FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

運転免許証更新に来てみたけど 

Posted on 01:04:20

友人たちをモーテルに残して
私が向かったのはDMVでした。
免許の更新をするつもりでした。
翌年私の免許証は切れますが、
切れる前に更新しておきたかったです。

モーテルから歩くこと1時間以上
地図ではすぐ近くに思えたのに、
実際に歩いてみるとかかりましたね。
大通りをひたすら歩くだけなので、
少しも面白くなかったです。

時間はたっぷりありましたが、
DMVが開いてるのは午後5時まで?
その前に手続きも必要なので、
何とか4時までには到着しないと。

DMVの前にはたくさんの人が並んでいました。
3月に切れるので更新に来たと言うと、
DMVから更新の連絡が来るまで待てと
受付の人から言われました。

更新者によってオンラインで出来るそうで、
それはDMVが期限前に決めるそうです。
もし今日更新したいなら試験があると??
今更ペーパーテストなんて受けたくないし、
時間もなければ受かる自信もありません。

というわけで更新するのは止めました。
1時間以上も歩いてきたのに、、、
もちろん帰りはバスを利用しました。

結局その後DMVから連絡が来て、
オンラインで更新することができました。
どうやって決めるのかは分かりませんが、
写真は更新前の物を使うようです。
sd646.jpg
       パサデナ by Tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカ  ロサンゼルス  運転免許証 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ラスベガスの生活 その11『ネバダ州政府発行の身分証明書』 

Posted on 01:04:43

ラスベガスで働くために必要な
3つのカードは何とかとりましたが、
私にとって他にも必要なカードがありました。
まずは身分証明書を手に入れることです。

パスポートでも身分証明書にはなりますが、
ラスベガスで働くためには、
ネバダ州発行の身分証明書が必要です。
現住所を証明するために欠かせません。
それには運転免許証が一番です。

私はカルフォルニア州の免許証を持っていますが、
ネバダ州の身分証明が必要な場合は
免許証を書き換える必要があります。
DMVに行って申請しなければなりません。
(Department of Moter Vehicles)

運転免許証を持っていない方は
Residnecy & Proof of Identhity
と呼ばれるIDカードが申請できます。

アメリカではお酒やタバコは21歳以上。
カジノで遊ぶのも21歳以上からです。
そのためにクラブに入場するときも、
IDの提示が求められます。
パスポートはID代わりになりますが、
国際免許証や学生証では認められません。

短期滞在でしたら必要ありませんが、
アメリカに長期滞在する場合には、
日本の運転免許証を現地のものに書き換えたり
州政府発行のIDを持っている便利です。

住所が決まっていないと発行されません。
それには本人宛の送られた
銀行の明細書や公共機関の請求書など
住所を証明するものが必要です。

web1_DMV-CHANGES_001.jpg
  ネバダ州の運転免許証見本 by wiki

観光情報
ラスベガス観光局 日本語
http://www.visitlasvegas.jp
ラスベガストーリズム
http://www.lasvegastourism.com



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ラスベガス  ネバダ州政府身分証明書  運転免許証 
ーラスベガス  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

カルフォルニアの免許証 

Posted on 00:10:56

前年はカナダのBC州の免許証で過ごしました。
車もそのままカナダのナンバープレートだったので、
特に変更しませんでしたが、
これからアメリカに住むともなれば免許証も必要です。
LAで車を買う前に取ることにしました。

カナダからの免許証を書き換えることも出来ましたが、
そうするとビザのことなど面倒くさいので、
新たに収得する方が問題も少ないです。

カルフォルニアは日本人が多かったせいか
当時は日本語で筆記試験が受けられました。
近くのDMVに行き筆記試験を受けます。
問題は20問位で80%以上の正解で合格、
駄目でも三回までは受け直しが可能でした。

小冊子をもらって勉強しなかったので、
多分一回位落ちたと思います。
標識とかは一緒でも制限速度とか
州によっても微妙に違いますからね。
ましてやカナダはkm、アメリカはマイルです。

落ちてからテキストブックを貰って
問題集だけを一生懸命やりました。
大抵はこの練習問題と殆ど同じ問題がでていました。
二回目で合格、すぐに路上試験を受けます。

試験に行くのに自分で運転して行くのですから
日本では到底考えられないかもしれません。
合格するまでは他の国の免許証で運転していました。

お陰で実技は一回で受かりました。
免許証は当時は郵送でした。
正式な免許証が届くまでは
紙で書かれた仮の免許証で運転できます。

アメリカではこれが一番の身分証明書(ID) になります。
お酒やタバコを買う時もIDの提示が必要です。
アメリカに居住する場合に絶対お薦めします。

免許証を取らない人はDMVでIDだけ作ってくれます。
もちろん料金が掛かりますが、
銀行の口座を開く時など必須です。
パスポートは落とす可能性もありますが、
現地政府機関の発行のIDが一番強いです。

あれから何年も経っていますが、
LAに行くたびに更新しているので、
アメリカの免許証は健在です。
お陰で何処の州で働いていても、
カルフォルニア在住と見なされています。

hdmv.jpg
       Hollywood DMV



関連情報
カルフォルニアで免許を取りたい時は
http://dmv.ca.gov/portal/home/dmv.htm

これは私が免許を取った時点の情報です。
基本的には同じですが、試験の料金など
ルールが常に変更になりますので必ず確認して下さい。





World Traveler Alaska



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ロサンジェルス  運転免許証  DVM 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