FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

バルチモアのユースホステル 

Posted on 01:04:38

ダウンタウンにあるユースは、
昔の建物を改造してあり、
落ち着いていてとても清潔でした。
まだチェックインできないけど、
シャワーを浴びさせてもらったり、
荷物を預かってもらうことができました。

1階には食堂とキッチンがあり、
いつでもコーヒーが飲めるようなっています。
ちょっと自分の家のいるような
ゆっくりと落ち着けるユースでした。

最近は写真を見ながら、
ホテルを予約することができますが、
周辺やホテルの雰囲気はわかりません。
行ってみて落ち着ける所は嬉しいです。

チャールストン、ナッシュビル、
そしてバルチモアと続けて、
ゆっくり寛げるユースでした。

バルチモア市内には、
無料のバスルートがありました。
これに乗ると大抵の所が行けます。
お陰で貧乏旅行は大助かりです。

治安が悪い時代もあったようですが、
今は観光に力を入れているのか、
市内も古い建物を取り壊さず、
再開発して生き返っていました。

歴史の街にある街にやってきて、
新しいビルばかりでは落胆します。
改築の方がお金がかかるにしても、
古き良き時代は残して欲しいです。
この街もすぐに好きになりました。

baltimore[1]
バルチモアの風景 by Flickr

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - メリーランド  バルチモア  ユースホステル 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ナッシュビルのユースホステル 

Posted on 01:02:25

その日の夕方到着したのは、
カントリーで有名なナッシュビルでした。
テネシー州都で2番目に大きな街ですが、
古い建物を改造して残しているので、
大都会という雰囲気はありませんでした。

ちょっと遅かったのもありますが、
ターミナルから近いのでタクシーを利用しました。
その時に利用したダウンタウンユースホステルは、
外観は古い倉庫を改造したものですが、
その年にオープンしたばかりでした。

フロントがあるロビーの階は
天井が高く椅子とテーブルがたくさんある
コミュニティー広場になっていました。
その1画にキッチンもあり、
料理を作って食べることもできます。

読書やインターネットをする人、
食事をしたり、お茶を飲んだりする人、
ビールを飲んでいる人たちもいて、
宿泊者の憩いの場になっていました。

今回は2段ベッドのドミトリーでしたが、
部屋だけでなくシャワーやトイレも
カードキィーで開けなければなりません。
清潔で安全なホステルは嬉しいですよ。

場所はカンバーランド川の近く、
前は公園になっていて気持ちも良かったです。
ダウンタウンの中心となる
ブロードウェイまで1ブロックでした。

「ミュージックシティ」という
愛称があるナッシュビルですが、
ミュージックシティーホステルは
このユースホステルと同系列です。

s_nashville[2]
     ナッシュビル by Flickr

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ナッシュビル  ユースホステル   
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

北欧旅行を安く上げるコツ 

Posted on 01:01:51

オスロも北欧の他の街にもれず
物価はそれなりに高かったですね。
ビール1杯8ドル、サラダが10ドルなど
簡単な夕食でもちょっとした値段になります。
今のシドニーの物価と変わらないけど、
知らない街は安い所を探すのが大変です。

東京は物価の高い街と言うイメージがありますが、
日本語が読めて、裏通りの店を知っている人なら、
まだ1000円で食べれる所を探せます。
歌舞伎町周辺の居酒屋が私のお気に入りですが
ひとり2000円で飲めて食べれます。

北欧の各都市では安い食堂は見つかりませんでした。
安いイメージのあるマクドナルドも、
ちょっと食べれば10ドルぐらい行きましたよ。

ユースにキッチンがあれば作ることもできます。
スーパーで買物をしてサンドウィッチを作ったり、
缶詰のスープを温めたりすることも可能でした。

交通費、宿泊代、食事代を切り詰めるのではなく、
なるべく安く上げることが旅のコツです。
特に物価の高い所に来たら、
スーパーで買って自分で食事を作ると、
これ以上節約できることはありません。
ついでに翌日のランチも作っておけば、
昼間レストランを探す必要もありません。
時間とお金の節約にもなりました。

夏は天気が良く、気持ちも良いので
公園でピクニックするのも良いです。
また各都市には市場もあって
新鮮な果物もたくさん売っています。
ここでビタミンを補給することも忘れずに、、。

ちょうどサクランボがおいしい時期でした。
値段的にも手頃だし、何処でも食べれます。
さやえんどうを売っていましたが、
それを生で食べているのは驚きました。
さやからマメを出してそれを生で食べます。
いろんな野菜を生で食べれる私ですが、
生のさやえんどうだけは挑戦したくないです。

hokuo096l.jpg
     オスロ市内 by wiki

観光情報
スカンジナビア観光局 日本語
ノルウェーの観光局 英語
http://www.norway.org/travel/
ユーレイルスカンジナビアパス




私の訪問国 102カ国目
ノルウェー

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - スウェーデン  ユースホステル 
ヨーロッパ  |  -- trackback  | 4 comment |  edit

