FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

やっとスワードに到着したよ


アンカレッジを午後3時に出たバスが、
キーナイ半島に入ると、ハイウェイ沿いに
山が近づき、森が濃くなっていきます。
昔は金鉱山もあったようですが、
現在は漁業と観光業がとても盛んです。

特に漁業は商業のみならず、
アンカレッジから釣りに来る人も多いです。
数日かけて鮭やハリバットを釣って
一年分の食料として保存します。
アラスカであまり魚屋さんを見ないのは、
自分で釣る人が多いためですね。

スワードに到着したのは6時過ぎたころ、
まだ外は明るいので、問題ありませんが、
リゾートホテルからは遠い道のりです。
車で来たら5時間足らずで来れますが、
バスでは一日がかりの距離でした。

スワードは山が海岸線まで押し寄せ、
美しい景色を楽しむことができます。
1867年ロシアからアラスカを購入した、
スワード国務長官の名前からとられています。

かつては、シアトルとアラスカを結ぶ、
アラスカマリンハイウェイというフェリーが
この街に就航していました。
冬になると海の一部が閉ざされます。
一年凍結しないウィッティアに変わりましたが、
アラスカクルーズで寄港する船もあります。

アラスカでは山の中で暮らしているので、
海がとても新鮮に映りました。
これが海だけなら好きになれないけど、
雪がある山がすぐそばにあるから、
気に入ったのかもしれません。

plm1917.jpg
    スワード by TripAdvisor


ブラックベアーも生息するチュガチ山脈


ターンアゲイン入り江を始めとして、
アンカレッジ周辺やキーナイ半島は、
スポーツフィッシングで大変有名です。
アンカレッジに注ぐスシトナ川を含め、
世界中から鮭釣りに訪れます。

私はそれまで鮭が川を上るのを、
一度も見たことがありませんでした。
でもその年スワードに行くと
シーズンとしては遅かったけど、
川で泳いでいる鮭を見かけました。

実際に海に釣りに行った人たちが、
魚を処理する場所を見たり、
大きな網を車に積んでいたりと、
デナリでは見られない光景を見ました。

でも私はここをバスで通っているとき、
デナリでは遠くにしか見えなかった、
ドールシープ(ヤマヒツジ)を近くで見ました。
道路沿いの岩の上にいましたが、
車窓から肉眼ではっきりと顔が見えました。

バンフにいたころはガイド中に、
岩の上にいるマウンテンゴート(ヤマヤギ)や
道路まで出てくるビッグホーンシープ
(北米に多く住むヤマヒツジ)を見ましたが、
こんなアンカレッジから遠くもないのに、
ドールシープが見えるなんて、、、

チュガチ山脈は国立森林保護区や
アラスカ州立公園に指定されていますが、
ドールシープがかなり住んでいるそうです。

またブラックベアーの生息地としても有名です。
毎年何軒かクマと人間の遭遇があって、
ケガをしたり、亡くなった方もいます。

plm1918.jpg
  アラスカの風景 by Tripadvisor



フーリガンを追ってやってくる「シロイルカ」

ターンアゲイン入江に回遊してくる
フーリガンを追ってくる哺乳類がいます。
日本ではシロイルカと呼ばれる
「ベルーガ」というイルカの仲間です。

ただこの入江の海水が濁っているので
(氷河から流れ来る大量のシルトのため)
注意してみないとベルーガが見えません。
ハイウェイ沿いには駐車場があり、
この季節にはベルーガを観測できます。

アラスカでガイドをするようになり、
ここを通る機会も増えたおかげで、
ベルーガを見ることができました。
でもよく見ないと分かりにくいです。

濁った海水から白いものが見えたら、
ベルーガと思って間違いないですね。
せいぜい背の部分しか見えないです。
それでも慣れてくると車窓からでも
簡単に見つけられるようになります。

海のカナリアとも呼ばれて、
仲間とコミュニケーションをとるために、
お互いに泣き声を出すそうです。
空中でも聞こえると言われていますが、
この辺りは風が強いためか、
私は聞いたことはありません。

冬になると氷に閉ざされてしまうので、
もっと南下して子育てをしていますが、
母イルカは夏場同じところに戻ります。

英語名は「Beluga Wales」とつづりますが、
イルカなの?クジラなの?と迷います。
この違いは大きさだけのようです。
3m~5mと出所によってことなり、
ハッキリとした区別はないそうです。

blg1901.jpg
     ベルーガ by wiki



フーリガンという魚を知っていますか?

