FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ストップオーバーもその時によりけり

空港にはかなり早めに到着しました。
荷物がないのでチェックインもすぐに終わり、
時間を持て余すことになりました。

日本のコンビニが入っていたので、
そこでアンパンなどを買い込みます。
これからロサンゼルスまでの飛行機で、
私が食べれるものは出ないかもしれません。

中国の航空会社ですから、
オーストラリアのような機材は期待しないけど、
外国人もたくさん載っていました。
お金持ちの中国人観光客は国内の飛行機を使わず、
海外の航空会社を使うという噂がありました。

あまり信用していないのかもしれませんね。
そのために私のようは安い航空券で旅行する
人たちだけが中国に航空会社を利用する。
事故にあっても保証は期待できないかもしれません。

中国国内へ旅行するならいざ知らず、
シドニーからの海外旅行に使ったのは、
今回が生まれて初めてのことでした。
まあだんだん慣れて来て航空券が安いなら、
これから使う機会も増えるかもしれません。

乗り継ぎで一泊しなければならいあ時、
以前は航空会社が宿代を出すのが当たり前、
それでストップオーバーを楽しんだものですが、
今は殆ど自前になってしまいました。
空港で過ごせたり、宿代が安くないと、
結構高くついてしまうかもしれません。

それでもまだ行ったことのない街なら、
ストップオーバーも楽しみですよ。
直行便がどんどん増えてしまって、
ストップオーバーできなくつつあります。

shgh3.jpg
    上海浦東国際空港 by wiki


上海の安いホテル

上海で今回予約した空港近くのホテルは、
一見ビジネスホテルにも見えますが、
日本円で3000円ぐらいの部屋ですからね。
あまり大きな期待はしない方が良いようです。

いつもバックパッカーに泊まっている私にしたら、
それはとても立派なホテルでした。
部屋にシャワーとトイレがあるのですから、
ベッドはダブルだし、シーツもきれいでした。
お茶用のポットや湯飲みも用意されていました。

でもよく見ると髪の毛が落ちていたり、
かすかにタバコの臭いもしましたね。
ノースモーキングの部屋と言っていたのに、
隠れて誰かが吸ったのかもしれません。
まあ今日一日寝るだけですから、
あまり見ないようにしたいと思います。

翌日はチェックアウトまで周辺を歩きました。
ここは上海の街から離れているらしく、
普通の商店街と住宅があるだけでした。
もっと街の中心地に泊まったとしたら、
有名な観光地も見れたかもしれません。

次に来たときに期待したいと思いましたが、
どんよりとスモッグで汚れた空をみると、
中国の大都会には来たくありませんね。
前回行った西都や昆明とは違いますね。
中国を見るなら空のきれいな所に行かないと、
痰がでて喉が痛くなります。

フロントで空港行きのシャトルバス代を
払うように請求されました。
予約サイトには無料と書いてあったのに、
仕方ないので確認表を見せると、
何とか無料と納得してくれました。

shgh2.jpg
  フレンチコネクション by flicker




中国にビザなしで入国したけど

上海空港に到着して入国審査へと進みました。
入国審査は中国人と外国人に分かれていますが、
外国人もビザありとビザなしに分かれていました。
もちろんビザ不要なのでビザなしの所に並びました。

プリントしたEチケットとホテルの予約、
パスポートを入国審査の係員に見せると
パスポートを没収され待つように言われました。
隣ではビザを持って入国した旅行者たちが、
次から次へと入国手続きを済ませているのに、
私達は優に30分以上は待たされました。

ビザが要らないと言っても「停留許可」が必要で、
その手続きにかなりの時間がかかるのです。
入国審査官がスタンプを押せば済むのではなく、
担当者が別の場所で念入りに確認しているようです。
そこでスタンプが貰えて初めて入国許可が降ります。
やっとパスポートを返されて安心しました。

荷物はアメリカまで預けることができました。
手荷物と着替えだけを持って入国します。
ホテル行きのシャトルが何処にあるか分からないので、
ホテルのカウンターを探すと名前がありました。
私が泊るのは安い小さなホテルですが、
大きなホテルグループのようでいくつもホテルがありました。

