地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ラスベガスのホテルを予約をするとき

ホテルの予約はインターネットで
簡単にできる時代になりました。
エクスペディアなどの旅行予約サイト、
bookingコムのようなホテル予約サイトなど、
たくさんのウェブサイトがあります。

日本の旅行会社のサイトでも
簡単に海外のホテルが予約できます。
いくつかのサイトを検索して
比較すると微妙に値段が異なります。

アメリカのホテルを予約するときはドル建て、
日本円だとその日の換算レートで変化します。
いつも安い順にリストアップしていますが、
実際に予約ボタンを押してみると、
税金やリゾートフィーの他に
インターネット代が加算されるホテルもあります。

以前直接ホテルのサイトから予約したら、
リゾートフィーがいらないと言われたのに、
フロントで払うように言われたことがあります。
予約したサイトに電話をかけて確認したら、
リゾートフィーはいらないと言われたので、
チェックアウトのさいに頑として払いませんでした。

ホテルを予約する際にクレジットカードの
番号を入力しないと予約確認できません。
それでも予約のみで実際には
ホテルに直接払うサイトもあれば、
ブッキングフィーを取るサイトもあります。

予約する際には小さな字まで見落とさないように、
記入されていることを確認してください。
無料でキャンセルできる期限があるので、
それ以降にキャンセルしないように、
予約した料金には何が含まれているか、
必ず確認しておいてくださいね。

lvhtl.jpeg
     ラスベガス by Flicker


ラスベガスの移動は安い市内バスで

飛行機でラスベガスに到着して、
ストリップにある大きなホテルに滞在すれば、
無料のトランスファーがついていますが、
格安バスでラスベガスに到着したら、
ホテルへは自分で移動しなければなりません。

観光地ですからタクシーはたくさんありますが、
街が広がっているので移動も大変ですよ。
ダウンタウンに泊まるならグレイハウンド、
ストリップ周辺ならグレイハウンド以外のバス。
ストリップのホテルに停まるバスもあるので、
その周辺なら移動も楽だと思いますよ。

格安旅行者の移動には市内バスが便利です。
ダウンタウンからサウスストリップターミナルまで
ラスベガス大通りを24時間運行しています。
時間がかかるかもしれませんが、
観光がてらバスに乗ってみてください。

観光客は1日のバスパスが8ドル、
3日なら20ドルで購入できます。
バスの運転手から購入できます。
ストリップを運行しているDUCEは、
2時間有効のチケットでも6ドルするので、
1日券を買ったほうが得ですよね。

私は夜行バスで朝早く到着したら、
このDUCEに乗って時間をつぶしていました。
ロスからわずか5時間で到着するので、
朝食がオープンするまで時間があり、
市内バスで時間を潰すことになりました。

空港まで市内バスで行けるので、
ホテルまでのトランスファーがない方は、
このバスを利用すると良いですね。
ちょっと郊外の街まで足を延ばすと、
ラスベガスが砂漠にあることがわかります。

buses.jpg
   ラスベガス市内バス by wiki

旅行情報
ラスベガスの市内バス
http://www.rtcsnv.com/transit/

ロスからラスベガス間のバス『ツアーバス』

わずか数年ラスベガスから離れただけで、
こんなにたくさんバス会社が運行しているとは?
10年前にラスベガスに暮らしていた頃でも、
片道60ドルぐらいは払っていたバス料金が、
インターネットとバス会社の競争によって、
安い時は10ドル以下でも購入できます。

競争が激しくなるとバスがひどくなるのではなく、
バスは無料のWiFiやPC用の電源がついたり、
新しいバスが導入されるようになりました。
料金は安くても快適な旅はしたいですよね。

メガバスが5ドル以下で予約できた時、
とりあえずバスを予約する人が増えました。
たとえ実際に旅行できなかったとしても、
5ドルだったら夢が買えますよね。

最近はあまり10ドル以下では買えないようですが、
ロスのバッパーよりも安いのですから、
ホテル代わりに夜行バスを利用するのも手ですね。

もしラスベガスから東にある観光地も
一緒に旅行したいと思っている方は
ツアーバスを利用するのも良いですよ。
ラスベガスの宿泊とグランドキャニオンの観光が
2泊3日で140ドルぐらいからあります。

基本的にホテルはツイン利用なので、
一人参加だと2倍ぐらいの値段がかかりますが、
友達や家族と一緒なら安くつくと思います。

グランドキャニオンだけでなく、
グランドサークル、ヨセミテ国立公園、
さらにはイエローストーンに足を延ばすなど、
日程にあわせたツアーがあります。

催行しているのは中国系の旅行会社です。
一応ツアーガイドは英語も話せますが、
最終日にはドライバーとガイドへの
チップを強要されるそうです。
興味のある方はGOTO BUSをご覧ください。

gtb1
   バスの予約サイトGotoBus.com

旅行情報
アメリカのバスの予約 GotoBus.com
http://www.gotobus.com/usa/
安いバスチケットの予約 Wanderu
https://www.wanderu.com/en/home