氷河の岩の粉(シルト)が堆積している
アラスカ周辺の海岸線ですが、
これはミネラル分の宝庫でもあります。
そのため少し海水が上がる時期には、
プランクトンがたくさん増えます。

このプランクトンを求めて、
回遊魚がいくつかやってきます。
その一つがフーリガンです。

サッカースタジアムの乱暴者と
同じスペルですが乱暴な魚なのかな?
ユーラカンとも呼ばれていますが、
キュウリウオ目の魚です。

胡瓜のような青臭い匂いがするので、
キュウリウオと呼ばれています。
えっどんな魚?と思ってしまいますが、
「子持ちししゃも」として食べているのが
このキュウリウオだそうです。

アラスカで取れるフーリガン
シシャモとして輸出されているかどうか、
私にはまったく見当つきませんが、
カナダからは輸入されているので、
同じよう魚の種類かもしれません。

この魚から取れる汁を乾かして、
ろうとして燃やしていたそうです。
そこでキャンドルフィッシュとも呼んでいます。
北米でも10本の指に入る臭い魚ですが、
いろいろと使い道もありそうですね。

実際に食べる機会のなかったフーリガン
この魚を取るには、規制もなければ、
ライセンスもいらないそうです。
たくさんとって「シシャモ」として、
日本へのお土産にしようかな?

flg1901.jpg
フーリガン by wiki




危険がひそむシルト

アンカレッジからスワードへ向かうと、
ターンアゲイン入江が続きます。
干潮差が10m以上になるので、
「海嘯」という現象が見られます。

潮津波とも呼ばれますが
垂直壁になった波が
入り江を上っていく現象です。

普通は河川で発生する現象ですが、
ここは入り江の幅が狭く、
奥行きが70kmにもなるので、
この現象が見られるそうです。
それを利用してサーフィンや、
パラグライダーを楽しむ人もいます。

良くみると海岸には岩や砂でなく、
泥のようなものが溜まっていました。
これは氷河が削った岩の粉「シルト」が
解けた水と一緒に流れ海に注ぎ、
長い年月に堆積したものです。

ここ百年ぐらいでも山の上の氷河は、
どんどん溶けてしまいましたが、
それでも周辺にはたくさんの氷河が見えます。
氷河観光やハイキングする人もいます。

潮が引いているときの景色は美しく、
その写真を撮りに来る人もいますが、
決してこのシルトに乗ってはいけません。
場所によっては「流砂現象」で
二度と抜けられない時もあります。

年間数件の救出事故が発生しています。
でも引き上げるのも難しいそうです。
ヘリコプターで釣り上げるそうですが、
それでも亡くなった方もいます。

plm1922.jpg
 ターンアゲイン入江 by Tripadvisor




キャプテンクックが「引き返せ」と言った入り江

アンカレッジ出発が15時ですが、
まだ真昼のような明るさです。
そのころは暗い夜がない白夜、
夜でも明かりなしで歩けました。

アンカレッジの市内をでると、
ターンアゲイン入江沿いに通ります。
アンカレッジから東に延びる
チュガチ山脈とキーナイ半島の間にあります。

その昔キャプテンクックが来たとき、
彼らの一行は船でいける入り江や川を
一つ残さず探検して記録に残しています。
当時は地図もなかったので、探検して、
記録を残して、地図を作っていったようです。

この努力が北米を英国の領土、
そして英語圏へと導いたわけですが、
ロシア人がそのままアラスカを持っていれば、
ここだけはロシア語圏になっていたかも?
それともフランス人が少し早く進出したら、
カナダとともにフランス語圏になっていたかも?
歴史は大きく変わったことになります。

