FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

チェコに戻る学生さん

現在アラスカでガイドしています。
仕事で忙しくブログ訪問できないかもしれませんが、
アラスカブログ、どうか楽しんでください。



私は翌日の早朝に出発するので、
アンカレッジに泊まる予定はありませんでした。
でもランドリーで働いていたアルバータが、
アンカレッジに1泊するというので、
そこに荷物を置いて行動することにしました。

一緒に行動するのはロバータと同じく、
ランドリーで働いていたチェコの学生たちです。
見た目には年配のアジア人のおばさんたちが、
20代の若いチェコ人を連れているようです。
もちろんここでの親分はロバータですね。

チェコの学生たちは銀行に行き、
貯めた給料を引き下ろしたいようです。
来年も来る予定でいましたが、
それまで預けておく余裕はないようです。

引き下ろしたお金の殆どは、
そのままチェコの銀行に振り込みました。
チェコからこの手続きをしようと思うと、
手数料をたくさん取られるだけでなく、
時間もかなりかかるそうです。

チェコの大学はすでに始まっていますが、
彼らはクローズの日まで残りました。
折角出稼ぎに来るのですから、
一日でも長らく働かないとね。

お金はちゃんと溜まったかな?
往復の飛行機代を払っても、
アメリカに来た方が稼げるそうです。

ここではリゾートホテルで働いていても、
チェコでは専門を学んでいるようで、
将来はエンジニアになると言っていました。
いつか良い仕事が見つかると良いですね。

lake-hood-the-busiest[1]
 アンカレッジの風景 by tripadvisor


最後まで仕事のドライバー

現在アラスカでガイドしています。
仕事で忙しくブログ訪問できないかもしれませんが、
アラスカブログ、どうか楽しんでください。


その日はキアラが運転していました。
女性ドライバーのキアラは20代後半ですが、
リゾートホテルでもベテランのひとりでした。
最初はギフトショップで働いていて、
翌年からジョイの勧めでドライバーになりました。

ドライバーは自分の自己紹介が終わると、
大抵は車内の安全規則を説明しますが、
キアラはこの説明がとても上手でした。
お客さんの世代に合わせていろんなバージョンがあり、
たまには歌に合わせて案内することもあります。

今年はドライバーのインストラクターのしており、
私のシェアーメイトだったビッキーも、
キアラからたくさんのことを学んだそうです。
前年お客さんからのアンケートが良かったり、
安全運転で小さな事故などもないと、
インストラクターとして雇用されます。

そうなるとシーズンの始まる2か月ほど前から、
仕事が始まるので給料も貰えます。
シーズンの終わりにはボーナスの対象、
そして翌年の雇用も最優先と有利のようです。

キアラとディスパッチャーのジョイは、
プライベートでも仲が良くて、
ホテルに停めてあるRVで夏を過ごします。
毎年来るので夏だけ利用している車を
冬はリゾートの倉庫で預かってもらっています。

こんな特別待遇が与えられているのは、
ジョイがトランスポにとって重要なスタッフ、
彼女なしではマネジャーも動けないという
不可欠な人物だからかもしれません。

今日はアンカレッジのホテルに泊まって、
数日アラスカを旅行してから戻るそうです。
シーズン中は何処へ行く暇もないほど忙しいけど、
冬に何をしているのかは聞いたこともありません。

dn7272.jpg
  デナリ国立公園 by tripadvisor



リゾートホテルでの思い出が、、、

現在アラスカでガイドしています。
仕事で忙しくブログ訪問できないかもしれませんが、
アラスカブログ、どうか楽しんでください。


部屋の破損と掃除の検査が終わると、
スタッフがサインした用紙をもらいます。
その用紙は鍵と一緒に人事に返却、
これでリゾートスタッフとしての
手続きはすべて完了しました。

後は自分の荷物を持ってロビーに行き、
バスの出発まで待つことになりました。
社員食堂で食事するのも最後です。
お互いにお別れの挨拶をしました。

アンカレッジまでホテルのバスを利用します。
夏の間ホテルで使用されたバスはすべて、
アンカレッジまで運ぶことになります。
アンカレッジにある大きな車庫で、
点検されたバスは冬眠することになります。