ロス〜ラスベガス間のバス『ボルトバス』

ここ数年ラスベガスに行っていませんが、
ロサンゼルスからのバス会社を検索していたら、
今まで利用したことのないバス会社が、
いくつもこの間を運行しています。

アメリカ東部で利用したことのあるボルトバス
最近西部に路線を拡大してきました。
現在はまだ2便しか運行されていません。
早めに予約すると1ドルでチケットを
購入することができると書かれていますが、
2ヶ月後のチケットを予約できませんでした。

出発と到着場所は、メガバスとほぼ同じです。
料金的には現在メガバスより高いですが、
予約日によっては安く行けるかもしれません。

今まで一度も名前を聞いたことのないのが、
American Lion Busという会社です。
一日3便(夜行あり)運行しています。
平日なら一週間後でも10ドルから予約できます。

ロスの出発場所はイーストロサンゼルス
ダウンタウンの2箇所があります。
ラスベガスではノースラスベガス
ストリップにあるカジノに停まります。
ストリップに泊まるなら便利だと思います。

American Lion Busと同じような
スケジュールで運行しているのが
バハカルフォルニアにも運行している
Tufesaというバス会社です。
ラスベガスではストリップのカジノに停まります。
カジノが目的ならこう言ったバスが便利ですね。

安いバスが嫌だという方には
1日1往復豪華なLux Busが運行しています。
飲み物とスナックのサービスのあり、
飛行機に乗っているような快適さだそうです。
ディズニーランド周辺に滞在している方は
飛行機で行くよりこのバスの方が便利です。

la-trb-hollywood-bolt-bus-20150113-001.jpeg
     ボルトバス by wiki



旅行情報
アメリカのバスの予約 GotoBus.com
http://www.gotobus.com/usa/
安いバスチケットの予約 Wanderu
https://www.wanderu.com/en/home
ボルトバス
https://www.boltbus.com



ロス〜ラスベガス間のバス『Mega Bus』

最近ロサンゼルスラスベガス間の移動に
良く利用しているのがMega Busです。
グレイハウンドよりバスがきれいで、
旅行金が安いので利用するようになりました。
早めに予約すれば10ドル以下で
チケットを買うことができました。

ロサンゼルスのターミナルは、
ユニオンステーションにあります。
初めは分かりにくいかもしれませんが、
空港からのバスが到着するところです。
市内バスも発着しているので、
路線によっては使いやすいですよ。

ラスベガスはストリップの南にある、
市内バスのターミナルに到着します。
ここから空港、ストリップ、
市内各地へのバスが出発していますが、
周辺にはお店などはありません。

早朝や夜遅くはトイレは利用できますが、
ターミナルが閉鎖されているので、
バスを待っている間結構冷え込みます。
暖かい服装で待つようにしてください。

普通2階建てのバスが運行しています。
インターネットも利用できますが、
グレイハウンドに比べると遅かったですね。
予約は電話かPCで確認するだけ、
わざわざプリントする必要はありません。

安いのでいつも混雑しています、
早めに行って良い席を確保してください。
西海岸では路線が少ないが残念です。
ロサンゼルスからはラスベガス
サンフランシスコの運行しているだけです。

東部では路線も充実していますが、
サンディエゴとかシアトル方面へも
路線が拡大することを願っています。

mgb1
     メガバス by Busbud

旅行情報
アメリカのバスの予約 GotoBus.com
http://www.gotobus.com/usa/
安いバスチケットの予約 Wanderu
https://www.wanderu.com/en/home
メガバス
https://www.megabus.com

カナダ入国に電子渡航認証(eTA)が必要

去年の8月にカナダ政府から発表されたようですが、
カナダ入国に際してETA電子渡航認証が必要になりました。
2016年3月15日以降渡航される方は、
このETAを申請していないと、
カナダ行きの航空券にチェックインできないので、
必ず空港に到着する前に手続きを済ませておいてください。

カナダの電子渡航認証はオンラインで申請します。
パスポートナンバー、Eメールアドレスが必要ですが、
費用が7ドルかかりますので
クレジットカードのナンバーも必要になります。

尚アメリカの航空会社を利用してカナダに入国する場合は、
トランジットでもアメリカのESTAも必要です。
こちらも合わせて申請を忘れないでください。

アメリカら陸路や海路でカナダに入国する場合には、
現在のところこのeTAは必要ありません。
アラスカからクルーズしてバンクーバーに入る時が
この海路に当てはまります。

アメリカのESTAを申請する場合には、
日本語のサイトもありますが、
カナダの場合は公用語の英語かフランス語のみです。

カナダ eTAで検索すると
グーグルに幾つかのサイトが出てきますが、
カナダ政府のサイトから申請してください。
それ以外のサイト(特に日本語)は、
代行申請してくれるサイトが多いです。
7ドル以外に手数料が取られますよ。

