地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

デナリ国立公園の観光バスツアー

デナリ国立公園を観光するには、
ツアーバスに乗るかシャトルバスに乗ります。
アラスカクルーズやランドパッケージで来れば、
観光が含まれているときもあります。

英語によるガイド付きの観光バスは予約が必要です。
観光バスは3種類あります。
最も人気があるのがマイル62にある
ストニーヒルオーバールックまで行く
「ツンドラウィルドネスツアー」です。
所要時間は7~8時間 
大人ひとり130.25ドル

前回お話したマイル92まで行くのが
「カンティシュナエクスペリエンス」
デナリ国立公園をすべて見ることができます。
所要時間11~12時間
1日2本しか出発しないので注意してください。
大人ひとり194ドル

英語が理解できない人にはお薦めしないのが、
「デナリナチュラルヒストリーツアー」です。
マイル30までしか行かないだけでなく、
観光よりも歴史などを主にしています。
所要時間5時間 大人ひとり80.75ドル

上記二つのツアーにはスナックボックスと
ドリンク1本が含まれていますが、
それでは絶対に足りないので、
フルーツやサンドウィッチなど持参してください。

予約はReserve Denali のサイトからできます。
もし分からないことがあれば、
1-800-622-7275(英語のみ)
無料通話で問い合わせすることができます。

dnpmay2.jpg
   デナリ国立公園の観光ツアー


今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編、アメリカ編が終わって
最後のメキシコ編にはいりました。



『World Traveler in Alaska』









デナリ国立公園の憩いの場「アイルソンビジターセンター」

 デナリ国立公園の観光ツアーで 
一番人気のあるTundora Wildnes Tourは、 
ストニーヒルで折り返しとなりますが、 
実はこの先からも見ものが多いのです。 
 
シャトルバスに乗ったときに、 
公園の入り口から66マイルの所にある 
アイルソンビジターセンターまで行きました。 
私はどの観光バスに乗るよりも、 
せっかくデナリ国立公園に来たなら、 
ここまで来ることをお薦めします。 
 
2008年に完成したばかりの 
新しいビジターセンターは 
デナリに関するディスプレイだけでなく、 
ハイカーや観光客にとっても、 
デナリ国立公園内の憩いの場になっています。 
 
電気も水道も通っていないデナリ国立公園で、 
自家発電により電気だけで館内は明るく、 
水洗トイレがあるかと思ったら、 
ここのでは飲料水も補給することができます。 
と言ってもレストランもキオスクもありませんが、 
持ってきたランチを食べるスペースもあり、 
どのシャトルバスやこれから先に行く観光バスも、 
必ず往復ここに停まってくれます。 
乗ってきたシャトルバスにのって帰っても良し、 
ここでハイキングしたり、写真を撮った後に、 
別のシャトルバスで帰るのも良いです。 
 
デナリ国立公園の規則として、 
ハイカーは好きなところでバスに乗れます。 
ハイカーが手を挙げ、バスに空席があれば 
ドライバーは必ず車を停めなければなりません。 
 
デナリ国立公園の公園事務所では 
入場した観光客の人数を把握しています。
キャンプしない人が公園内に取り残されないよう
バスを配送して必ず迎えに来てくれます。

tolat2.jpg
       デナリ国立公園

今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編が終わって、次はアメリカ編です。

『World Traveler in Alaska』


ストニーヒルオーバールック

トクラックリバーレストエリアを過ぎると、 
観光バスの終点まですぐ近いです。 
あと10マイルほど観光バスは進んで、 
公園の入り口から62マイルの所にある、 
ストニーヒルオーバールックで折り返します。 
 
ここにある駐車場は他の車は対入り禁止、 
この観光バスのみ入ることができます。 
デナリ国立公園のポスターにも使われる、 
デナリが一番良く見える所かもしれません。 
 
私のもう一つのアラスカブログの写真も、 
ここから撮ったものを加工したものです。 
天気が良くても全景が見えることは少なく、 
特に山頂付近は雲に覆われています。 
 
同じ会社が運行しているシャトルバスでさえ、 
ここに入ることは禁止されています。 
そのために車内から写真を撮るだけ、 
ちょっとやさいしいドライバーなら、 
この近くで車を止めてくれました。 
 
