FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 11

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

初めてのマッカラン国際空港からの旅たち 

Posted on 01:03:18


私たちの次の目的地はメキシコ、
夜遅いフライトで出発する予定でした。
レンタカー会社から空港まで、
路線バスで行くことも可能でした。
そのためにそこを選んだのですから、、。

ところが私がオフィスで時間がかかったので、
車を借りに来ていた人が巻き込まれました。
結局その人が借りたい車の在庫がなく、
待たされる羽目になっていました。

そんなせいで彼と話す時間がありました。
彼はニューオリンズから来たDJでした。
ラスベガスで仕事を頼まれて来たそうです。
その日はホテルに行くだけですが、
何と空港まで送ってくれることになりました。

ひとりだったら断っていたかな???
友人と二人なので安心ですか?
でも私たちに同情してくれたようです。
「お金が請求されないように」と
最後に神さまに祈ってくれました。

空港に到着するとチェックイン、
機械化するのも面倒くさいですね。
パスポートを入れて搭乗券、
お金を払って荷物のタッグと、
カウンターでやってもらっていた時が、
とっても懐かしく感じますよ。

3年もこの街で暮らしていたのに、
この空港から出発するのは初めて、
いつもロサンゼルスからバスで移動なので、
飛行機を使ったことがないのです。
「うわぉ~」とはしゃいだ気分で、
メキシコに向けて出発しました。
us399.jpg
     マッカラン国際空港 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカドライブ旅行  ラスベガス  マッカラン国際空港 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

事故の書類づくりは大変でした 

Posted on 01:02:16

ハーツのオフィスに到着すると、
いつものようにスタッフとともに、
返却する車のチェックがあります。
今回は破損があるので控え目に、、
でもそれ以外の傷はありませんでした。

「ガソリンが満タンじゃないよ」
とスタッフの人に言われたので、
ほらここに書いてあるでしょう。
「乗った時からガソリンは半分以下なの、
だから入れなくて良いと言う条件よ」
自分の主張は忘れないように、、。

さて車の破損に関する書類作成です。
警察に報告済みか聞かれましたが、
対人・対車の事故ではないので、
警察に報告する義務はありません。

それに真っ暗な高速だったので、
事故にあった時の詳細も判明しません。
取り敢えず私の友人が証人になり、
私が事故の詳細を伝えると、
オフィスの人が書類を記入しました。

車の保険番号をコピーして、
私と友人がそれぞれサインすると、
必要な書類の手続きは完了しました。
書類のコピーは全部もらっておきます。

後はレンタカー会社と保険会社の
話し合いで終わるはずなのですが、、。
このオフィスの人が馬鹿なのか、
ハーツの担当者が阿保なのか、
その後数か月に渡って「いちゃもん」
何度も電話で交渉する羽目になりました。
us396.jpg
     グランドキャニオン by tripadvisor




テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリアドライブ旅行  ラスベガス  レンタカー 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

レンタカーの保険ですが 

Posted on 01:02:21

さていよいよレンタカーを返す時間。
5時にオフィスが閉まると言うので、
4時半ごろには行くつもりでいました。

まず洗車場に行って車を洗います。
余りも汚いと掃除をするくせに
追加料金を取れることがあります。
車内の掃除も必要なので、
セルフサービスの洗車場で洗いました。

普段はガソリンを満タンにして、
レンタカー会社に返却しますが、
今回はガソリンが半分だったこともあり、
入れなくても良いと言う条件でした。
オフィスまで走れるだけの
ガソリンは残っているようです。

問題は車体の破損ですね。
一応保険の規約を見てみると、
この車一台分はカバーされています。
修理代がいくら高いと言っても、
車より高くつくことはないでしょう。

後で高い金額を請求されるのは、
私たちにとって一番嫌なこと、
そのために必ず保険には加入します。
今回は車体のみの損失ですが、
人身事故でも起こしたら
アメリカは裁判沙汰になります。

レンタカー会社の保険もありますが、
インターネットで予約をするとき、
予約サイトが進める保険がありました。
値段を比較してみると、かなり安かったです。
車体の一部の損傷ですから、
加入している保険でカバーされるはずです。
us395.jpg
     グランドキャニオン by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカドライブ旅行  ラスベガス  レンタカー 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ラスベガス最後の日は、、、まったりと! 

Posted on 01:02:47

その日はラスベガス最後の日でした。
ギリギリまでドライブするつもりでしたが、
体をゆっくり休めるためにも、
余裕を持って戻ってきました。

観光地はホテルが高いので、
ラスベガスに泊まった方が安くつきます。
それが本音だったかもしれません。
ホテルを予約して確保しておけば、
何時に来ても泊まれますからね。

その日は夕方に車を返すまで、
周辺を観光することもできましたが、
長旅の疲れも残っていたので、
のんびりすることにしました。

ラスベガス周辺にも見どころはあります。
欲を出せばデスバレーも行けましたが、
一週間毎日500kmは走っていたので、
もう運転する気力はありませんでした。

ただホテルをチェックアウトすると、
ゆっくりする場所がありません。
そんな時は図書館が一番便利です。
インターネットは無料で使える、
追い出されることもありません。

前住んでいた場所に行ってみたり、
働いていた場所を訪ねたりして、
私のラスベガスを紹介しました。

結局ラスベガスにある
二つの図書館を訪ねました。
どちらも大きくてのんびりできますが、
冷房が効きすぎているので、
暖かい服装で行くのが良いです。
us392.jpg
      ホテルベラジオ by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカドライブ旅行  ラスベガス  図書館 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

スティールドラムに合わせて踊ってみた 

Posted on 01:02:26

フリーモントストリートエクスペリエンスでは、
無料のコンサートも行われます。
私たちが行った時も大きなステージで
少しは有名な人が歌っていたようです。

でも私が大好きなのはバスカーを見ること。
歌手やキャラクターの衣装を身に着け、
一緒に写真を撮ってチップをもらう人たち。
なかにはきわどいコスチュームで
おじさんをターゲットにする女性も、
でも「売春」は禁じられています。

私が大好きなのがスプレー缶アーティスト、
いとも簡単にスプレーしているようですが、
その絵の完成度はかなり高くて、
「スプレーだけで」とは思えません。
次から次へと絵が出来上がります。

何処からともなくスティールドラムの音が。
私はこの音色が好きなんですよ。
このおじさんも長年ここにいますね。
いつも真っ白な衣装を身に着けて、
ドレッドヘアにしていますが、
年齢不詳の結構な年の方です。

彼の出身もカリブ海なのでしょうか?
ノリノリのリズムを奏でてくれます。
体がうずうずしてきましたね。
そして次の曲は「カリビアンクイーン」
もう私の体を止めることはできません。

おじさんのドラムの前で踊りだします。
そこには私とおじさんのドラムのみ、
誰にも遠慮することはありません。
でも終わった時周りにはたくさんの人、
動画や写真を撮っている人もいました。
us391.jpg
     ホテルフラミンゴ by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカドライブ旅行  ラスベガス  ダウンタウン 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