私もカナダ旅行に行く人たちのために、
早速申請しようと思ったら、
現在カナダ政府のサイトがパンク状態。
まだ半年もあるのでゆっくりと申請します。

日本語での詳細はこちらから
http://www.cic.gc.ca/english/pdf/eta/japanese.pdf
を参考にしていただきたいと思います。

20140222070222_235801028_10387_9.png
   バンフ国立公園 by Tripadvisor


キンバリー旅行のすすめ

キンバリーを旅行するには車が便利ですが、
自分の車やレンタカーしない人には
ツアーに参加するのが一番良いです。
私のような安いキャンプツアーから
ホテルに泊まる豪華なツアーまで
いろいろなツアーが催行されています。

ツアーはブルームからダーウィン(または逆)
の片道ツアーが一番人気があるようです。
オーストラリアで一番大きなバス会社APTは
豪華なホテルに泊まるツアーを催行していますが、
15日間のツアーで9000ドルほどします。

休日がそれほど取れないという方は、
ダーウィンからエルクエストロまで行き
イーストキンバリーを中心のツアーもあります。
またカカドゥ国立公園とキャサリン渓谷を
一緒に合わせたツアーもあります。

もっと予算に余裕がある方は
海からアプローチするクルーズは如何ですか。
陸からでは見えないキンバリーが楽しめます。
海からだけだとキンバリーの自然が見れませんが、
とっても贅沢なクルーズとバスを
組み合わせた豪華なツアーもありますよ。

日本から往復する飛行機もあるので、
ツアーは一週間以内しか取れないけど、
キンバリーが楽しみたい方には
飛行機で移動するエアーツアーもあります。
ただしツアーが限られているので、
予約は早めにしないと無理ですね。

キンバリーは私が今まで旅した中で
一生に一度は訪れて欲しいところです。
秘境に近いところからも知れませんが、
絶対にいけないところではありませんよ。
カナディアンロッキーとともに
私が世界で一番好きなところです。

4559811215_abe9277ef5_b.jpg
    バングルバングル by Flickr



チベットへの行き方

昆明で泊まったホテルにある旅行会社では、
チベット旅行の手配をしていました。
飛行機やホテルの手配だけでなく、
車で行くツアーを販売していました。

私が中国で一番魅かれたのがチベット
四川、雲南を訪ねる前に
ネパールからのツアーで行きました。
チベットは旅行会社に手配を頼まないと
入れないところが多いです。

一部ではまだ入れない地区もありますが、
私が行った頃に比べると解放されています。
ただデモがあったりすると変更になるので、
常にその時に事情を確認してください。

飛行機で行く以外はゴルムドからのバスのみ。
しかしチベット行きの列車が開通してからは、
それまでに比べてアクセスが簡単になりました。
ラサ行きの鉄道を個人で予約するなら、
成都にあるユースホステルに頼む良いです。
ここでは鉄道のチケットのみならず、
チベット内の宿泊、ガイド、観光
そして航空券の手配もしています。

青蔵鉄道は2006年7月に開通した
青海省西寧とチベット
自治区のラサを結ぶ
全長1956kmの高原鉄道です。
現在は北京や上海のみならず、
他の都市からの便もあります。

昆明からはバスの便もあると聞きましたが、
現在外国人がこのバスを利用できるか?
実際に利用した方も過去にはいますが、
その時の事情によって変更になります。

ただし4日ぐらいかかるようです。
値段は安いですが食費などを入れたら、
それほど安くないかもしれません。

The-Potala,-Lhasa,-Tibet
      チベットのポタラ宮

中国のビザ

現在日本国籍を持っている方は
15日間いないの滞在にはビザが必要ありません。
この間の観光旅行ならビザなしでいけますね。
そのために中国に行かれる方も増えたでしょうが、
国土が広いために見るところも多いです。

中国のビザを申請する場合には、
大使館のホームページから
申請用紙をダウンロードとしてください。
書類に記入して大使館に申請します。
もちろん旅行代理店で代理申請もできます。

また3日以内の滞在であれば、
トランジットビザを空港で修得できます。
同じ空港から出発する航空券が必要です。
去年このトランジットビザで上海に行きましたが、
トランジットする人が多かったせいか
入国するのに1時間以上かかりました。

これではトランジットビザの意味もありません。
ビザを持っていた方が良かったくらいです。
ただしビザを取るとお金がかかりますからね、
少しの時間ぐらい我慢しないといけません。

今のところ中国に行く予定はありませんが、
一番の観光地と言われる桂林など、
見てみたいところはたくさんあります。
行くたびに変貌する中国ですが、
まだ昔の面影が残っているうちに、
中国を旅行できたら嬉しいですね。

中国に暮らしていた叔母が今年亡くなりました。
開拓団として満州に渡り、
夫が亡くなったためにそのまま中国に残り、
昭和の終わり頃にやっと帰国した叔母。

海外にでた私とすれ違いだったために、
あまり話をする機会はありませんでした。
もっと中国や満州の話を聞きたかったですね。
夢を追って海を渡った先輩として、
叔母の話が聞けなかったのが残念です。

