FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ブランド品の本物、ニセ物 

Posted on 01:16:48

ルイヴィトンは基本的に世界同一値段。
パリで買っても安いわけではありません。
沢山買えば返還される税金分だけが安くなりました。

当時本物のルイヴィトンの製品は
直営店でしか買えないと言われていました。
しかしオペラ座通りの免税店でも売っていました。
お店には免税店と書いてありましたが、
日本人が経営しているギフトショップのことです。

直営店以外で売っているのは偽物でしょうか?
日本のアメ横でも売っているのを見かけましたが。
韓国で売っているような偽物ではないようです、
何処でこの製品は作られているのでしょうか。

これは添乗員時代にある人から聞いた話ですが、
これらの品物は偽物ではないけれど、
正規の流通品ではないと言うことです。

ルイヴィトンを何処で製造しているのでしょうか。
あのお店で作っているわけではありませんね。
これも下請けが製造しているわけですが、
ここが沢山つくって横流しをしているそうです。

ルイヴィトンとおなじ品物をつくっているけど、
正規の流通では流せない品物なので、
お値段の方も少し安くなっていると聞きました。

最近はインターネットで堂々と偽物を売っています。
偽物は法律では一応禁じられているのに、
販売しても法律で処罰されないのでしょうか?
ブランド品に興味のない私には関係ありませんが。

あの頃唯一ブランド品に拘ったのはペンでした。
モンブラン、クロス、それほど高級ではありませんが、
それらのブランドの中でも高い方を使用していました。

バッグよりペンなどに興味があるなんて、
まるで男性のような性格だと言われました。
今やペンを使わないネットでメールの時代、
そんなペンもお蔵に入って使う機会もありません。

soppo.jpg
   パリ オペラ座通り by shopparis

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ヨーロッパ  ブランド品 
添乗員  |  -- trackback  | 4 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