公園内の道路は先まで続いていますが、 
ここから先に行く人は少ないですね。 
公園道路の2/3まで来たことになりますが、 
これで往復8〜10時間のツアーになります。 
 
観光の所要時間はドライバーの気分次第。 
野生の動物がいれば止まる機会も多いので、 
それだけ時間が必要になってきます。 
 
トイレストップの時間は決められていても、 
皆んなが戻ってこないと出発できないので、 
その分時間がかかるというわけです。 
観光客は年配者が多いだけでなく、 
体の不自由な方もいっぱいいますからね。 
日本人のように時間厳守の人は少ないです。

syol1.jpg
   ストーニーヒルオーバールック

今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編が終わって、次はアメリカ編です。

『World Traveler in Alaska』


トクラックリバーレストエリア

次にドライバーが停まったのは、 
トクラックリバーレストストップです。 
ここは展望台にはなっていませんが、 
トクラックリバーのすぐ横に停まります。 
 
トイレの数も多いのでゆっくりできますが、 
時間があれば河原まで降りてみたり、 
ビジターセンターに行くのも良いですね。 
 
このビジターセンターにはギフトショップあり、 
デナリに関する本やギフトを買えます。 
なかなかお土産を買う時間がない観光客は、 
こんなところでもいっぱい買い物していました。 
 
ここにはレンジャーもいるので、 
デナリ国立公園に関する疑問があれば、 
いろいろと質問することができます。 
 
観光ツアーではここでドライバーが 
ホットチョコレートをサービスしてくれました。 
寒い日にはこのホットチョコレートで 
全身が温まってとっても嬉しいのですが、 
年に数日だけ『要らない』と思いたくなるほど 
暑くなる日もデナリでありました。 
 
それでもすぐに冷えますから、 
寒いには一気に飲まないと冷たくなります。 
暑い日には少し置いておけば飲み頃ですね。 

ここのギフトショップで働いている人は、 
プリンセスクルーズのスタッフが 
アルバイトで働いている人が多かったです。 
毎日最初のバスで通勤して、 
最後のバスで戻って行ました。 

レンジャーは近くのテント内にある、 
部屋で寝泊まりしているようですが、 
キャンプ生活とほとんど変わりありません。 
テレビも電話も通じない世界でした


今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編が終わって、次はアメリカ編です。

『World Traveler in Alaska』




toklat1.jpg
   トクラックリバーレストエリア


ポーリークロームのトレイル

ポリークロームパスの崖の反対側には、 
ちょっとしたトレイルがありました。 
時間が短いので全部は歩けませんが、 
高山植物を見る絶好のチャンスです。 
 
バスの中からはたくさん植物が見えても、 
近くで見ることはできません。 
トイレストップした場所で生えていれば、 
近くで見ることもできるでしょうが、 
ここが一番短で見れる場所です。 
 
トイレるには『草を踏まないで』とサインがあるのに、 
写真を撮る観光客は植物や風景に夢中で、 
草を踏んでいることさえ気づかない人もいました。 
私たちの方がお邪魔しているだけなのに、 
踏み潰ぶしても全く気づかない人間、 
私が植物なら地面から怒鳴ってしまいそうです。 
 
夏が短いのに一生懸命に育っている植物、 
たとえ地面にしがみ付いているように見えても、 
ちゃんと生きる権利を持った自然界の生き物です。 
 
短い命だからこそ大事にしてやってほしいい。 
小さい植物だからこそ大切にしてやってほしい。 
人間が踏みつけた地面に植物が再生するには、 
何十年という年月がかかるそうです。 
 
高山植物は厳しい冬を耐えて、 
春に一生懸命芽を出してきます。 
動物たちに食べれられることもあるけど、 
小さな花を咲かせて楽しませてくれます。 
 
踏みつけないで!植物も生きているのよ。 
私たちの方がお邪魔しているだけなのよ。 
一生懸命に咲いている花たちに感謝をして、 
決められたトレイル内だけを歩いて欲しい。 
植物を傷めないようにしてほしい、 
だって私たちのために咲いているから、、、。

pcpass2.jpg
     ポーリークロームパス


今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編が終わって、次はアメリカ編です。

『World Traveler in Alaska』


該当の記事は見つかりませんでした。