地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

デナリ国立公園の観光には何日必要か?

デナリ国立公園には最低でも二泊必要です。
一泊しかない人はうまく日程を組まないと、
デナリ国立公園に行くことができません。

デナリの大きなホテルからは、
ウィルドネスアクセスセンターや
デナリビジターセンター行きのシャトルバスが
無料で運行されているはずです。

ホテルにチェックインした際に、
フロントかツアーデスクで確認してください。
ホテルから出発する観光バスもありますが、
もしウィルドネスアクセスセンターから出発なら、
必ず30分前には到着してください。

ウィルドネスアクセスセンターから出発の
観光バスを予約してしまった方で、
デナリの大きなホテルを予約した方は、
出発の場所を変更することも可能です。
ただしそのバスに空席があればなので、
ホテルを予約してからツアーを予約してください。

アラスカの夏は雨が多いために、
天候不順などの理由によるキャンセルはできません。
基本キャンセルはできないものと思ってください。
万が一予定変更したい場合には
直接Reserve Denaliにお問い合わせください。

せっかくデナリに来るなら最低2泊、
良かったら3泊はしてほしいと思います。
3日とも雨が降ることもありますが、
一日ぐらいはお天気も良くなることでしょう。

アンカレッジから400km離れたデナリまで
どうやって行くかは次の項目でお話しますが、
アンカレッジからの移動にも時間がかかります。

dmpmay3.jpg
      デナリ国立公園


今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編、アメリカ編が終わって
最後のメキシコ編にはいりました。



『World Traveler in Alaska』










デナリ国立公園の観光ツアーの予約が取れなかったら

せっかくデナリまで来たのに、
観光ツアーが満席ということあります。
でも公園に行くのを諦める必要はありません。
ナレーションはないけど公園まで行ける
シャトルバスがいくつも運行されています。

2017年の料金は下記のようになっています。
アイルソンビジターセンターまでなら、
当日でも手に入るかもしれませんが、
ワンダーレイクやカンティシュナは
シャトルバスの運行数も少ないし人気があるので、
Reserve Denaliのサイトで予約してください。

この料金にはデナリ国立公園の入場料10ドルが
含まれていないので注意してください。
スケジュール表はこちらのサイトから
見ていただくことができます。

ウィルドネスアクセスセンターから出ていますが、
シーズン中は込み合うので早めに行ってください。
一応座席の1/3は当日券として確保してあるそうです。
そのために早めに行きさえすれば、
カンティシュナやワンダーレイクも
当日に申し込むことは可能なようです。

一度公園内に入ると売店はありませんので、
ウィルドネスアクセスセンターを出る前に、
飲み物と食べ物を確保しておいてください。

アイルソンビジターセンターでは
飲料水を補給することができます。
ワンダーレイクやカンティシュナに行く人は、
是非忘れずに水を補充しておいてください。
そしてとってもきれいな水洗トイレで
ゆっくりと用を足すのも良いですよ。

ddupo1.jpg
       デナリの鉄道駅

今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編、アメリカ編が終わって
最後のメキシコ編にはいりました。



『World Traveler in Alaska』










該当の記事は見つかりませんでした。