DSC00149 のコピー
       峨眉山の雲海

関連情報
中華人民共和国大使館 日本語
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/hzqzyw/

中国の朝食 その1『お粥』

海外旅行をしていると『食事』が問題です。
一応どんな食事でも食べれますが、
偏食の多い私は選ぶのが大変です。
野菜や魚が無くて困ったこともあれば、
言葉が通じなくて違った物が来たこともあります。

中華は小さい時から馴染みがあるし、
漢字で書かれているのでわかりやすいです。
他の国に比べたら食べれる物も多いです。

中国の朝食といえば、『お粥』が多いですね。
同じご飯ですから、これなら問題ありません。
ホテルや街のレストランで食べることもあれば、
ローカナル店で食べることもありました。

日中は暖かい麗江でも標高が高いので、
朝は手が悴むほどに寒かったですね。
そんな中白い息を吐きながら、
朝食が食べれるところを探しに行きました。

屋台のような食堂で『お粥』を見つけました。
寒い朝に熱々のお粥は温まります。
地元の人は漬物ぐらいでお粥を食べます。
私たちはそれに野菜やスープまで注文して、
それでもひとり200円もしませんでした。
朝から昼ごはんにボリュームのある食事。
寒い時にはやはり食べるのが一番です。

地元の人が食べていて漬物は、
日本の赤カブの漬物に似ていました。
ちょっと塩辛くてちょっと酸っぱくて、
お粥の惣菜にはぴったりでした。
そのままお茶受けにもなりそうです。

私はすっかりこの漬物が気に入りました。
もともと美味しい漬物なら、
それだけでご飯が食べれる人ですから。
このお漬物のおかげで麗江
ますます飛騨高山に思えるのかもしれません。

DSC0017 のコピー
      麗江古城内にある橋

旅行情報
中国国家観光局 日本語
http://www.cnta-osaka.jp/city/yunnan?city=280
雲南.jp 日本語
http://www.yunnan.jp
麗江古城 日本語、英語あり
http://www.ljgc.gov.cn

母の葬式 その1『葬式は親戚に会う機会』

葬式はすでに終わっていましたが、
家では母の姉妹や父の兄弟を始め、
親戚や村の人達が集まっていました。

私は普段帰国しても実家の兄や姉達、
その子供達位にしか会いません。
母の実家など数しれた親戚には
会いに行くこともありますが、、。
そのために何十年も会っていない人もいました。

特に一番下の叔父(父の腹違いの弟)は
私が15歳だった祖父の葬式以来初めてでした。
母の葬式には出席していなかったので、
この叔父に会う機会はありませんでした。

結婚式は集まる人数が少ないですが、
甥や姪の結婚式にも出席していなければ、
父の兄弟まで呼ばれることはありません。
そのために叔父達を見る機会もありませんでした。

そこにいるのは小さい時に知っている叔父より、
腹違いと言いながら父に似ている叔父でした。
まさに祖父そっくりの叔父がいました。

小さいときおじちゃん、おばちゃんと呼んでいた
人達はとっくに亡くなっていましたが、
その子供達(父のいとこにあたる人達が)
あの頃のおじちゃん、おばちゃんに似ています。

田舎には親戚がたくさんいたので、
地名をつけてXXおじちゃん、
Xxおばんちゃんと呼んでいました。
いとこの名前位は覚えていますが、
ふたいとこの名前は覚えきれませんでした。
だって私の地域だけで半分位は
何かしらの親戚にあたっていましたからね。

葬式はそんな懐かしい顔に会う機会でした。
あれから14年たっていますが、
2011年の父の葬式に出席しなかったので、
もう二度と会えない人もいることでしょう。

J35.jpg
  田舎で咲いていた花@12月熊本


田舎の花
この花は12月に田舎に行った時に撮った写真です。
私は田舎のあぜ道に咲いている花が好きです。
熊本の大地は12月になれば冷え込みます。
それでもよく見ると花が咲いています。

ただ花の名前は全く分かりません。
調べる方法もないのでお許し下さい。
きっと今年もこの花は咲いていることでしょう。

田舎の思いで その12『父のバイク』

熊本の夏は暑くて、冬は寒いです。
田舎に行くのは良いのですが、
足がないと何処へも出れません。
車の免許を持っていても狭い日本で
運転する気にはなれません。

いつも父のバイクを運転していました。
スクーターではなくクラッチを入れる
昔のタイプの50ccのバイクです。
原付自転車の免許でも乗れますが、
日本の免許は持たずに無免許でした。

一応海外の免許とパスポートがあるので、
法律上は乗れるはずだと思いますが、
田舎では免許を尋ねる人もいませんでした。

叔父や叔母が近くに住んでいます。
家族に送ってもらうこともできますが、
バイクなら好きな時に乗れるので、
それまで大した問題にもなりませんでした。

その日も1km先の叔父を尋ねて行きました。
いとこが市内から来ていると言うので、
何年かぶりで会うことなりました。
わずかな距離なので歩くことも出来ましたが、
何せ暑いので、バイクにしたのです。