スタッフは片言の英語しか話せませんが、
予約のプリントを見せると待つように言われ、
シャトルバスがくるまで近くに座りました。
知らない街に夜遅く到着するのは心細いです。
もしホテルを予約していなかったら、
多分空港で夜を過ごすことを考えたでしょう。

シャトルバスに乗ったのは中国人のみ。
いろんなホテルを回って行きました、
最後に私が宿泊するホテルに到着しました。

shgh1.jpg
   上海のスカイラン by flicker


中国のトイレ事情

中国を旅行していいて悩むのがトイレです。
列車で移動する際には車内を利用します。
汚いか汚くないかは別にして、
それしかないので我慢します。
私が利用した列車は昔ながらの
線路に落とすタイプのトイレばかりでした。

バスで移動の時はトイレ休憩があります。
大抵は食堂かお土産屋のトイレ、
まあ綺麗とは言えないけど、
何とか利用できる範囲内でした。

自分で観光するときはホテル利用。
なるべく泊まっているホテルで
観光に行く前に利用してから出かけます。
レストランで食事をした時は、
行きたくなくても利用しておきます。

タクシーをチャーターして観光したり、
お寺などを観光するときが悩みますね。
『トイレ』を書かれた文字のあるところは
地元の人が利用するところですから、
ドアもなければ、流すところもないような、
勇気を振り絞って行くときもあります。

ある時利用したトイレはドアはあったけど、
用水路に跨って用を足さなければなりません。
一つ前のトイレに座った人が大をすれば、
それが次の人の所に流れてきます。
流れないような大きなものだったら、
いつまでもそこに溜まっているのです。
人がした大を眺めながらしたくないですよね。

海東で利用したトイレも最悪でした。
ドアはあったけど、地元の人が使うところ。
子供が足場の所に大をしたのか、
ウジが歩き回っていたのです。
それを避けながら何とか用を足しました。
サンダルで来なくて良かったと
今更ながら思っている私です。

DSC00092 のコピー
       中国の公衆トイレ

旅行情報
中国国家観光局< 日本語
http://www.cnta-osaka.jp/city/yunnan?city=280
雲南.jp 日本語
http://www.yunnan.jp


中国の朝食 その2『コーヒーが飲みたくなったら』

皆さんはいつも朝食に何を食べますか?
ご飯党という方も多いかもしれません。
ご飯、味噌汁、納豆と生卵だけで、
朝から2杯ぐらいご飯を食べれます。

しかし毎朝ご飯を炊くのは面倒です。
おかげでコーヒーとパンだけ。
時間があればフルーツジュースも作りますが、
卵を焼くこともほとんどありません。

中国朝食として『お粥』を食べれば、
旅行者でも地元の値段で食べれますが、
これが洋食を食べようとすると、
一挙に値段が上がってしまいますね。

その朝はコーヒーが飲みたくなって、
どうしても喫茶店に行ってしまいました。
旅行者の多い麗江ならではですね、
水準は高くなかったけど、12年前でも
コーヒーを飲ませる店がありました。

ドリップコーヒーが1杯2ドル、
まだミルクを飲む人が少なかったのか、
お店にはミルクもクリームも置いてなく、
砂糖を入れて我慢して飲みました。
実はブラックのコーヒーが飲めません。

それにトーストを頼んだらやはり2ドル。
ベーカリーは街の中にあるそうですが、
バターも苺ジャムもなくマーガリンのみ。
旅行中は朝から毎日歩くので、
薄いパン2枚ではお腹に足りません。

目玉焼きを頼んだら3ドル位だったかな?
合計ひとり7ドル近くとは日本より高いです。
中国で洋食を食べると一挙に高くなります。
それでも我慢できなくて食べたくなる、
やはり普段の食生活から離れるのは難しいです。

DSC0014 のコピー
     朝食を食べたカフェ@麗江

旅行情報
中国国家観光局 日本語
http://www.cnta-osaka.jp/city/yunnan?city=280
雲南.jp 日本語
http://www.yunnan.jp
麗江古城 日本語、英語あり
http://www.ljgc.gov.cn

該当の記事は見つかりませんでした。