FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

メキシコのハロウィン「死者の日」 

Posted on 01:02:24

死者の日のための飾りつけを最初に見たのは、
メキシコシティーの次に行ったプエブラでした。
まだ死者の日までは二週間近くありましたが、
すでにアルタールという祭壇がありました。

死者の日は日本のお盆にあたるのでしょうか?
祭壇はマリゴールドの花で飾られ、
亡くなった人の写真が飾られていました。
11月1日は子供たち、2日は大人たちの
魂が戻ってくると言われています。

あくまでも賑やかに祝うのがメキシコ風、
故人が好きだったお酒やお菓子などが、
花と一緒に飾られていました。

そして忘れてならないのが「骸骨」です。
街角には飾り付けられた骸骨あり、
顔に骸骨を描いた店員さんもいました。

黒いドレスに骸骨の化粧をしたのは
「貴婦人カトリーヌ」に扮した女性たち
ある街ではコンテストが開催されており
小さい子供から20代の女子まで
たくさんの骸骨ちゃんに会えました。

こうなると怖いと言うイメージはありません。
この日が来るのが楽しみになりますよね。
皆さん一年も前からこの日のために、
準備を重ねてお祝いするそうです。

もともと首都メキシコシティーで
死者の日パレードはありませんでしたが、
「ミッションインポッシブル」の映画で
架空のシーンが登場しました。
それを見た市民たちの運動によって、
再現して行われるようになったそうです。
私も骸骨の化粧をして参加してみたいです。
mx477.jpg
    死者の日のパレード by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - メキシコ旅行  死者の日  貴婦人カトリーナ 
中南米  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

チワワで迎えたハロウィン 

Posted on 01:01:28

泊まっていたB&Bは住宅街の中でしたが、
15分ほど歩くと大きなショッピングセンター
その近くにはいくつもレストランがありました。
その日の夕食はファミレスのような所です。
メニューも豊富なら英語で書かれており、
若いスタッフがテキパキと働いていました。

その日はハロウィンの日だったので、
お店もそのように飾り付けられ、
スタッフたちも仮装していましたが、
家族連れの子供たちを中心に
仮装と化粧をしている人もいました。
旅行中ですから私たちはいつもの通り、
でも雰囲気だけは伝わってきますね。

ファミレスと言ってもここはメキシコ、
いろんな種類のお酒も置いてあります。
そして音楽がガンガンに掛かって、
皆ノリノリで食事を楽しんでいました。

ハロウィンは毎年10月31日。
最近は日本を始め世界各国で祝いますが、
アメリカでは国民的行事になっています。
祭日でもないのでまさにお祭り気分、
仮装のまま会社に通勤する人もいます。

私が初めてアメリカに行った年、
マイケル・ジャクソンのスリラーが流行、
初めて祝ったハロウィンパーティーは
忘れられない思い出になっています。

しかしメキシコに来てからずっと
どの街でも「ハロウィンのため?」と
思うような飾り付けが行われていました。
実は11月1日から2日にかけて
「死者の日」というお祭りが行われます。
ma475.jpg
   死者の日のための飾りつけ by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - メキシコ旅行  チワワ  ハロウィン  死者の日 
中南米  |  -- trackback  | 3 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