我が家の入り口には用水路がありました。
と言っても幅が2m以上はあるので、
ちょっとした橋になっています。
道路から入るときは用心がひつようです。

いつもはブレーキをかけてスローで入りますが、
そのときは何故かクラッチを踏んでしまいました。
それまで一度も使ったことのないクラッチ、
実はバイクのクラッチの使い方を
父から一度も習ったことがなかったのです。

私はスローに入れたつもりですが、
なんと間違ってセコンドに入れてしまいました。
減速するはずだったバイクは加速して
そのまま橋のエッジに当たり、
バイクごと空中に飛び跳ねました。


p30_12_11_i5bhw7fw.jpg
  田舎の風景 九十九のトンネル


田舎の思いで『九十九のトンネル』
吉無田水源より取水した清水井手の下流と、
山都町境を流れる尾多良川、
さらに大矢野原より流れる亀谷川、
この三渓流を矢形川の源流と
合流させるために作られたのが
総長873メートルの『九十九のトンネル』です。

このトンネルを貫流した水は
上田代の杉園堰より取水して
南田代の屋敷部落で『元禄井手』と合流します。
私の実家は上にこの『嘉永井手』が
下に『元禄井手』があったのです。

毎年水田の前に水を堰止めて
井手とトンネルの点検をします。
『九十九のトンネル』以外にも
小さなトンネルがたくさんありました。

その頃はこの井手を歩くのが楽しみでした。
トンネルを歩くと探検家になった気分です。
普段は通れない所を歩けますからね。
今の渓谷歩きよりスリルがあります。

区長だった父はその責任者でもあり、
水神祭りや井手祭りも取り仕切っていました。
何だかいろんな所で口をだす兄の性格は
この父譲りなのは間違いありません。





エジプトからアフリカ東部を南下する

世界一周をする旅行者は
アフリカの旅行のゲートウェイとして
エジプとやモロッコを選びます。
ちょっと変わった所ではイエーメンから
船でジプチに入るコースもあるようですが、
なかなか上級コースかもしれません。

バッパー達は他の旅行者のブログを見たり、
Facebookで情報を交換しながら旅をします。
お陰で以前よりは旅行しやすいと思いますが、
エジプとスーダンエチオピア〜ケニアへと
抜けるコースは難度が高いようです。

カイロからアスワンまでは観光しながら
簡単に行くことができますが、
アスワンからハイダム港駅まで列車で行きます。
駅前がナイルバレーリバーを渡るフェリー乗り場です。

週に一便日曜日(12時)だけ運行しています。
月曜日のお昼頃Wadi Halfaに到着するので、
その日はこの街に泊まります。
ここから首都ハルツームまで列車が
去年から運行再開されたそうです。
ただし30時間ほどかかります。
バスの方が良いと言う人が多いですね。

そこからエチオピアに抜けることはできます。
ただしエチオピア国内の移動は、
アフリカの中でもかなり大変な所のようです。
公共の交通機関が殆どないそうです。

しかしチャドとの国境は紛争で閉鎖されているので、
残念ながらエチオピアに行き、
そこからケニアに抜けるしかないようですね。

最近この辺りを旅行した人はたくさんいます。
常にブログで最新の情報を得ながら、
楽しい旅行を楽しんで頂きたいと思います。
ひとり旅でも途中でひとり旅をしている人に会います。
ちょっと寂しくなったら一緒に旅するのも楽しいです。

Sudan-nile-ferry-aswan.jpg
スーダン行きのフェリー by Seat 61

旅行情報
アスワンからスーダンへ
http://www.seat61.com/Sudan.htm#.UtcB5JF1N38



カカドゥ国立公園の観光情報

カカドゥ国立公園についてお話してきましたが、
ここの観光情報を少し紹介したいと思います。
カカドゥ国立公園は『パークスオーストラリア』によって
ウルル(エアーズロック)の国立公園とともに、
ツーリズムの促進と公園管理が行なわれています。

オーストラリアを代表する国立公園ですが、
世界遺産にも登録されており、
この自然を保護することが重要課題です。
どちらも先住民アボリジニの聖地です。
観光を優先するのではなく、調和が必要ですね。

公園の入場料は16歳以上で$25です。
入場券は14日間有効です。
オンラインまたは各所で購入できます。

ダーウィンからカカドゥ国立公園には
グレイハウンドが運行しています。
しかし公園内での移動が大変なので、
バスツアーに参加した方が良いでしょう。
キャンプ場に滞在するツアーもあれば、
観光バスによるホテル滞在ツアーもあります。

カカドゥ国立公園は一日では観光できません。
最低は二日は欲しい所ですね。
公園内のでハイキングなども楽しみたいなら、
レンタカーが一番良いかもしれません。
自分たちで自由にプランを組むことができます。

