FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

意外と有名な「トラッパーさん」 

Posted on 01:00:38

トラッパーは「罠猟師」という意味です。
罠を掛け、毛皮用の動物を狩猟する人です。
食用の動物も罠にかけて猟しますが、
アラスカはロシアの領土だったころから、
毛皮用の動物を狩猟していました。

トラッパーがどんな罠を使って猟をしたのか、
アラスカで何かのツアーに参加すると、
説明を聞く機会が何回もあるはずです。

私がアラスカで日本語ガイドをしたとき、
犬ぞりレースに出場したミチさんだけでなく、
もうひとりアラスカの有名人に会いました。
ガイド仲間から「猟師」と呼ばれている人です。

トラッパーさんの詳細は聞いたことがなく、
本人と話したのも短い時間だけでした。
彼はネナナに住み、ガイドが必要なときだけ、
フェアーバンクス方面に出没します。

私がツアーの間に訪れるだけなので、
何処かで顔を合わせた時だけ話しました。
多分1年に一回ぐらいしかお会いしていません。

テレビ番組で紹介されたトラッパーさん、
彼のことを紹介したウィキペディアもなく、
直接(遍歴は?)なんて聞くこともできず、
私にとっては謎の中にいる方です。

でも年齢はすでに80歳近い頼しいですが、
罠猟師として原野を歩いていたせいか、
足腰はまだ強そうでしたよ。

「トラッパーさんがガイドするツアー」と
トラッパーさんご指定のツアーもありました。
彼にガイドしてもらったら、他では聞けない、
アラスカのことを知ることができるでしょう。
tpc1901.jpg
    罠漁師が使用していた家




テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  罠猟師  日本人ガイド 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