FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

オーロラ写真家「金本さん」 

Posted on 01:02:52

日本からチャーター便が来ている期間は
写真家の金本さんがここに滞在します。
もう何年もアラスカにやってきて、
オーロラの写真を撮影されています。

ここではオーロラ観察に来た旅行者に
写真撮影の方法を教えたり、
自分で撮影した写真を販売しています。

もちろんそれでは商売にならないでしょうが、
ここに滞在することにより
オーロラが出現するのを待ちながら、
シャッターチャンスを狙っています。

もちろんここだけは撮影に限度があるので、
チャーター便の期間以外の時は、
自分で車を運転して旅行しながら、
アラスカ各地で撮影されています。

ガイドさんの中にもカメラマンがいて、
仕事がないときはアラスカ各地を廻って、
野生動物、大自然などを撮影する人もいます。
日本で写真の展覧会を開いたり、
写真集を出している人もいますよ。

金本さんは写真館を経営していますが、
今は家族の方が後を継いでいるようで、
年に三回アラスカに来て写真撮影、
オーロラ写真家として有名です。

その写真でカレンダーが製作されたり、
企業のポスターや宣伝に使われています。
FBでいつもオーロラの写真を拝見しますが、
どんな時も気持ちがすっきりします。
これからも素晴らしいオーロラと
巡り合えることを願っています。
ak151.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  フェアバンクス  オーロラ写真家 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

水道は通っていません 

Posted on 01:04:16

私が働いていたアンカレッジの旅行会社
寮としてアパートを持っているだけでなく、
フェアーバンクスの郊外には
大きな一軒家を所有していました。
そこはオーロラ観察場として使っていました。

島村さんは私たちをそこに案内して、
オプショナルツアーで来たときに、
ガイドとして何をするか教えてくれました。
人数が少ないときはドライバーガイドのみ、
私たちが来ることはないでしょうが、
何をするのか知る必要はありますね。

まず鍵を開けて室内に入る方法、
お客さんが来たときにどうするのか。
飲み物やクッキーの準備の仕方、
オーロラの観察の誘導方法など
丁寧に詳しく教えてもらいました。

ひとつだけびっくりしたのが、
水を計るように言われたことです。
家の近くに水タンクがありますが、
もし量が低いときは業者に電話して、
水を補充してもらう必要があります。

フェアバンクスの郊外には水道がなく、
業者から水を買うことになります。
飲む以外にもシャワーやトイレなど
水はたくさん使いますからね。

この水を飲むこともできますが、
コーヒーの味が悪くなると言うので、
湧水を汲みに行くことしました。
車なら30分足らずでしたが、
湧水が出ている所があります。
行くとたくさんの人たちが、
大きなタンクで汲みに来ていました。
ak148.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  フェアバンクス  オーロラ観察 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

フェアバンクスの市内観光は? 

Posted on 01:01:53


島村さんが最初に連れて行ってくれたのは、
会社の寮かも近いフェアバンクスの駅でした。
デナリ~フェアバンクス間の列車を
利用することは少ないそうですが、
一応場所だけは知っておく必要があります。

次にフェアバンクス空港に行きました。
アンカレッジと異なり小さい空港ですが、
夏には国際線も運航しています。
アンカレッジと異なり研修も簡単、
チャーター便の時はアシストが付くので、
迷うことなく誘導できるそうです。

フェアバンクスの観光案内は殆どなく、
利用するホテルを中心に回りました。
一番利用するソフィーステーションは
空港から10分足らずの所にあります。
これでは観光なんてできませんよね。

そして市内の中心地となる、
「ゴールデンハートプラザ」に行きました。
アラスカが州に昇格して25周年を記念して、
この広場の建設が決まりました。

フェアバンクスはアラスカのほぼ中心に位置し
ゴールドラッシュで栄えた街です。
そのふたつを掛け合わせて命名されました。

近くには観光案内所もあります。
夏になると広場にはお花が咲き乱れ、
白夜の頃にはこの辺りを中心に
フェスティバルが開催されます。

ホテルやレストランもこの近くにあり、
フェアバンクスの憩いの場と言えますね。
ここに座ってゆったりと流れる
アラスカの時間を楽しんでください。
ak149.jpg
     アラスカの野生動物 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  フェアバンクス  市内観光 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

皆で使うシーツですが、、 

Posted on 01:01:46

島村さんによる研修最後の日は、
フェアバンクスの研修です。
智子さんは朝早く起きてご飯を炊いて、
残った鮭でおにぎりを作ってくれました。
途中で昼ごはんも食べられるでしょうが、
残った鮭が勿体ないと言うわけです。

寮にあった米は「こしひかり」ですよ。
今年春のチャーター便の時期に、
日本から持ってきた米だそうです。
そのチャーター便に乗って来る
添乗員やオフィススタッフが
差し入れしてくれるそうです。

またチャーター便でくる旅行者も
わざわざ食料品を差し入れしたり
残ったものを置いていってくれます。
旅行中に食べるつもりでいたけど、
意外と食べる暇もなかったのでしょう。
そのお陰でシーズン外れの今でも、
寮には食料品が残っていました。

その間私はシーツの洗濯をしました。
ここでは寮を出る前に必ず、
使用したシーツを洗濯すること。
仕事で時間がないときには、
せめてドライヤーに入れおくよう、
島村さんから言われました。

それはアンカレッジの寮も同じ、
私と由香さんは常駐しているので、
自分の部屋にように利用していますが、
仕事でアンカレッジに居ない時は、
他の人が使う可能性もあるそうです。

もう少しきちんとたたんでくれたら
しわにならずに良いと思いましたが、
いろんな人が使っているので、
押し込むだけの人もいるのかな??
ak146.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  フェアバンクス  旅行会社の寮 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

冬のオーロラチャーター便が来るとき 

Posted on 01:00:18

フェアバンクスの寮はオフィス兼ですが、
常時住んでいる人はいません。
冬はアンカレッジよりもフェアバンクス、
オーロラ見学でお客さんが増えます。
その時はガイドの出入りも激しくなりますが、
ガイドのひとりが常駐滞在して、
マネージャーとしてオフィス勤務に当たります。

しかしチャーターが来る3週間は、
アンカレッジのオフィススタッフも、
全員フェアバンクスに移動するそうです。
ガイド全員は泊まり切れないと思いますが、
全員ここでご飯も食べて合宿気分だそうです。

と言ってもオーロラは夜見学するので、
夕食を食べてから出勤するのでしょうか?
戻ってくるのは午前さまになり、
寝るのは朝方から昼間に掛けてですね。

写真を見せてもらいましたが、
皆さんとっても楽しそうでした。
この時期に働くと他の人たちとの
団結心も強くなるのでしょうね。

3週間の短い期間なら
忙しさに感けて働けるかな?
殆ど雑魚寝が駄目という訳でもなく、
夜勤が出来ないと言う訳でもないけど、
マイナス40℃という寒さがね、、、
いくら防寒着を着ても無理でしょう。

オーロラが見たいと言う念願があり、
アラスカに何度も来ているわけです。
今年はフェアバンクスに来るので、
そのチャンスもあることでしょう。
デナリで見た雲のようなオーロラでなく、
光り輝くオーロラに憧れています。
ak147.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 日本語ガイド  フェアバンクス  旅行会社の寮 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