4WDオンリーの道路もたくさんあります。
ジムジムフォールズなどを見たければ、
やはり4WDを借りるかツアーに参加して下さい。
日本語のツアーも乾期にはあるようです。

雨期は道路が冠水したり、川ができます。
レンタカーでの移動は慣れていないと難しいです。
この時期は安全のためにツアーに参加した方が、
良いと地元の人もお薦めしています。


ywcw.jpeg
カカドゥ国立公園 by Gagudju Dreaming


旅行情報
カカドゥー国立公園 by Parks Australia
http://www.environment.gov.au/parks/kakadu/index.html
カカドゥ国立公園 公式サイト
http://kakadu.com.au
カカドゥ国立公園内の観光情報
http://www.gagudju-dreaming.com/Home.aspx?element=1&category=1

チベットツアー その20『ポタラ宮の入場券』

翌日はポタラ宮の観光でした。
長い坂を登って入場します。
入場料は含まれておらず、各自で払いました。

ガイドが一応順路に従って案内しましたが、
廊下が狭かったような気がします。
お陰でガイドの説明を聞けませんでした。
と言ってもこれまでのツアーの経過から
彼はまともな説明はしたこともありませんが。

中にはたくさんの僧侶がおり必死に読経をしていました。
部屋がたくさんあったこともあって、
何を見たか思い出すことができません。
旅行中に見た寺とも記憶が重なっています。

何百本も灯されていたろうそくや
バターを溶かして燃料にしていた僧の姿などが、
走馬灯のように思い出として浮かぶだけです。

さて現在はポタラ宮の入場は制限されているようです。
入場券は一日4000人分しか発効されません。
個人で入場券を購入したい方は、
一日目誕生日が書かれた身分証明書を持参のうえ、
入場予約券を発効してもらいます。

一度に4人分まで発効してもらえますが、
全員の身分証明書が必要となります。
この券には翌日の観光時間が記載されています。

翌日は身分証明書と入場予約券を持って
メインゲートに行き、保安検査を受けます。
白宮の入り口の前にあるオフィスで
予約券を提示して入場券を買います。

観光は1時間以内に制限されています。
時間内にポタラ宮から出場しなければなりません。
宮内の観光中は写真撮影も禁止されていますが、
トイレに行くことも出来ないそうです。

Potala 001
     ポタラ宮 by Flickr

旅行情報
チベット観光局
http://www.xzta.gov.cn/yww/
カトマンズ〜ラサツアー
http://www.kathmandulhasatour.com
チベットトラベルエクパート
http://www.tibet-tour.com
ダライラマ法王日本代表部事務所
http://www.tibethouse.jp



グランドサークル 番外編『アンテロープキャニオンとウェーブ』

私のブログはご存知のように、過去の旅を紹介しています。
1978年から始まった私の旅ですが、
グランドサークル周辺を旅行したのは、
1986年 カナダバンフからアメリカロスまで、
1992年 ロスからニューメキシコ、アリゾナの旅
1995年 ロスからグランドサークルの旅(この記事)

と言うわけで私が旅行してからも変化が起きています。
ブログでは最新の情報を取り込んで案内していますが、
まだ行ったことのない所を紹介するのは気が引けます。
でもどうやったら行けるかには興味があり、
インターネットから得れる情報を紹介しています。

私の旅の拠点はモアブが中心でしたが、
最近人気が出ているのはペイジと言う街です。
1986年に旅行した時に通過しましたが、
その頃日本のガイドブックには殆ど掲載されていませんでした。

レイクパウェルと言う人造湖の隣にありますが、
グランドサークルで拠点にする人が増えています。
大きなリゾートホテルも建設されて、
海のないユタ、アリゾナ、コロラド州のひと達には
ウォターリゾートとしても人気があります。

しかし私が興味あるのは『アメリカの大自然』
ここを拠点にすれば日帰りまたは一泊で
これらの州の主な国立公園や州立公園を尋ねることができます。
私が行ったことない所はたくさんありますが、
その中でも『アンテロープ』と『ウェーブ』がトップリストです。

アンテロープキャニオンこちらのサイトをご覧下さい。
ツアーやレンタカーで簡単に行けるようです。
ナホバインディアンのパミットが必要ですが、
こちらも入り口等で簡単に手に入ります。

どちらも行ったことなかったので、ちょっと混乱していましたが、
私が今一番見たい衝動に駆られているのが、
ウェーブ』と言われる波の化石のような地形です。
2003年に写真家によって発見されたそうで、
アメリカ人もその写真に驚いたそうです。

このウェーブは最近日本でも人気が出て来たそうですが、
ツアーで簡単に行ける所ではありません。
それは抽選に当たらないと行けないからです

ではウェ-ブの行き方について少し説明します。
ウェーブはバーミリオンクリス国定公園の中にあります。
コヨーテビュートの一部にあり特別の許可書が必要です。
ここは『国土省』にあたる『土地管理局』の管轄下にあります。
そのために特別の許可が必要だそうです。

