FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

我が家で寿司パーティー

その後お二人は購入したキャンピングカーで、
一年ほどかけてオーストラリアを一周。
私がまだ行ったことのない街まで旅行されました。

その出発前に一度家に来てもらいました。
何が食べたいというと「お寿司」だったので、
シェアーしている友人に作ってもらいました。

その日は朝からフィッシュマーケットに買い出し、
自分で寿司を作って食べる機会は少ないです。
何といっても偏食の多い私は、
数種類のお魚しか生では食べれません。
友人はこの時とばかりにいろんな魚を買い、
寿司を食べれるのが嬉しかったようです。

鮭はキロ17ドルぐらいで売っていますが、
刺身用になるとキロ50ドルもします。
1尾買ってフィレにしてもらい、
部分ごとにカットした方が安くつくだけでなく、
心行くまで刺身も食べることができます。

お二人も肉料理は何処でもできるので、
この日はシーフードだけで良いと言われました。
私も魚なら焼いても、少しだけ刺身で食べました。
帰りは送っていくのでお酒は控えめに、
本当に楽しい時間を過ごすことができました。

このお二人とはその後数回会う機会がありました。
現在は軽自動車のキャンピングカーで、
北海道から樺太に渡り、シベリア経由で
中央アジアやヨーロッパを旅行した後、
南アフリカを目指してアフリカ南下中です。

今回の旅も北海道を出発して23か月。
アフリカでの車の旅はかなりハードなようで、
Yukoさんはフランスで夏休み中。
無事に南アフリカにたどり着けるかどうか、
ハラハラドキドキしながら応援しています。

YoshiさんとYukoさんの
ブログ旅々、沈々」をご覧ください。

PC088295.jpg
エベレストベースキャンプまで歩くお二人

ブログで知り合った二人とシドニーで会う

私がお二人のブログ「旅々、沈々」で見つけたのは
何かを検索していた時に探し当てました。
そのキーワードが何だったのか覚えていませんが、
旅行計画していた時のヒントになったと思います。

その時は多分テキサスからシドニーに戻らず、
そのまま中南米を旅行しようかと思っていたので、
多分その辺のキーワードに当たったのでしょう。
でもそんな出会いが今では友人に繋がっています。

たまたまですが、お二人はその時シドニー滞在中。
しばらくシドニーにいる予定だったので、
コメントで連絡を取り合いながら、
「シドニーに戻ったらお会いしましょう」
という話になりました。
そしてシドニーに戻ったら比較的すぐに、
実際にお会いすることになりました。

お二人が滞在していたAirBNBは
私の家から車で10分位の所でした。
家の前で待ち合わせて迎えに行ったら、
「女性」だったのでびっくりされました。

Yoshiさんは私を男性だと思っていたようです。
当時はブログに顔写真が載っていたのに、、、
あまり旅行ばかりしているから、
女性に見られなかったのかもしれません。

以前私が働いたカフェが近くだったので、
そこに行って一緒にお茶にしました。
年齢も違えば、一緒に旅行にしたことないのに、
同じ趣味ということもあり話が湧きました。

特に二人ともアラスカに行ったことがあるので、
つい先日まで行っていたアラスカの話で
とっても盛り上がりましたね
と言っても私が知っているのはデナリだけ、
お二人の方が私よりももっと
アラスカを旅行されていました。

Yoshiさんと Yukoさんのブログ
『旅々、沈々」をご覧ください。

P5070325.jpg
スペイン巡礼の頃のYoshiさんと Yukoさん

仕事しながら旅行している二人

日本に住んでいないので
ブログ友の方とお会いする機会は少ないですが、
シドニーに来られた方と会う機会がありました。

このお二人はすでに12年以上
世界中を旅行されています。
ただの世界一周の旅行ではなく、
その時によって旅のスタイルは違いますが、
働きながら旅行されているのです。

Yoshiさんはデザイナー。
インターネットで仕事の注文を受けたら、
旅行が停滞してしまうこともありますが、
働きながら旅行できるのはうらやましいです。
ネットで繋がっていれば職場はいりません。
世界の何処にいても仕事ができるのです。

Yukoさんは元建築士ですが、
今や旅行しながらサイトを作ったり、
旅行中に見つけたすばらしい石を使って、
独特のアクセサリーをデザインされています。
こちらも旅行しながらできる仕事です。

お二人はモーターバイクでカナダを横断したり、
アラスカから南米の最南端まで縦断したり、
オーストラリアも車で一周しているのです。

フランスから巡礼の道を歩いたかと思えば、
エベレストベースキャンプへ登山したり、
ユーコン川をカヌーで下ったりする
アクティビティーなところもあります。

あるときは一か所に長期滞在していますが、
私のように何処かに住むのではなく、
旅が生活と職場になっているお二人は、
ブログ「旅々、沈々」で見ることができます。

schot1.png
     ブログ『旅々、沈々』


該当の記事は見つかりませんでした。