△page top

スカンジナビアは夏に旅行すべき 

Posted on 01:01:11

ヨーロッパに何度も旅行に来ました。
ドイツで暮らした時も旅行したけれど、
その後も自分で旅行する機会がありました。
しかしスカンジナビアが最後になった理由は、
物価が高いこと、冬は寒すぎることなどがあり、
長いこと旅行する機会を逃していました。

しかしいつまでも残して置くわけにはいきません。
ロシアが個人旅行しやくなったこともあり、
今回スカンジナビアに足を延ばしたわけです。
大都市間は簡単に移動することができますが、
小さな都市に行くには時間がかかりすぎます。
冬の間は列車さえ運行していない所もあります。

夏に旅行する得点としては、日照時間が長いために
一日を二日分ぐらいに楽しめます。
安いからと言って冬に旅行すると、
観光時間も短いし、お店も早く閉まります。
一度しか行かないなら夏に行くべきですね。

夏は殆ど白夜に近いスカンジナビア
夜10時過ぎないと日が沈みませんでした。
そして夜中に目が覚めると
2時過ぎにはもう夜が開けていました。

最初寝付くのにちょっと問題がありましたが、
一日歩き疲れて来ると誰でも眠れます。
寝る時間が少し短くなるかもしれませんが、
まあそれは旅行している時の常です。

夕食が終わってからでも明るいのは嬉しかったです。
もともと治安の良い所ではありますが、
夕食が終わってからホテルに戻るのに、
明るいと安心して帰れますよね。
遅くてもたくさんの人達が散歩しているので、
まだまだ観光気分を楽しめました。

スカンジナビアは物価が高くても
ユースホステルがとても充実しています。
年配の方でもたくさん泊まっています。
船やお城などユニークなユースが点在しています。
バッパーにとってはこころ強い見方です。


3644-20120522020735.jpg
  オスロのYH by hostel booker

観光情報
スカンジナビア観光局 日本語
http://www.visitscandinavia.org/ja/Japan/Scandinavia/
デンマーク観光局 英語

http://www.visitdenmark.com/denmark/tourist-frontpage
ユーレイルスカンジナビアパス

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - スカンジナビア  ユースホステル 
ヨーロッパ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

地図にあるけど現存しないユースホステル 

Posted on 01:00:29

リトアニアからポーランドへは
国際夜行バスにのって移動しました。
ポーランドももちろんビザのいる頃です。

ポーランドの首都ワルシャワ
三か国に比べても大都会でした。
路面電車が市内を走っておりドイツのようでした。
もちろんドイツに比べると建物など見劣りしますが、
以前行ったルーマニアやブルガリアに比べてると、
とても華やかな雰囲気がありました。

ルーマニアやブルガリアに行ったのは真冬
ポーランドに来たのは真夏だったために、
雰囲気が違って見えたのかもしれません。
ドイツだって冬に見たら寂しく見えますからね。

バスターミナルから観光局に行き、
ここで地図をもらい、ユースの場所をたずねて、
それほど距離がなかったので歩いて行きました。

ところが、そこ行っても大きな建物があるだけで、
どう見ても、ユースにもホテルにも見えません。
何処かのオフィスのような建物でした。
念のためにドアベルを押しても返事もしてくれません。

ユースが移ったのか、地図が間違っているのか?
観光局の人がウソをつくわけありませんよね。
困って途方にくれているとひとりの女性が来ました。
彼女も私と同じツーリストで、20代ぐらいでした。
やはりユースを尋ねて来たようです。

今更何処にユースが移ったのかもわからないし、
仕方ないので彼女に相談して近くのホテルで、
部屋をシェアーすることにしました。
お陰でユースと同じぐらいで泊まることができました。
二人ともポーランド語もロシア語も話しません。
でもひとりより二人、言葉の通じない国では、
英語が話せる人は天使に見えますね。

800px-Warsaw_-_Royal_Castle_Square.jpg
  ワルシャワの旧市街 by wiki

観光情報
ポーランド政府観光局 日本語
http://www.poland.travel/ja
ワルシャワツーリストインフォメーション 英語
http://www.warsawtour.pl/en
ワルシャワのユースホステル


私の訪問国 86カ国目
ポーランド


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ポーランド  ワルシャワ  ユースホステル 
ヨーロッパ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