FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

リタイヤメントビザ収得可能な国

日本人国籍をお持ちの方が
比較的簡単にリタイヤメントビザを取れる国が
世界には40カ所以上あるそうです。
実際に私が住んでいるオーストラリアやNZにもありますが、
資産などを考えると普通の人には難しいです。

年間500万円以上の収入がある人は、
わざわざ海外に行かなくても年金で充分に暮らせますし、
海外と日本を行ったり来たりしても良いわけです。
日本の年金で安心して暮らせる国を選ぶとなれば、
リタイヤメントビザを取るにしても限られてきます。

条件的には東南アジアが一番楽なようですが、
もし現地にアパートを借りる余裕があれば、
わざわざリタイヤメントビザを取らなくても、
観光ビザで長期滞在することも可能です。

しかし今回はリタイヤメントビザという側面から、
少しお話したいと思います。
現在東南アジアリタイヤメントビザを発給しているのは、
タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピンと台湾です。

台湾 詳細はAll Aboutをご覧下さい。
55歳以上 5万USドル以上の資産を有する退職者
最高180日までのマルチビザ
ー現在観光ビザで90日まで滞在できるそうなので、
あまりこのビザを収得する価値は見いだせません。

タイ
50歳以上 
80万バーツ以上の預金又は年金があること
(約210万円以上)

日本で申請するのがロングステイビザ、
これは申請手続きも時間もかなりかかるので、
タイ国内でリタイヤメントビザを申請した方が楽なようです。
ビザが切れる時点で再申請できるようです。
詳細はタイ移住 初心者事情をご覧下さい。

フィリピン
35歳以上 年齢に応じて条件がことなります。
株式会社スペックスのホームページ
詳細がかいてありますのでご覧下さい。

フィリピンのリタイヤメントビザに
警鐘をならずブログもあります。
『フィリピンの真実を伝えるブログ(文化・社会・時事・政治)』
を読んでご自身で判断して下さい。

インドネシア
55歳以上
月額US1500ドル以上の収入が証明できること。
バリにはたくさんの方がリタイヤされていますが、
その方々のブログを読むのも参考になると思います。

詳しくはバリでリタイヤのお手伝いをしている会社
OM Tour デイトラインをご覧下さい。
これ以外にも数社バリにはお手伝いする会社があるようです。

マレーシア
マレーシアマイセカンドホームプログラム
は第三者を通じずに個人で申し込むこともできるようです。

マレーシア大使館のサイトの
詳しく説明されていますので、ご覧下さい。

年齢に応じて条件もことなります。
マレーシアは英語も通じますし、
比較的治安も良いので、住みやすいかと思います。

mlysivis.jpg
      マレーシアのサイト

該当の記事は見つかりませんでした。