FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

モスクワ空港から市内への行き方『アエロエクスプレス』

モスクワにひとりで旅行する方は少ないでしょうが、
モスクワ市内から空港への行き方を
いろんなブログやサイトからまとめておきます。
日本航空はドモジェドヴォ国際空港を利用しています。
モスクワで一番利用客の多い空港です。

空港から市内への行きかたとして一番便利なのが
毎日5:30〜夜中の0:30まで運行している
『アエロエクスプレス』と呼ばれる特急電車です。
ドモジェドヴォ空港からは1時間に1〜3本
地下鉄2号線のドモジェードフスカヤ駅まで
所要時間40分で運行しています。

シェレメーチエヴォ国際空港はふたつあり
国際線が発着するのはシェレメーチエヴォ2です。
そこからモスクワ市内のサビョーロフ駅まで
『アエロエクスプレス』が1時間に1〜2本
所要時間は35分で運行されています。

料金は大人が340ルーブル(約1000円)です。
これでタクシーに乗る必要もありませんね。
値段交渉必要もなく、渋滞の心配もなく、
安心して市内まで向うことができます。

エクスプレスバスやリムジンバスもありますが、
詳細については書いてありませんでした。
また市内バスや乗り合いタクシーもあるようです。
しかしロシア語が通じないと難しいですね。

日本航空のサイトをご覧になると、
空港からのアクセスについて書いてあります。
またエアロフロートの日本語サイトをご覧になると、
エアロエクスプレスについて説明があります。
そのリンクからスケジュールを見ることもできます。

言葉の通じない国も旅行前に
インターネットで情報を得ることができます。
本当に便利になってしまいましたね。
スマートフォンやタブレットを持っていれば、
言葉の心配もいらなくなりました。
でも言葉が通じない国を迷いながら旅行した
旅の思い出は忘れることができません。

250px-ED4MKM-AERO.jpg
  アエロエクスプレス by wiki

旅行情報
日本航空 モスクワ空港情報
http://www.jal.co.jp/tabi/info/toshi/eur/ru/mow.html
アエロフロート 空港情報 日本語
http://www.aeroflot.com/cms/ja/before_and_after_fly/by_train
ロシアのアエロエクスプレス
http://www.aeroexpress.ru/en/

日本航空@モスクワのカウンターにて

一度国際線ターミナルに到着すればひと安心です。
英語が話せる人がいっぱいいますからね。
ましてや今回は日本航空ですから、
チェックインカウンターには
日本語を話せるスタッフもいるはず??

残念ながらロシア人ばかりでした。
片言の日本語は話せたのかもしれませんが、
どちらかと言うと英語の方が得意なようです。

当時ローマ発ロシア経由の成田行きで、
モスクワから乗る人はそれほどいませんでした。
お陰で日本人のスタッフもいなかったのか?
それとも空港カウンターの手続きは、
現地の会社に委託していたのかもしれません。

チェックインがスムーズに行くと思ったら、
これが飛んでも八分で時間がかかりました。
彼らは日本行きのお客さんには慣れていますが、
外国のパスポートを持参して、日本経由で
オーストラリアに行く客には慣れていませんでした。

ただの乗り換えなのに日本のビザがいるとか、
全く分けの分からないことを言っています。
オーストラリアの永住ビザがあると言うのに
これじゃ入国できないとか言い出す始末です。
オフィスに確認するまで待つように言われました。

カウンターの係員が世界中のビザを知る由もなく、
外国のパスポートを持ったアジア人の女性が
英語でまくしたていたら日本人とも思わないでしょう。
ましたやこちらは名前も英語名になっていますから、、。

やっと日本航空の職員が出て来たので、
日本語で説明したら、申し訳なく誤ってくれました。
お陰でアップグレードにはなりませんでしたが、
成田までは隣に誰もいない席になり、
ゆっくりと寝て帰ることができました。
ついでにラウンジに招待してもらえたので、
出発までそこでのんびりと酒を飲んで待っていました。

夜出発しても到着は昼過ぎになります。
そのまま成田で乗換えて夕方の便でシドニーへ、
二日間夜行便に乗るようなものですね。
楽しかった北欧ロシアの旅も終わりになりました。

800px-Sheremetyevo_departures_schedule_table.jpg
   モスクワの空港 by wiki

旅行情報
日本航空 モスクワ空港情報
http://www.jal.co.jp/tabi/info/toshi/eur/ru/mow.html
アエロフロート 空港情報 日本語
http://www.aeroflot.com/cms/ja/before_and_after_fly/by_train
ロシアのアエロエクスプレス
http://www.aeroexpress.ru/en/

モスクワ市内から空港へ

北欧ロシアの旅の最後の日は、
モスクワ空港に向かいました。
モスクワにはふたつの空港があります。
市内から北北西40kmの所にあるのが、
シェレメーチエヴォ国際空港です。

1980年モスクワオリンピックの際には
国際線ターミナルを運行開始しましたが、
その後設備投資の遅れで、乗り入れた減少しました。
2000年代になってやっと新ターミナルの完成後、
第二の国際空港として運用されています。