運転するのはホテルのドライバーです。
彼らの出発に合わせてバスを運びますが、
運転しなくても良いドライバーもいます。
これも仕事ですから給料はでますが、
最後は観光の案内はありませんでした。

スタッフが全員バスに乗り込むと、
ホテルのグランドマネジャーがやってきて、
マイクをもって挨拶をしました。
来年も待っているよと言われたけど、
戻って来るのは半分もいませんね。

もう残っているスタッフはわずかですが、
それでも手を振ってもらえると嬉しいです。
リゾートホテルで過ごした4か月半が
走馬灯のように流れていきました。

来たときはまだ雪が残る冬でしたが、
今は紅葉も終わって初冬の兆しが、
これからの長く厳しい冬の間、
ホテルも冬眠に入っていきます。

photo0jpg[3]
  デナリ国立公園 by tripadvisor

掃除の検査が厳しくて、、、

現在アラスカでガイドしています。
仕事で忙しくブログ訪問できないかもしれませんが、
アラスカブログ、どうか楽しんでください。


リゾートホテルが閉まった日に、
ホテルを出発するスタッフもいましたが、
私は翌日に出発することにしました。
荷物は前日に用意しておきましたが、
最後の洗濯をして、全部詰める予定でした。

その間に部屋の掃除をしなければなりません。
掃除機がないので箒で履くだけですが、
狭い部屋なのでゴミは簡単に取れます。
トイレとシャワーもきれいに掃除して、
ゴミもちゃんと捨てておかなければなりません。

ベッドのマットレスを上げたら、
毛布、まくら、シーツ、タオル類と
シャワーカーテンを剥がして、
指定された場所に持っていきます。

ランドリーのスタッフが返却されたものを
破損がないか確認しながら数えていきます。
返却された数を書いたシートにサインをもらい、
部屋に戻って、別のスタッフを待ちます。

そのスタッフは部屋の点検をします。
使用していた部屋に破損個所がないか、
掃除はきちんとされているか確認します。
部屋に破損個所があると天引きの対象でした。
掃除がされていないと、合格が出るまで
掃除をしなければなりませんでした。

検査するスタッフによって曖昧です。
私なんか週に一度は掃除しているのに、
シャワーの天井にカビがあったので、
それをぬぐい取るように言われました。

それって私が来る前からあったような?
暖房がずっとかかっているので、
通気の悪い部屋ではカビも育ちます。
友達の中にはクロゼットの洋服の中に
カビが生やした人もいました。

dlnp7271.jpg
  デナリ国立公園 by tripadvisor



ツアーデスクを掃除しましょう

現在アラスカでガイドしています。
仕事で忙しくブログ訪問できないかもしれませんが、
アラスカブログ、どうか楽しんでください。



リゾートホテルのドアが閉まると、
それからツアーデスクの片づけです。
デスクの中にあった書類など、
要らないものは処分して、
必要なものは来年まで保存しておきます。

コンピューターもデスクから外して、
他の重要な物と一緒に来年まで、
トニーの部屋に保管しておきます。
彼がリゾートホテルを離れるときに、
鍵を掛けて完全に戸締りするようです。

そしたら皆で掃除をしました。
と言っても小さなデスクですから、
全部で2時間もかかりませんでした。

それが終わると制服を戻します。
お世話になった制服のうち、
ズボンと靴だけは自前でした。

シャツは返却しなくても良いと言われたので、
翌年のために保存しておくことにしました。
わずか2枚しかなかったので、
毎日洗濯することもできませんでした。

リゾートホテルのバッジと
身分証明書も返却しなければなりません。
ひとつでも足りないと、
最後の給料から天引きされるのです。

リゾートホテルの身分証明書で、
アラスカではかなり割引がありました。
しかしホテルやツアーの業者も閉まるので、
あまり利用できるところもありません。
悪用を防ぐために天引の対象と
言っているかもしれまんね。

morning-tour[1]
  デナリ国立公園 by tripadvisor


該当の記事は見つかりませんでした。