許可書は一日一人当たり北が7ドル、南が5ドルになっています。
ウェーブ』はコヨーテビュートノース(北)の許可書が必要です。
インターネットで申し込むことができますが、
当選は一ヶ月に一度行なわれる抽選で許可されます。

三ヶ月前から申し込むことができるそうですが、
この申し込みの仕方がちょっと複雑なので、
サイト(英語)を良く読んでから申し込んで下さい。
抽選で一日10人しか許可されませんが、
4月から10月のピークシーズンは10倍以上の競争率だそうです。
一度当選したらリファンドはできないようです。

もし訪問する日がハッキリとしない人は
当日抽選に応募することも出来ます。
こちらも一日10人までとなっています。
この抽選はユタ州のカナーブにある
グランドステアケース国定公園ビジターセンターで行なわれます。

どちらの抽選に関しても条件がありますので、
サイトを読まれることをお薦めします。
抽選は前日に行なわれますが、
当選するとウェーブまでの詳しい地図が貰えるそうです。
しかし片道3時間程かかるのと、
途中に目印もないので注意が必要だそうです。

私もいつかは行ってみたい『ウェーブ』
抽選に当たることを願っております。
バーミリオンクリフ国定公園のの地図はこちらです。
グーグルマップで『ウェーブ』を検索すると
周辺で撮影された写真が見られます。

アメリカのモーターホーム専門旅行会社
トラベルデボのサイトでは、
ウェーブの行き方について詳しく見られます。

86899777.jpg
   ウェーブ by PanOramio

グランドサークル一日目 『LA〜ラスベガス』

LXLVS.jpg
ロサンジェルスからラスベガスまで
280マイル 約450kmです。

LAの空港でレンタカーした私達は、
そのままラスベガスまで走りました。
片道5時間途中で一回休憩で行けます。
満タンで行ける距離ではありますが、
念のために途中で給油しました。

アメリカのガソリンは単位ガロンです。
約4リットルだと思って下さい。
多分当時はわずか1ドル足らずでした。
日本車なので満タンしても10ドル位ですみました。

ラスベガスは夜についてもホテルの心配はいりません。
祭日の連休でもない限り何時でも空き室があります。
レンタカーなら場所は問題ありません。
多分一番安いサーカスサーカスに泊まりました。

二人ともギャンブルに興味はありません。
ストリップ(ラスベガスで一番賑やかな所)
をドライブしてネオンを楽しみました。
スロットマシーンでちょっと遊んで、
その日はゆっくりと休むことにしました。

彼女はサンフランシスコの友人宅にいたので、
シドニーからの時差ぼけはありません。
私はヨーロッパから来ましたが、
LAに数日滞在していたので、
なんとか時差ぼけも解消していました。

彼女に地図を見せながら説明します。
わずか一週間しかないので、
かなりハードにドライブしなければなりません。
予定ではまた6日後にラスベガスに戻り、
翌日にLAの空港でレンタカーを返すつもりです。

真夏だったのでサマータイムもあり日は長いです。
その分時間が長くつかえるのは助かりました。
彼女も免許所を持っていたので、
途中運転を交替しながら行く予定でした。
都会さえ離れれば、運転も楽になりますからね。

DSCN1024_074 copy
   ラスベガスの夜景


旅行情報
カルフォルニア州観光局
http://www.visitcalifornia.jp
ネバダ州観光局
http://travelnevada.com


グランドサークルの観光地

この『グランドサークル協会』は1984年に成立、
この周辺の魅力を宣伝するために作られたそうです。
場所によってはインディアン保護区もあるので、
このサークル内にある観光団体が協力しないと、
観光客を誘致することは簡単にはできません。

初めて旅行したのが1986年でしたが、
パンフレットには魅力的な大自然が紹介されていました。
それまで知らなかった場所を急遽予定を変更して、
次から次へとドライブしたのを覚えています。

グランドサークル内にある国立公園については
すでにご紹介しましたが、他の魅力的な所も紹介します。
そのためには日本語、英語の資料が必要となります。
まずは『グランドサークル協会』のサイトから
各国立公園をクリックしてみるのも良いでしょう。

次にアメリカの国立公園の公式サイトをご覧下さい。
ここから各州にある国立公園を選択できます。
各国立公園の地図や宿泊施設やアプローチなど
詳しい資料がありますので見所がわかります。

ユタ州、アリゾナ州、ニューメキシコ州は
ワイオミング州とサウスダコタ州を含めて
日本語のホームサイトをもっていますので、
各州の国立公園、州立公園などの見所は
そちらのサイトをご覧下さい。『US West TV』

