FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ドライバーガイドがついた専用車


2番目に見積もりを頼んだ旅行会社は、
人数に応じて専用車を手配できました。
はっきりと人数は確定していませんが、
バンフからジャスパーまでの移動も、
200ドルプラスでやってくれました。

ジャスパーからバンフまでは約300km
最低でも3時間半ぐらいかかります。
これをプラス約2万円でやってくれるとは、
ガソリン代とガイドさんの給料だけですね。

レンタカーをカルガリーで借りて、
ジャスパーで返すことを考えたら、
乗り捨て代だけで5万円ぐらいでした。

ロッキー山脈のハイウェイ―で
ミニバンを運転するのも怖いけど、
荷物をどう積めるかも問題ですが、
雪が降る可能性もありました。

私がバンフに住んでいたころは、
ドライバーガイドの経験もありますが、
運転していたのは大型のセダンまで、
ミニバスやバンは運転しませんでした。

こうやって見積もりが出てくると
ツアーに必要な経費が把握出来ました。
それぞれの予定に合わせて、
チャーターバス、タクシーと
レンタカーを組み合わせしました。

バンクーバー市内では、
バスやフェリーも利用するつもりです。
もちろん何処に泊まるかによりますが、
地元に暮らしているように過ごせば、
ツアーでは見えない現地が見えますね。
cnd028.jpg
  カナディアンロッキーを通る道路

ミニバス会社は他にもありますよ

私がいた旅行会社の見積もりが高かったので、
バンフにある別の会社を探し始めました。
手術するにもセカンドオピニオン。
私なんてミニバスチャーターと決めても、
他に安い手段はないかといろいろ探しています。

現地でミニバスを持っているのは、
タクシー会社が多かったですね。
バンフにやってくる観光客は
大きなバスツアーでやってくるか、
定期観光バスを利用する人が多いです。
私のようにツアーを頼むのは少ないようです。

もちろん担当者の方にもメールを書きました。
「香川さん、ロッキー初めてのお客さんなら、
日本語を話すガイドも必要でしょうが、
私は仮にも英語は問題ない元ガイドですよ。
それに何度もバンフに戻っています。
英語のドライバーでも案内できますが」

結局他の日系人のバス会社を見つけました。
この会社は私がいたときはなかったです。
ハイキングなどのアウトドア―を中心に、
パッケージツアーで行けない場所や、
個人旅行の観光客を案内しています。

この会社がやっているツアーにも参加できますが、
7人ぐらいいたらチャーターした方が割引です。
もし参加人数が7人集まらなかったら
ひとり分の負担が増えることになります。

料金は前に頼んだ会社よりもかなり安く、
日本人のドライバーガイドなので、
私がガイドする必要もありませんでした。
そして観光日は昼食付でした。
現地の観光は昼食なしが多いので、
昼食付の料金は魅力的でした。
cnd025.jpg
   カナディアンロッキーにある湖



ガイドを別に雇った方が良いですよ

私が働いていた旅行会社の担者から
もらったバス代の高さにびっくりしましたが、
「ガイドを雇った方が良いですよ」
と書かれていたのにはもっと驚きました。
驚きというより軽い怒りでしたね。

「あれから30年も過ぎているので、
観光地の内容もかなり変化していますので、
ガイドを雇った方がスムーズにいきますよ」
と言ったような内容でしたね。

そしてガイド料金が驚きの値段でした。
4日で20万円ぐらいしましたね。
ガイドにいくら給料を払っているのかしら?
もちろん旅行会社の取り分もありますが、、。

バンフにはドライバーガイドがいます。
それなのにガイドを別に雇えというのです。
私はガイドを雇うつもりはありませんでした。
ドライバーさんが運転させしてくれれば、
私がガイドをするつもりでいたからです。

コロンビア大氷原の雪上車観光など
あのころと変わっている部分はあるでしょうが、
ロッキー山脈は私がいたころのままですよね。
高山植物の名前は一部忘れましたが、
山・川・氷河・湖そして野生動物など、
観光で行く場所の名前は今でも覚えています。

インターネットという便利なものがあるので、
観光する前に予習をすれば思い出せます。
それなのに別に雇えと言うのですから、、、
本当にこれが元ガイドに対する返事ですか?
それに安くしてあげると言われた割には、
シドニーの料金と比べても高かったです。
cnd024.jpg
   カナディアンロッキーにある山

専用車の見積もりをお願いすると

日本からのパッケージツアーでは、
私が予定している旅程をカバーできません。
そこでミニバスをチャーするつもりでした。
車いすの人もいて仲間同士の旅行なら
やっぱりチャーターした方が良いですね。

レンタカーでは車の返却方法だけでなく、
誰が運転するかが問題になってきます。
観光バスだと自由行動がとれません。
一番安全な方法でかつ安くできるように、
旅行計画を立てるつもりでした。

カナディアンロッキーで必要だったのは、
空港からバンフまでのトランスファー
ヨーホー国立公園の観光
バンフからはジャスパーまでの観光、
そしてマリーンレイクまでの往復と
駅までのトランスファーでした。

ミニバスの見積もりをお願いすると、
結構高い値段が戻ってきました。
それだけで一人分20万円以上
これでは予算オーバーですよ。

ネックになるのがジャスパー観光です。
ドライバーはバンフがベースなので、
移動日に宿泊するホテル代と食事代、
ジャスパーからバンフまでの移動分も
私たちが負担しなければなりません。

ジャスパーの観光を頼むかどうかで、
バス代が2倍ぐらい違いましたね。
これならバンフとジャスパーを切り離して
旅行の計画を立てるしかないようです。
実際に旅行会社に問い合わせると、
いろいろと変更が必要になってきました。
cnd023.jpg
   カナディアンロッキーにある湖




該当の記事は見つかりませんでした。