ここに入ったキャプテンクック一行は、
細長い入り江を通り抜けれると思いましたが、
40km以上も中に入って初めて、
行き止まりと知り「引き返せ!!」
Turnagain=ターンアゲイン入江と名付けました。

せっかくここまで来たのに悔しかったでしょうね?
でも引き返すのも大変だったようです。
というのもここは世界でも1,2番と言われる、
海の干潮差が激しいところです。
その干潮差は10m以上あると言われています。

plm1921.jpg
   ターンアゲイン入江 by wiki




アラスカの夏の足「パークコネクション」

パークコネクションは夏の間だけ、
アンカレッジとデナリを中心に、
運行されているバスです。
途中観光の説明はありませんが、
ドライバーによってはチップが欲しいので、
いろいろと案内するひともいました。

クルーズ船や飛行機で来た観光客が、
レンタカーしなくても動けるように、
クルーズ船が到着するウィッティアや
観光地としても人気があるスワードと、
アンカレッジ、タルキートナ、
そしてデナリ国立公園を結んでいます。

これならツアーで来なくても、
バスで移動することができますね。
アラスカクルーズに乗船する人は、
みんなツアーでくるとは限りません。

アラスカクルーズだけを利用して、
そのまま飛行機に乗る人も利用していました。
もちろんアラスカ鉄道という手もありますが、
クルーズ船からそのまま列車にのって、
デナリに一日で行くことは不可能でした。

でもこのバスならその日のうちに、
アンカレッジに泊まることなく、
タルキートナやデナリに移動できました。
ホテルのゲストのみならず、
それぞれのリゾートホテルで働く人たちも、
移動や観光に利用していました。

というのもホテルで働いていると、
半額になる割引がありました。
また系列の会社で働いていると、
無料とかもっと割引もあったようです。

plm1915.jpg
  アラスカの風景 by Tripadvisor




近くて遠いようなスワード

アラスカに住んだことがあるシェリーと
同じ日に休みをとり、スワードまで行きました。
行くだけで一日かかってしまうので、
二日しか休みのとれない私たちは、
三日目を遅番にしてもらいました。

ディスパッチのジョイに聞くと、
朝アンカレッジ行きのバスがあるので、
そこまではホテルのバスを利用しました。
その分安く上げることができます。

このバスは私のいるホテルには寄らないので、
タルキートナかアンカレッジでしか、
利用することができませんでした。
それならアンカレッジまで行く方が便利です。

アンカレッジに到着すると、
バスドライバーにチップを渡します。
仲間だからこそ、チップは必要ですね。
バス代が浮いた分をチップで渡します。

アンカレッジに前日に泊まって
7時出発のバスを利用すれば、
スワードには9時半に到着します。
一日十分に行動することができますが、
ふたりとも仕事が終わってから、
その日のバスに乗ることは不可能でした。

アンカレッジに前泊か後泊か相談して、
スワードの後に泊まることにしました。
それならホテルに戻って遅番で働けるし、
二日間の休みで何とか旅行できます。

アンカレッジの出発は15:00です。
それまで二人で食事をすませて、
買い物もないけど、ブラブラしました。

plm1913.jpg
   アラスカの風景 by Tripadvisor

アラスカを知っているシェリーと小旅行

アラスカは日本の国土の約4倍、
アラスカに行ったといっても、
一度に全部見るのは不可能です。
それまでデナリを中心に、
アンカレッジやフェアーバンクは、
何とか足を運ぶこともできましたが、
それ以外の土地には全く行っていませんでした。

その年どうしても行きたかったのが、
アラスカ鉄道の始発となっているスワード
現在アラスカ鉄道はアンカレッジが基盤、
フェアーバンクスまでは夏は毎日運行していますが、
スワード行きとはその日に連絡していません。

私がいたリゾートホテルからスワードに行くには、
レンタカーかバスに乗っていくのが一番でした。
幸い夏の間はスワードまで一日で行くことができます。
ここからクルーズ船に乗る人もいるので、
デナリとスワードを結ぶバスが運行していました。