こちらのサイトをご覧になると
グランドサークルについてもっと詳しくわかります。
さらに日程についてもだいたいの目安になるでしょう。

各州の観光局
コロラド州 日本語
ネバダ州観光局 英語
ユタ州観光局 英語
アリゾナ州観光局 英語
ニューメキシコ州観光局 英語

アメリカの魅力は何と言っても観光道路です。
『Byways.org』と言うサイトがありますが、
こちらでは魅力的なドライブウェイを紹介しています。
グランドサークル内だけでも30近くあるそうです。
ドライブする時のルート作りに役立てて下さい。

国立公園ではないけれども絶対にはずせないのが、
モニュメントバレーです。
ナホバ族によって管理されていますが、
グランドキャニオンとともにハイライトです。
他にナチュラルブリッジなどありますので、
グランドサークルの旅をしながらご紹介します。

433needlesmonumentvalleyhi.jpg
  モニュメントバレー by GCA

グランドサークルについて

グランドサークル』というのは
巨大な人造湖『レイクパウェル』を中心に
半径230kmの円を描いて、
その円の中に含まれるエリアのことだそうです。

何時頃からこの呼称が日本でも使われるようになったのか?
グランドサークル協会』は1984年に成立しましたが、
この周辺の旅行が日本人の間でも話題になったのは、
2000年以降のような気がします。

私が過去3回この一部を旅行していますが、
レンタカーで旅行している日本人も見なければ、
当時日本からのツアーは殆どありませんでした。

イメージ的には(私も含めて)
グランドキャニオンを中心に
一周すると言うのが分かりやすいかもしれません。
ユタ、アリゾナ州が中心になりますが、
ニューメキシコ、コロラド、ネバダ州も含まれます。

11の国立公園、16の国定公園
さらに20以上のシーニックバイウェイがあり、
アメリカの大自然を楽しむには一番お薦めです。
アメリカ国内でも一番国立公園が集中し、
大自然の魅力を含めた所は他にありません。

海外からのゲートウェイとして
ロサンジェルスやサンフランシスコを選べば、
カルフォルニアの大自然も含めて
たくさんのバラエティーを楽しむことができます。

ではこの中に含まれる国立公園を紹介しましょう。
リンクは日本語の場合ウィキベディアを
それ以外は国立公園のリンクです。

*ユタ州
アーチズ国立公園
ブライスキャニオン国立公園
キャニオンランズ国立公園
キャピタルリーフ国立公園
ザイオン国立公園

*アリゾナ州
グランドキャニオン国立公園
化石の森国立公園 未訪問

*ニューメキシコ州
チャコ文化国立歴史公園 未訪問
ペコス国立歴史公園 未訪問

*コロラド州
ブラックキャニオン国立公園 未訪問
メサヴェルデ国立公園 未訪問

ネバダ州
グレートベースン国立公園


と見てみると私も行ったことがない所がたくさんあります。
これに州立公園、国立モニュメントをいれたら、
どれだけ観光する所があるかおわかりになりますか?
一カ所を一日でも見ても一ヶ月では終わりません。


4 Deser View 2 copy
     グランドキャニオン





バルト三国の旅行情報

エストニアラトビアリトアニア
バルト三国とともに、
ポーランド、チェコ、スロバキアも
現在は観光ビザは要りません。

全ての国がシェンゲン協定に加盟していますので、
あわせて6ヶ月90日間の滞在しか認められません。
もし再入国したい場合には
最初の入国から6ヶ月経過してからです。

シェンゲン条約に加盟している国は29カ国です。
詳しくは外務省のサイトをご覧下さい。
またはウィキベディアを参考にされて下さい。

この地域の交通手段としては鉄道があります。
24カ国を網羅しているユーレイルパスには
チェコとスロバキアしか含まれていません。
チェコ、スロバキア、ポーランドに
オーストリアとハンガリーを組み合わせた
ヨーロピアンイーストパスがあります。

ヨーロッパで列車の時刻を調べたければ、
ドイツ国有鉄道のサイトが一番使い安いです。
ヨーロッパ全土をチェックすることができます。
英語でも検索できますので利用しやすいです。

現在ベルリンからバルト三国を抜けて、
フィンランドまで行く鉄道の計画があります。
『Rail Baltica』プロジェクトです。
金融危機などの影響を受けて投資がすすまず、
現在2020年の完成を目指しているようです。

バルト三国で利用しやすいのはバスですね。
バス会社は幾つかあるようですが、
Lux Expressは信頼性も高いようです。
バルト三国と周辺の国々を網羅しています。

このバス会社はバスの手配だけではありません。
ロシア、ウクライナ、ベラルーシのビザの手配や
バルト三国から周辺国へのフェリーの予約もします。
ひとつのサイトですべて手配ができます。

『死ぬまでに一度は行きたい世界の1000ヵ所 』
と言う本が改訂出版されているそうですが、
そこにはソ連の統治下にあり前回記載からもれた
バルト三国も加筆され掲載されているそうです。

『死ぬまでに一度は行きたい世界の1000ヵ所 』 by CNN

800px-Baltic_Queen_Tallinn_2009-04-23.jpg
  エストニアのフェリー by wiki

このカテゴリーに該当する記事はありません。