしたが、
ブリーフィングに行く予定でした。

女子寮には誰もいませんでした。
翔子さんと忠ちゃんはずっといませんが、
山ちゃんと由香さんはツアーと一緒に
フェアバンクスに泊まっています。

今日からツアーと一緒に2泊、
さらに次のツアーと一緒に2泊、
フェアバンクス泊まりになります。
その後デナリにも泊まってから来るので、
戻ってくるのは約1週間後ですね。
al183.jpg
アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  アンカレッジ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

荷物の数は合っていますか? 

Posted on 01:01:49

翌日はデナリ待機二日目です。
その日は朝から私も仕事でした。
まずホテルのアシストです。

デナリ国立公園の観光後に
フェアバンクスに向かうグループと
そのまま向かうグループがいました。
観光組は朝の4時ごろから出発なので、
さすがにそのアシストは必要ないようで、
前日にバスの確認だけはしておきました。

フェアバンクスに向かうグループが出発すれば、
後は観光組が帰ってくるのを待つだけ、
こちらは昼食を済ませてから向かいます。

ガイドは国立公園を出る頃に電話して、
あと何分で到着か連絡してきました。
私はレストランの状況を伝えて、
時間の無駄がないようにしておきます。

その間に今朝集めた荷物の確認、
トランスファーのドライバーが来たら
ポーターに荷物を出してもらって、
バスの横まで運んでもらっておきます。

最終的な荷物の管理は添乗員の責任、
お客さんに各自荷物を確認してもらってから
バスに詰め込むのが常識です。
一応添乗員に確認した荷物の数と
ポーターが集めた数が合っていれば良いけど、
違っているときは探すことになります。

ホテルに残っていれば問題ないけど、
他のツアーが持って行ってしまったら、
余分な荷物の報告が入ってくるまで
何処にあるか行方不明のままです。
ak185.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  デナリ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

デナリの食事代は高いです 

Posted on 02:31:17

ブラフホテルに泊まっているお客さんは、
大抵ホテルで夕食を取っていましたが、
ツアーによっては街の中にある
レストランを使うこともありました。

良く利用していたのが「Salmon Bake」です。
今日予約が入っているツアーの分を
席やメニューなど確認に行きました。

今日のツアーはデナリ観光後来るので、
ガイドが事前に確認できませんよね。
何と言っても混雑している時期ですから、
確認に確認を重ねておきます。

私もデナリで働いていた頃、
ホテルの仲間たちと食べに来ました。
夕食を食べに来たと言うよりも
夜遅く飲んだり踊ったりしていました。

でもアラスカですから値段は高いです。
ちょっと食事をして飲んだりすると、
一日分の給料が飛んで行きました。
そのため皆でつまみを注文して、
安い飲み物で楽しんでいました。

デナリ待機中は食事代も出ますが、
その経費では夕食は食べられません。
ホテルで作ることも出来ないので、
結局何処かで食べるか持ち帰りですね。

観光地のデナリには安い所はないけど、
タイの持ち帰りが出来ました。
1回15ドル以下で食べられたら、
何とか経費で賄えそうです。
忠ちゃんは戻っていなかったので、
持ってきたビールと一緒に食べました。
ak182.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド  デナリ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

友人が働くホテルに行ってみたいけど 

Posted on 01:02:05

ホテルでテレビを見ていると、
忠ちゃんが戻ってきました。
翌日はチャーター便がやってくるので、
彼女はとても忙しいようです。

私に書類とバウチャーを渡して、
明日の確認をするように頼まれました。
大きなグループがやってくるときは、
何度確認しても多すぎません。

バス、列車を使って
アンカレッジから移動してきます。
到着後すぐに観光するツアーもあれば、
翌日に観光するツアーもあります。
それ以外に定期便もあるようで、
忠ちゃんは忙しく動き回っていました。

ツアーでは国立公園の南側にある
パークビレッジのホテルを使っていました。
ここもロビーがある本館を中心に、
たくさんのロッジがありました。

ただし安めのツアーのお客さんは、
クルーズなどアメリカ人が使うロッジではなく、
道路側にある狭いロッジを使っていました。

比較的新しい建物もありますが、
シャワーしかない部屋も多いし、
皆が一度に使うとお湯が出なくなります。
レストランのあるメインロッジまで
歩いて行くのが大変でした。

私の友人も働いていますが、
私は行く機会はありませんでした。
歩いては絶対無理な上に、
シャトルバスも時間がかかりました。
ak178.jpg
     アラスカの野生動物 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ    日本語ガイド  デナリ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