今回一緒に行ってくれるのはシェリー、
もともとオレゴンに住んでいたシェリーは、
まだ若いころレンジャーをしていた旦那さんと、
アラスカに10年住んだことがありました。

去年アラスカに戻ってきたときは独身、
パブリックアテンダントと呼ばれる
館内の掃除を担当していました。
でもとっても人当たりが良いのと話好き、
アラスカのことを良く知っているので、
ゲストにいろいろなことを教えていました。

今年はゲストパブリックサービスに昇格、
メインロビーにある暖炉に火をつけたり、
外のキャンプファイヤーの担当していました。
そしてそこにいるゲストと話をしながら、
火を絶やさないようにするのが仕事でした。

plm1916.jpg
  アラスカの風景 by Tripadvisor

アラスカの「郡」の表記

アメリカの住所は日本と違って、
通り名で表しています。
番地、通り名、市町、そして
アラスカ州という順序になります。
日本でいう郡や区に当たるものは、
住所としては表示されません。

しかし行政的なものとしては、
大都会でも「郡」に当たるものがあります。
例えばあのロサンゼルス市は、
ロサンゼルス郡の郡庁所在地です。

アメリカの殆どの州では郡を表すのに
「County」という単語を使用しますが、
アラスカでは「Borough」を使います。
英国では「バロ」と発音しますが、
ここでは「ボーロ―」の方が近いです。

アラスカ州で日本の4倍あっても、
人口はわずか75万人足らず、
主な都市以外は人口が点在しています。
そのためこの州を管理する区域としての
郡部「Borough」があります。

列車に乗っているとその区域が分かります。
Mat-Suを抜けたらDnaliに入ります。
そこには、北米で一番高い山があります。

このMat-Su郡と西側で一部隣り合っているのが、
Yuko-koyukuk国勢統計区です。
アラスカで人が殆ど住んでいない区域では、
国勢調査統計のために区分された地域があります。
郡としての行政機関はありません。
しかしアメリカで最大の区域になり、
小さい州よりも大きいそうです。

plm1914.jpg
    パーマーから見えるデナリ

「マタヌスカ・スシトナ郡」ってご存知ですか?

サラ・ペイリンで知られたワシラは、
マタヌスカ・スシトナ郡にあります。
アンカレッジの北側にあり、
アラスカ山脈とタルキートナ山脈の間にある、
マタヌスカ川とスシトナ川流域です。

ふたつの頭文字をとってMat-Suとか、
山脈の間にあるのでValley(谷)と
地元の人たちは呼んでいます。

谷と呼ばれてもパーマーやワシラは、
ニック入江近くにあり広大な土地です。
そのため入植後農業が盛んにおこなわれ、
現在はアラスカで一番人口が増えています。

タルキートナ以外は観光地として、
日本人が立ち寄ることは少ないですが、
マタヌスカ氷河を始めとして、
湖や山脈など大自然が広がっています。
アンカレッジ市民が手軽に、
アウトドアスポーツを楽しむ場所です。

私は車を持っていなかったので、
幹線道路沿いの観光地しか訪ねていません。
しかしこの幹線道路が少し外れて、
別の道路を走るだけで、
全く違った景色を楽しめます。
ここ数年ガイドとして戻りました。
リゾートホテルにいたころと、
少しだけ違った景色を見たつもりですが、
やはり幹線道路から外れられません。

先住民、ロシアのハンター、
ゴールドラッシュ、開拓団と
たくさんの歴史がつまったMat-Su
ゆっくりとステイしてみませんか?

mtg.jpg
  マタヌスカ・スシトナにある氷河


サラペイリンで有名になった街「ワシラ」

ビバリーとベンと一緒に、
パーマーまで遊びに来た私は、
帰りは二人が買い物をするので、
地元のスーパーに行きました。

ワシラはMat-Su郡にある、
人口1万人ぐらいの街です。
郡都はパーマーにありますが、
アンカレッジからフェアーバンクスに
通じる、幹線道路沿いにある所から、
ビジネスはこちらに集まっています。

デナリからアンカレッジ寄りに住む人たちは、
ここに食料品などを買いに来ます。
ふたりもタルキートナの小さなスーパーで、
買い物をすることもありますが、
月に一度は必ずきているそうです。

