地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ロスのユニオンステーション

ロサンゼルスで私が一番好きなのは、
ユニオンステーションの建物です。
以前住んでいた頃は殆ど利用しなかったけど、
現在ロサンゼルスに行くと最低数回行きます。

まず空港に向かうシャトルバスが出ること。
ラスベガスに行くとき使う安いバス、
Mega Busがここから出発します。
そして私の友人を訪ねるときは、
ここから電車に乗らなければなりません。

駅の周辺にはたくさん広場があり、
ちょっと一息つくのにも良いですね。
駅の中にあったファミリーマートも利用しました。
残念ながら現在は他の系列になりましたが、
おにぎりは現在でも販売しています。

駅構内にはスターバックスがあり、
無料のWi-Fiを利用することができます。
ただ店内は狭いので長居はできません。

以前は構内にある椅子に座って、
友人と待ち合わせをしたものです。
昔の面影がそのまま保存されているので、
落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。

ところが疲れた体を癒しに来て、
そのまま長居する人が多くなったのでしょう。
セキュリティーがたまにやってきては、
アムトラックの乗車券を確認するようになりました
もし乗車券持っていないのが見つかると
その椅子から追い払われることもあります。

夜行バスで早朝に到着したことがありました。
駅は安全を考慮して、始発の電車がでるまで
ドアをしめて中に入れてもらえませんでした。
コンビニは24時間営業をしていますが、
アムトラックの乗車券さえ持っていれば、
駅構内に入れてくれるようです。

Union-Station-Main-area[1]
    ユニオンステーションの構内

ワシントンに日帰り旅行

翌日はワシントンに日帰り旅行をしました。
ワシントンに泊まりたいと思ったのですが、
首都だからなのか宿が高いのです。
特に観光したいものもないので、
日帰りで行ってみることにしました。

バルチモアからワシントンまでは、
グレイハウンドバスで1時間ほどです。
他にもバス会社はあるようですが、
これなら簡単に行くことができますね。

ワシントンのバスターミナルに到着すると、
ユニオンステーションまで10分歩きました。
その駅の堂々たる姿にびっくりしました。
さすがアメリカの首都だけのことはあります。

1907年にオープンしたこの駅も、
第二次世界大戦後は鉄道の衰退のため、
経営困難となり解体される予定でした。

1976年に米国建国200周年にあわせ、
国立観光案内所としてオープンしましたが、
完成が遅れたために宣伝することができず、
入場者は低迷だったそうです。

1978年に案内所が閉鎖されると、
このビルも廃墟となってしまいましたが、
保存・再開発することが決まり、
1988年リニューアルオープンとなりました。

地下におしゃれなレストランだけでなく、
寿司ロールやサンドウィッチなどが
簡単に買える店が並んでいます。
地下鉄、通勤電車も乗り入れているので、
観光客だけでなく通勤乗客も、
ここで買い物をすることができます。

attachment-image-74507d4d-ce99-4d9e-ba9b-5b7dfd3c8dec[1]
ワシントンユニオンステーション by wiki




初めてのAmtrak その2

シアトルから乗った列車は
Coast Straight と呼ばれていました。
36時間聞いただけでも気が遠くなりそうです。
東京からLAまで飛行機で一往復半できます。

私が初めて乗った大韓航空の南回りと一緒。
スイスからソウルまでの間に給油も含めて
ドバイ、マニラ、台北に停まりましたよ。
列車だから窓の景色がきれいですが。

シアトルを出てカルフォルニアに入るまでは、
とてもきれいな景色が続いていました。
大きな雪を頂いた山が消えては
しばらくするとまた現れます。

飛行機の約10分が列車の2時間。
飛行機で次から次へと見える景色も
列車だとかなりの時間が掛かります。

自分で選んだとは言え何のために?
景色を見ては寝て、起きては食べていました。
地図で自分の位置を確認しながら、
のんびり過ごすのもたまには良いかしら。

今は列車の中でインターネットも楽しめるようです。
電源もちゃんと用意されているようなので、
友達に連絡を取ることもできますが、
当時は何の楽しみもなく過ごしていました。

かといって電車では友達もできません。
皆さん二人旅が多いですからね。
飛行機に比べて動けるので体は楽ですが、
流石に寝過ぎで体が痛かったです。
たまに起きて歩くことも必要ですね。

こんなに乗っていると食事も嫌になります。
中米のように押し売りがありません。
自分で食堂車に買いに行くしかありません。

一日目は作ってもらったおにぎりや弁当で
充分その日の夜まで過ごせましたが、
二日目は美味しくないサンドウィッチを食べました。
食堂車は値段も高いので行きませんでした。
それに私の食べれるメニューもないし。

だらだらと過ごした列車の中ですが、
ユニオンステーションに到着です。
今のように駅構内は賑やかではなかったので、
カズさんの顔が見えた時は安堵しました。

ust871.jpg
        LA Union Station






旅行情報
アムトラック
http://www.amtrak.com/servlet/ContentServer?pagename=Amtrak/HomePage



World Traveler Alaska

該当の記事は見つかりませんでした。