働いていたホテルに行ってみた 

Posted on 01:02:04

忠ちゃんの方はまだ忙しかったけど、
夕方また手伝ってほしいと言われて、
それまでしばらく自由な時間ができました。

2010年初めてアラスカに来たとき、
働いていたホテルに行ってみました。
以前はアラマーク系列のホテルでしたが、
去年プリンセスに売却されました。

ホテルの建物はそのまま残っていますが、
私たちが住んでいた寮は建物ごと、
プリンセスの寮に移設されました。

いつも通ったその道を歩いてみると、
あの頃と殆ど変わっていませんでした。
しかし寮の建物が無くなっており、
空間が空しく広がっていました。

皆が食事していた建物は残っていました。
スタッフは仕事をしている間は、
ここでご飯を食べますからね。

そしてもう1棟すぐ近くにあった建物が、
何とそれは私が住んでいたら寮でした。
この従業員食堂のすぐ前にあったのです。
それはプリンセスの寮に移されずに、
あの頃と同じように建っていました。

ツアーでやって来るドライバーとか
ツアーガイドが泊まるのかもしれません。
ツアーと一緒に居なければなりませんが、
ホテルの部屋が空いてない時もあります。

私は懐かしい思い出にひたりました。
あれから10年近くたっていましたが、
仲間の声が聞こえてくるようでした。
ak181.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アンカレッジ    日本語ガイド  デナリ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

デナリでガイドアシストの仕事です 

Posted on 01:02:57

お昼過ぎにデナリに到着しました。
今回泊まるのはツアーでよく使う
商店街から少し歩いたところにある
ロッジタイプのホテルでした。

デナリ待機の忠ちゃんとシェアーです。
彼女の荷物とオフィス用の道具が
所狭しと部屋の中に置いてありました。
彼女に到着したことを連絡すると、
30分ほどして部屋に戻ってきました。

彼女は会社の車で来ているので、
駅から南にあるホテルを担当して、
私は泊っているホテルを中心に
ホテルと食事の予約を確認します。

チャーター便は今日は到着しませんが、
定期便のツアーが入ってきます。
忠ちゃんからブリーフィングを受け、
バウチャーをもらうと、
別のホテルにチェックインに行きました。

そこは小さなロッジですが、
レストランをいくつも経営していて、
デナリでは名前の知れた所でした。
急な坂道を登って行くと、
レストランとロッジがありました。

ハイキングツアーで食事つきなので、
ホテルから外に出ることもないし、
離れていても問題もないでしょうが、
大きなグループでは使えませんね。

ガイドさんに電話で連絡して
部屋、鍵、食事の確認済みを伝えると、
その日の主な私の仕事は終わりでした。
ak179.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アンカレッジ    日本語ガイド  デナリ 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

バスでデナリに移動します 

Posted on 01:02:48

翌日は誰よりも朝早く起きました。
山ちゃんと由香さんは今日もガイド、
ただしヤムナスカス滞在のツアーなので、
昨日帰ってきたのは9時以降で、
今朝も朝早く出発だそうです。

アンカレッジから1時間離れていますが、
ガイドが一緒に泊まることはありません。
夕食付やロープウェイ乗車のツアーもあって、
寮に戻るのも遅くなってしまったそうです。

今日は二人とも氷河ツアーです。
グループのホテル出発は遅くても、
そこまで行かなければなりません。
ドライバーがオフィス近くでピックアップして、
一緒にホテルに向かことになります。

でも私のバスが出発するのは6時半、
6時までにダウンタウンまで行きます。
タクシーを呼んでもなかなか来ないので、
さっさと歩くことにしました。

バスのバウチャーはオフィスからもらって、
私はデナリまで寝ていくだけです。
バスに乗っているだけで仕事ですから、
デナリ待機も悪くありませんよね。

アラスカにはグレイハウンドはなく、
夏のピークシーズンには、
パークコネクションが運行します。
朝の便はエクスプレスですから、
6時間後にはデナリに到着します。

途中昨日買ってきたパンを食べ、
寝たり周りの景色を見たりしながら、
デナリまでの旅が続きました。
ak175.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アンカレッジ  旅行会社  日本語ガイド 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

翌日の準備をしながら 

Posted on 01:01:11

チャーター便の初日が終わって、
女子寮に戻ると誰もいませんでした。
私ひとり夕食の用意をして食べます。
明日からはデナリに行くので、
今日のうちに洗濯しておきましょう。

私がデナリに滞在している間、
ガイドさんは誰も来ないようです。
来ても翔子さんのベッドが空いているので、
そこに寝ることになると言われました。

殆ど一年中ここに住んでいる翔子さんも、
部屋を開ける時は掃除をしなくては、
ただし彼女の荷物はたくさんあるので、
それまで空けるわけにはいきません。

彼女の部屋にはシングルベッドがふたつ、
そして専用のバスルームもあります。
彼女の持っているテレビもあれば、
いろいろと家具も揃っているようです。

私たちの部屋には二段ベッドがふたつ、
4人寝ることはないと言われましたので、
それぞれ下のベッドを使っていますが、
上段には布団やシーツなどが置いてあります。

もし応援ガイドさんがこの時期くれば、
その翔子さんの部屋を使うことになります。
忠ちゃんがデナリに出て行ったので
山ちゃんが今日から移動しますが、
それでも彼女もツアーで出て行きます。

