FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

霧の乙女号の名前が消えて@カナダ側

ナイアガラ滝観光と言えば、
滝の近くまで行く「霧の乙女号」ですね。
アメリカ側とカナダ側から出発しています。

私が初めて乗船したころは「黒いカッパ」
厚手のカッパで船にかけてあるのを
乗船したら来ていたのを覚えています。
いろんな人が着るので臭かったですね。

そのうち衛生面を考えてかどうか、
薄い使い捨てのレインコートにかわりました。
それまではカッパという方が分かりやすい
本当に大きくて厚いものでした。
使い捨てになってから、色も変わり、
青になってから分かりやすくなりました。

2014年カナダ側の会社が変わると、
長年使っていた「霧の乙女」を止めて、
「ホーンブロワー」と名前が変更されました。
霧の乙女を使うには問題があるのでしょうか?
カナダ側は赤色になったようです。
これだとどちら側のお客が良く分かりますね。

まだ観光シーズンだったので、
船乗り場はどちら側も混んでいました。
15分に1本出ているので、
待てば乗れないこともありませんが、
今回は周辺を歩いてみることにしました。

5大湖のエリー湖からオンタリオ湖へ
流れる川にあるのがナイアガラ滝。
アメリカでは最大の滝です。

この滝を初めて見た時、
アフリカのビクトリア滝と
南米のイグアスの滝を見ると
心に誓ったことがあります。
雄大さやワイルドさでは負けますが、
観光の利便や治安などを考えると、
ナイアガラは誰でも簡単に行けます。

trt3.jpg
  霧の乙女号@アメリカ側 by wiki

ナイアガラ観光

さてこのときナイアガラの滝観光に行きました。
夏のナイアガラには何度か行っていますが、
冬に行ったのは初めてのことでした。

ナイアガラ周辺がどれぐらい寒いかというと
それはその年の気温にもよりますが、
春が来るのが4月の終わり頃だと思って行ください。

初めてナイアガラ観光に行ったのが5月中旬でしたが、
その時にまだ川辺には氷が残り
ラッパ水仙のお花がとてもきれいに咲いていました。
日本で言えば2月終わりか3月初めでしょうか。

さて12月に初めてナイアガラに行った時
覚悟はしていましたが、殆ど0度近かったですね。
あのナイアガラのしぶきが地面をぬらして
そこが全部凍っていたのですから。
寒い国のスケー場は地面の上にできます。

昔はあの川が凍結して渡れたとか?
私たちが行った数年前に反対側まで氷が繋がったと聞きました。
もちろんその状態でも渡る事は禁止してあります。

ナイアガラの一番の観光と言うと
霧の乙女号という船で滝にアプローチするものです。
だいだい4月から10頃までの運行となります。
他にもジェットボートやヘリコプターツアー
周辺にはゴルフ場やワイナリーなどもありますが、
真冬は観光できる所が少なくなります。

ナイアガラに近い空港は
アメリカ側がNY州のバッファロー空港
カナダ側がオンタリオ州のトロントです。
日本からは直行便はありませんが、
大きな都市から何本もフライトがあります。

それぞれの街から一日観光で来る事もできますが、
宿泊施設も充実していますので、
夏なら宿泊されることをおすすめします。
ホテルからモーテルまで予算に合わせてあります。
ただし冬は寒いのと日が短いので
なるべく滝の周辺のホテルがお薦めですね。

gnigara.jpg
 冬のナイアガラの滝 by Niagara Tourism HP


観光情報
ナイアガラ観光局 日本語ホームページ
http://www.niagarajapan.com/home/story/basics.html


該当の記事は見つかりませんでした。