ふたりも夏は社員食堂で食事していますが、
冷蔵庫があるので、フルーツやお酒など、
ここまでまとめて買いに来るそうです。

ワシラが世界的に知られるようになったのは、
当時アラスカの州知事サラ・ペイリンが
2008年のアメリカ大統領選挙で
共和党の副大統領に指名されてからです。
彼女はこの街の市長も歴任していました。

一世を風靡したサラ・ペイリンも
最近はテレビで殆ど見かけなくなりました。
現在はアラスカ州以外で活動していますが、
ワセラを通る場合は、ドライバーやガイドは、
彼女の家がどこ辺にあるのか説明しています。

お客さんは今でも「へぇっ」と驚くのですから、
彼女の名前はまだ価値があるということですね。
アラスカが生んだ時の人かもしれません。

plm1920.jpg
   ワシラにある湖 by Tripadvisor

ジャコウウシの産毛「キヴィアック」

その牧場では生産するというより、
ジャコウウシを絶滅から守り、
キヴィアックをプロモートするために、
NPOとして設立されました。

5月中旬から9月まで毎日営業、
30分おきに牧場内を案内する
ツアーが出発しています。

1頭のジャコウウシからとれる産毛は
平均2kgぐらいしかないそうです。
すべてのウシから産毛を採取したら、
半分は先住民のもとに送られます。

その人たちに製品の編み方を教え、
この牧場やアラスカ内のお店で販売、
その売り上げが先住民たちの暮らしの
助けになるようにしています。

アンカレッジ市内には、
そんな先住民の人たちが直営する
キヴィアックのお店がありました。

それぞれの先住民族によって、
編み方のパターンが違うそうです。
産毛の生産量が少ないので、
お値段はかなり高価でした。
でもその軽さから一度手にしたら、
二度と手放せないと言われています。

先住民の言葉で「ナチャック」と呼ばれる、
帽子またはマフラー代わりに使えるものが、
製品の中で一番人気がありました。
値段はだいたい統一されているようで、
キヴィアックの重さで異なりました。
私の給料ではちょっと無理かな?

plm1910.jpg
       ジャコウウシ

ジャコウウシの牧場へ行ってみた


ビバリーがある牧場に連れて行ってくれました。
そこにはちょっと変わった牛がいました。
一見するとバイソンのような動物でしたが、
マスクオックス(ジャコウウシ)でした。

ジャコウウシはもともと北極圏に住み、
ヤナギなどの小さな木や草、
コケなどを主食としています。
以前はたくさん生息したジャコウウシも、
人間によって乱獲され、シベリアでは、
絶滅してしまったそうです。

肩の高さは1.2mから1.5mほど
体重は250~400kgほどあります。
1頭のオスが数頭のメスをハーレムにし、
15~20年ほど生息するそうです。

現在はグリーンランドやカナダ北部を中心に、
ノルウェーやアラスカでも見ることができます。
全滅したシベリアにはカナダから移住した、
ジャコウウシが少しずつ増えているそうです。

この動物が極厳の北極圏で暮らせるのか?
それは外毛の下にある産毛が
氷点下40~60度の気温の中でも、
外からの寒さから守ってくれるからです。
その産毛はキヴィアックと呼ばれていて、
カシミアよりも何倍も軽くて強いそうです。
「世界最古にして最高の獣毛」と言われます。
それはこの動物はマンモスがいた古代から、
唯一生息している草食動物だからです。

イヌイットたちは春先に抜けてくる産毛を集め、
それを紡いでいろいろなものを作りました。
これがアラスカでも高級なお土産として、
お土産屋さんでも販売されていました。

plm1911.jpg
      ジャコウウシの牧場


開拓団が切り開いた街「パーマー」

1930年世界大恐慌の頃、
アメリカのルーズベルト大統領は、
ニューディール政策を打ち出しました。
その一環としてパーマー周辺に、
203家族が開拓団として移民しました。