もし誰かがくればその部屋を使うでしょう。
2段ベッドの下を使うよりは、
ちゃんとしたベッドの方が良いですよね。
それに皆すでに知り合いですから、、。
ak177.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アンカレッジ  旅行会社  日本語ガイド 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

最後はホテルでアシストです 

Posted on 01:01:19

今日は空港アシストに始まり、
次はレストランでランチアシスト、
最後がホテルでチェックインアシストです。
私が担当するのは4つ星ホテル、
旅行会社から少し離れていました。

まだランチを食べていないので、
テイクアウトをしてホテルに行き、
時間があるときに食べる予定でした。

ホテルに到着するとバウチャーを渡して、
グループごとに部屋数の確認をします。
まだ部屋は全部用意されていませんが、
鍵をもらってひとつずつ確認します。

ホテルからもらうルーミングリストを
ツアーのネーミングリストに書き直して、
何部かホテルにコピーしてもらいます。
添乗員、ガイドに渡すだけでなく、
オフィスにも控えとして保管しておきます。

お客さんの荷物はその時により異なります。
ガイドによってはランチや観光の合間をぬって
ドライバーに運んでもらうこともあれば、
ツアーと一緒にホテルに来るときもあります。

その時によってアシストの対応も違いますが、
もしロビーに荷物が置いてあったら、
部屋番号を手伝って付けることもあります。

ガイドに連絡して部屋の状況を伝え、
もしホテルにすぐ到着するようなら、
そのまま最後までいることもありました。
大抵は部屋が全部用意できていたら、
鍵とネーミングリストをフロントに渡して
オフィスに戻ることにしていました。
ak176.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アンカレッジ  旅行会社  日本語ガイド 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

気分が悪いお客さんがいる時は 

Posted on 01:01:00

飛行機に酔われたのかもしれませんね。
「気分が悪くて、もう観光は続けられない」
まさか強制的に観光に連れて行くことも出来ず、
かと言ってバスで連れて行く時間もないです。

こういう時添乗員さんが同行しますが、
その日は私たちがいるということで、
聡美さんが車で連れ行くことになりました。

私がいたシドニーのJ社では、
「離団所」にサインをもらいました。
しかしアンカレッジのこの会社では、
面倒くさいことはやっていないようです。

ホテルに行っても部屋が出来ていない時は、
ホテルのロビーで待ってもらうと言う条件で、
それでお客さんが納得して下されば、
私たちも案内することができます。

ホテルに行ったら掃除されている部屋を
この人たちの部屋として鍵をくれました。
部屋までお客さんを案内すると、
グループの到着予定時間と
オフィスの電話番号を案内しておきます。

今度は担当のガイドに電話を掛けて、
添乗員さんにお客さんの部屋番号と
現在の状況を伝えておきました。
ロビー降りたらホテルアシストの
ガイドがすでに来ていたので、
添乗員さんに伝えたことを繰り返します。

このようにガイドは密な連絡が重要です。
「聞いていないとか、知らなかったとか」
後で問題にならないように情報を共有して、
トラブルを未然に防ぐようにしていました。
ak180.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アンカレッジ  旅行会社  日本語ガイド 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

レストランでランチアシスト 

Posted on 01:01:32

レストランでランチの用意ができたら、
順次ガイドさんに連絡を取ります。
ランチの準備ができていることを伝え、
到着予定時間を確認しておきます。

グループがバス数台口の時は、
同時に到着しても混みあいます。
同じ予約時間になっていても、
5分づつでも刻んでもらいました。

これならバスを降りて席に着くまで、
サーバーもオーダーを取ってから、
ゆっくりと飲み物を持って来れます。
サーバーが忙しいときには、
ガイドが注文をとって引き継ぎます。

ランチの料理はすでに調理されており、
それを皿にもって運ぶだけです。
さすがそこまではしませんが、
手伝えることはなるべく手伝います。

と言ってもアシストの私の仕事は、
お客さんが席に行くのを案内して、
後はトイレに行かれる人などに、
場所を教えて上げるだけです。

そのレストランで食事をするグループが
全員到着して食事を始めたら、
アシストの仕事は終わりになります。
どうせランチは食べられないので、
黙って見ている時間はありませんでした。

聡美さんと一緒にオフィスに戻って、
ホテルアシストに出かける予定でしたが、
具合の悪いお客さまが出たので、
ホテルまで案内することになりました。
ak173.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アンカレッジ  旅行会社  日本語ガイド 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