FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

遅れてやってきたカップル 

Posted on 01:04:02

バンフとバンクーバーを結ぶ豪華列車
ロッキーマウンテンニアーが出発すると、
駅にいたこの鉄道会社のスタッフが、
チェックイン用のデスクなど片付け始めました。

乗客のチェックインと乗車の世話だけをする
列車が到着、出発するときだけのスタッフですが、
合わせて10人ぐらいはいたと思います。

そこでアメリカ人らしいカップルが来ました。
大きな荷物を持ってやってきたので、
グレイハウンドのバスの乗客ではなさそうです。
そして鉄道会社のスタッフと話しています。

様子を見ていると列車の乗客のようですが、
どうやら時間を間違っていたようです。
前日にバンクーバーから来たのかもしれません。
時差があるのを知らなかったのでしょうか?

列車はすでに出発しています。
戻ってきてもらうことは不可能です。
明日に振り替えというのもできないし、
いったいどう対処するのでしょうか?

スーパーバイザーが電話を掛けています。
列車の車掌と連絡を取っているのでしょうね。
一組乗り遅れているということを伝え、
次の駅で乗せることになったようです。

バンフからタクシーをチャーターして、
スタッフがひとり同行するようです。
レイクルイーズまで片道60kmですから、
タクシー代も馬鹿になりませんよ。
往復分として200ドルはするはずです。

さすが高い料金の豪華列車ですね。
対応がとてもてきぱきとしていました。
次の駅で間に合うので良かったけど、
もっと遅れていたらどうなったでしょうか?
bf1234.jpg
 山の上から見たバンフ by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンフ  ロッキーマウンテンニアー 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

豪華列車のチェックインは 

Posted on 01:03:13

列車が到着するときは嬉しいですね。
到着時の興奮は昔と変わりません。
カナダを横断していた時のように、
ディーゼル機関車に引かれていますが、
何となくおしゃれな雰囲気がします。

乗客の人たちも駅構内から出てきて、
到着時の写真を撮り始めました。
ここで降りる人は誰もいません。
皆さんここから一緒に乗車します。

途中レイクルイーズから乗車する人もいますが、
全員今日はカムループスまで行きます。
そして指定のホテルにチェックした後、
翌日バンクーバーに向けて出発です。

荷物はトラックで運ばれるようです。
1泊分の荷物を持って乗車するのか、
カムループスで荷物を受け取るのか?
その辺の事情は良く知りませんが、
大きな荷物はこの列車では運びません。

列車で荷物を運んでいたら、
乗降時の混雑と時間の問題があります。
次の目的地のホテルに到着した時に、
荷物が届いているのがベターですよね。

ただ列車に乗って食事をするだけではなく、
列車以外の所でお世話するスタッフ、
陰になって支えているスタッフと、
大勢のスタッフが必要となります。

そのためにこの列車の旅は、
ファーストクラス並みに高いです。
一度乗ってみたいと思いますか?
私は普通の列車で自由気ままに
旅行する方を選びますが、、、。
bf1226.jpg
 カナディアンロッキー by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンフ  ロッキーマウンテンニアー 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

豪華列車が運行する日@バンフ 

Posted on 01:03:13

バンフの駅は観光客でごった返していました。
その人たちは間もなくやってくる、
ロッキーマウンテニアーに乗車する人たちです。
その列車はバンフとバンクーバーを
1泊2日で結ぶ超豪華観光列車です。

駅にはまるでクルーズ船の乗船時のように、
赤い絨毯が引かれた受付がありました。
バンフの各ホテルに滞在していた人たちは、
タクシーやホテルのシャトルバスで、
乗車する駅に集まってきました。

私のように歩いてくる人は少ないです。
それもそのはず殆どが60代以上の年配者、
若い人たちは子供の姿は殆ど見かけませんでした。

受付をしている駅構内には、
コーヒー、紅茶とマフィンが用意してあり、
軽く腹ごしらえをすることができました。
と言っても乗車したらすぐに、
豪華な朝食がまっているはずですが、、。

私はひとり旅ですから、
そこではちょっと異端に感じられましたが、
そのコーヒーをちょっと拝借して、
チェックインの様子を見ていました。

こんな光景はアラスカでも見ていますが、
さすがロッキーマウンテンニアー
プライベートな会社が運営しているせいか、
チェックインを手伝うスタッフも多いです。

実は私この仕事がしてみたいのです。
そのためにプリンセスクルーズ系のホテルで、
働いてみたこともあるのですが、、。
その様子を見ながら研究していました。
bf1229.jpg
  バンフ国立公園 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンフ  ロッキーマウンテンニアー 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