モスクワで一番乗り入れ人数が多いのが
市内から南西35kmの所にある
ドモジェドヴォ国際空港です。
日本航空もこちらに乗り入れています。
国際線と国内線のターミナルがことなるので、
空港で降りる際に注意して下さい。

地球の歩き方に地下鉄の駅まで行き、
そこから路線バスが出ていると書いてありましたが、
何番のバスが空港まで行っているのか、
何処がバス停なのかハッキリ分かりませんでした。

ロシア語が話せないと、空港さえ通じません。
しかし何本もバスの発着をみているうちに、
飛行機の絵を描いた路線バスがやってきました。
それまで30分以上探しまわったと思います。

さらにそこからバスに乗って軽く1時間、
逃さないように注意して乗っていました。
普通の市内のバス停と異なり、
空港を見落とすことはありませんが、、、。

ターミナルについたので降りようとしたら、
『ダメダメ』と運転手が止めました。
どうやら国内線のターミナルのようで、
国際線ターミナルはその次だったようです。
異国人が国内線で降りるはずもなく、
お陰で無事に国際線に到着することができました。

fc2blog_20140619164408bef.jpg
    モスクワの空港 by wiki


旅行情報
日本航空 モスクワ空港情報
http://www.jal.co.jp/tabi/info/toshi/eur/ru/mow.html
アエロフロート 空港情報 日本語
http://www.aeroflot.com/cms/ja/before_and_after_fly/by_train
ロシアのアエロエクスプレス
http://www.aeroexpress.ru/en/


アラスカの価値

アラスカはアメリカで一番大きな州です。
アラスカとハワイを除く48州で
一番大きな州がテキサスですが、
その2倍もあると言うのですから、、、。

テキサス人は他の州に行くと
『テキサスが如何に大きいか自慢します』が、
さすがアラスカに来たら自慢できませんね。

アラスカは金や油田だけではありません。
現在は天然ガスも発見されており、
天然資源の可能性もあるようです。
もちろん天然資源だけではありません、
日本から商社が買い付けにくるほど、
アラスカ近海は漁業の盛んな所です。

アンカレッジ周辺ではあまり森林業はみません。
それはアラスカの森林は生長するのに、
時間がかかるせいかもしれませんが、
広大なツンドラ地帯を背景に、
観光業が夏のトップに躍り出ています。

バンクーバーやシアトルから
たくさんのクルーズ船が出ています。
一度に大量の乗客を運べるので、
この人達が落とすお金は馬鹿になりません。
大きなクルーズ船ならそれだけでも
720万ドル以上の稼いでいることでしょう。

もちろんアラスカはその位置も重要です。
東西冷戦時代、ここがアメリカの防衛戦でした。
アリュウーシャン列島の先にあるのはロシア
モスクワからは遠いかもしれませんが、
お互いにここで牽制していたわけです。
お陰で今でもアラスカには軍事基地があります。

それ以前の第二次世界大戦中には
日本からの防衛するための基地も必要でした。
そこに軍人や物資を運ぶために
アラスカハイウェイは建設されたそうです。
軍事目的でも本土と繋がれたのは良いことです。

IMG_0468 のコピー
       アラスカ鉄道 

ロシアの民芸品『マトリョーシカ』

マトリョーシカ』のルーツを聞いて
今更ながらびっくりした私ですが、
1900年パリの万博で銅メダルを受賞すると
ロシア各地で人形が作られるようになり、
ロシアの民芸品として定着したようです。

かわいらしい女の子の人形が多いですが、
欧米からの観光客が増えたせいか、
ちょっと変わった『マトリョーシカ』も
どんどんデザインされているようです。

良く目についたのが歴代ロシア
(ソビエト)の国家元首の人形でした。
一番外側は当時の大統領エリツィン
その内側には共産党最後の書記長で
最初の大統領になったゴルバチョフ

その内側は良く覚えていないのですが、
ソ連共産党時代の指導者達で
ブレジネス、フルシチョフなど、
最後がレーニンだったような気がします。
今はどんな内容になっているのか?

もちろんアメリカ大統領版もありました。
当時は『クリントン大統領の浮気』が
世界中を賑わしていた頃ですが、、、
一番外側がクリントン、その内側にヒラーリ
そして浮気相手だったモニカさん
最後にサックスフォーンが入っていました。

ロシアでは現在でも手作りだそうです。
原料となる菩提樹は、伐採から一年間乾燥、
マトリョーシカ』の原型になるよう、
くり抜いて、削って、絵を描いて、、、
そんな作り人達の暖かみが出ていますね。

モスクワの北東70kmにある
セルギエフ・ポサードの博物館には
マトリョーシカ』の第1号が展示され、
モデルとなった箱根の入れ子細工
『箱根七福神』も飾られているそうです。

1280px-Matryoshka_Russian_politicians.jpg
大統領のマトリョーシカ人形 by wiki


観光情報
モスクワトラベルサイト
http://en.travel2moscow.com
ロシア政府観光局 英語
http://www.russia-travel.com
ロシアの観光案内 英語
http://www.waytorussia.net/Moscow/Guide.html


該当の記事は見つかりませんでした。