1867年にロシアから買ったアラスカ
しかし殆ど先住民しかいなかったので、
このアラスカをアメリカの領地にするために、
白人の開拓団が必要だったのです。

アメリカ連邦政府は不況にも関わらず
何億というお金を投じました。
40エーカー(約16ヘクタール)の
土地を無償で払い下げましたが、
厳しい冬の気候の中で耐え切れず、
土地を捨て移った人も多かったのです。

平野部は広大に続いていますが、
耕せる場所は決まっていました。
氷河から流れるだすシルトの土地は、
作物など受けることもできません。
そして地下には永久凍土もあります。

そんな中で開拓してきた人たち
開拓団の歴史はどこも順風ではないけど、
アラスカほど厳しかった所は少ないです。
当時アラスカに移住するのは、
海外に移民するのと同じ遠かったですね。

現在そのころに建築された家は、
連邦政府の国家歴史登録財に指定され、
保存するようにされています。
アメリカとしての歴史は短くても、
開拓団の魂はしっかり根付いています。

plm1905.jpg
  パーマーの景色 by Tripadvisor


パーマーまで遊びに行こう

ビバリーとベンが街まで買い出しに行くので、
そのついでに遊びに行こうと誘われました。
「何処かよい」と聞かれても知らないので、
アンカレッジ郊外のパーマーに行きました。

アラスカステートフェアーが開催され、
アラスカの農業地帯として知られています。
ホテルやアンカレッジで使用されている
野菜や果物が生産されていました。

私たちは先にパーマーに行き、
昼食を取ることにしました。
ローカルのレストランで食事をして、
特にこれという名物でもないけど、
たまに外食するのはうれしいです。

パーマーはその昔先住民たちが、
交易のために移動しながら住んでいました。
18世紀になりロシア人がやってくると、
先住民にロシア正教を広めました。

第一次世界大戦が勃発すると、
より性能の良い石炭を求めて、
アメリカ連邦政府が鉄道の必要性を感じ、
スワードからアンカレッジ経由で
パーマーまで建設されることになりました。

鉄道の開通は農家に市場を広げました。
ここに新しい街を建設して、
ミシガン、ミネソタ、ウィスコンシン州から
開拓団を受け入れました。

彼らの約半分近くは1965年までに
この土地を離れ移動していったそうですが、
現在でも20家族が開拓団の子孫として、
この土地にまだ残っているそうです。

sweat-peas-and-ice[1]
  パーマーの景色 by Tripadvisor



毎年無料でクルーズを楽しむ友人

私は車がなかったので、
あまり旅行はできませんでした。
それでもホテルのバスを利用したり、
ホテルの車を運転したりして、
アンカレッジとデナリは良く行きました。

それにタルキートナの仕事があったり、
オプショナルツアーに参加していたので、
ホテルで籠ることはありませんでした。
兎に角、動いているのが好きでした。

ある時いつも優しくしているビバリーが、
「明日パーマーに行くけど、、、」
以前から休みが一緒になったら、
何処かに出かけようと話していたのです。

ビバリーのご主人ベンはフルタイムで、
ホテルの営繕として働いていました。
設備の修理・管理を受け持っています。
電気から水道、庭師までと、
彼らの部門が何でもやっていました。

彼はフルタイムで採用されているので、
冬はここの管理人として残ります。
もちろん数人の管理人がいるので、
シーズンが終わると交代でホリデーでした。

毎年クルーズをするの楽しみでした。
ビバリーは夏の間だけの採用ですが、
会社の特別な計らいによって、
冬も一緒に過ごしていました。

ふたりで働いているので年に二回、
無料でクルーズをすることができました。
そして旦那さんが10年務めると、
永久に無料でクルーズが楽しめるそうです。

plm1902.jpg
  パーマーの景色 by Tripadvisor

ふたりの笑顔が見たくて、、、

オーストリアからきた老夫婦は、
無事にデナリのホテルに移動ができ、
国立公園内の観光バスも予約でき、
楽しい思い出ができたと信じしています。

ツアーデスクに働いていて、
お客さんが喜んでくれるのが一番。
滞在期間は短くても有効に使って、
最大限に楽しんでもらいたいと思います。

私がシドニーに戻ってから、
このお二人から手紙をもらいました。
ドイツ語を完全に話せるわけでもなく、
慣れない英語で書いてくれました。

その中にはお二人の写真がありました。
デナリをバックに写した写真が、
その笑顔はまるで登頂したかのように、
幸せいっぱいのふたりでした。

アラスカの観光にはとても高いです。
でも遠い地の果てまで来たからこそ、
お金を払って参加してほしいときもあります。

私はたくさんの国を訪問したいと思っています。
だから高いお金を払ってまで参加しない方です。
でもそれはツアーに参加しなくても、
そこに来た意義を感じられるからです。

お金を払う価値観は人によって違います。
高額を払っても価値があると思えば、
ツアーに参加した方が後悔しません。

長い間添乗やガイドをしていたせいか、
無料で参加する癖がついてしまいました。
ツアーに高いお金が払えない
ケチに旅行者になってしまいました。

asf1913.jpg
  デナリ国立公園 by tripadvisor


ラッキーだったとしか言えません

オーストリアからきた老夫婦のために、
夢が叶うように一生懸命動いていました。
しかし一番の難関は、観光バスの予約でした。
予約をしたら、すぐお金を払わなければなりません。
予約が確認できたら、ホールドしてもらえるよう、
マネジャーのトニーに電話をいれてもらいました。

予約センターに電話を入れると、
翌日の観光バスの予約が取れました。
老夫婦の部屋に電話を入れ、
代金をデスクで払うように頼みました。

予約してもいつまでも支払いがないと、
残念ながらキャンセルしなければなりません。
今回は特別にホールドしてもらっているので、
なるべく早く払うようにお願いしました。

ツアーデスクに来てくれたとき、
ホテルとバスの確認ができたので、
新しい日程表を渡しました。
ホテルもバスも追加料金なしというと、
本当に喜んでくれました。

オーストリアから来た老夫婦は、
本当にラッキーだったと言えます。
デナリのホテルに空室があったから、
追加料金なしで移動できました。

何度も観光バスの予約を入れましたが、
希望した日に予約できなかったこともあります。
到着日の午後になりましたが、
無事に観光バスの予約が取れました。

マネジャーのトニーに頼んでおいた、
列車の手配も無事に終わりました。
ひとりいくらかの追加料金がかかりますが、
それも思ったよりもは安かったようです。
二人に感謝されながら別れました。

asf1912.jpg
  デナリ国立公園 by tripadvisor


デナリのホテルに移動できますように、、、

オーストリアから来た老夫婦に、
もし有料の観光バスやシャトルに乗れなくても、
デナリ国立公園の入り口から、
15マイルの所にあるサベージリバーまで、
無料のシャトルバスがあることを
地図を見せながら説明しました。

デナリはホテルのロビーから見えます。
国立公園に行っても見えるとは限りません。
高山植物はまだ見えると思うけど、
野生動物は「自然現象」と話しました。
公園内で1頭も見られない時もあれば、
ホテル周辺でムースを見られるときもあります。

もしデナリのホテルに空室があれば、
絶対移動することをお勧めしました。
そしてもし追加料金が発生しても
払うという約束をもらって、
部屋で待ってもらうことにしました。

オーストリアからきた老夫婦のために、
私がすることがいくつもありました。
まずフロントに行き、デナリのホテルに、
空室があるかどうか確認してもらいました。

空室を確認するとフロントマネジャーに頼んで、
予約を変更してもらえるかどうかの確認です。
予約変更の許可をもらうと、スタッフに頼んで、
ホテルの予約を変更してもらいました。

次にバスの運行を管理するジョイに頼んで、
デナリ行きのバスを探してもらいました。
ちょうど翌日10時に出発するバスがあり、
二人無料で乗せられることが確認できました。

系列のホテルに予約があれば、
その間の移動は無料できました。
もしホテルのバスが利用できない場合には、
有料のバスか列車の手配ができました。

asf1911.jpg
  デナリ国立公園 by tripadvisor


このカテゴリーに該当する記事はありません。