FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ピラミッドに思いをはせれば、、

私がピラミッドに抱いてた憧れが
大きすぎたのかもしれませんが、
現実のピラミッドをみると夢が壊されます。
それはカイロがあまりにも都会で、
ピラミッドのすぐ近くまで住宅街があること。

ピラミッドはきれいな四角推だと思っていました。
大きな石を積み上げてありますが、
表面には石灰岩の化粧板が施されていたそうです。
ところが遺跡を保護する観念がないころ、
剥がされてカイロ市街地の舗装に使われたそうです。

お陰で現在では階段のようになっています。
しかし長い年月で石は汚れたり、
雨風で侵食してかなりいびつになっていました。
お陰で近くから見るときれいではありません。

しかしこんな大きな石をどうやって運んだの?
クレーンもないのにどうやって積み上げたのか?
その偉大なる謎は、今でも解明されていません。
確かにピラミッドが持つ不思議な力は、
世界中からの旅行者を魅了しています。

現在は上まで登るのは禁止されているそうです。
ピラミッドの破損がひどいのと、
観光客のいたずら書き等を防ぐためだと思います。
しかしひとつひとつの石が大きいために、
そんなに簡単に登れるわけではありません。

ピラミッドの正式な入り口はかなり上にありますが、
観光客が入場するのは地面に近い所からです。
ピラミッドあらしをした泥棒があけた穴を、
そのまま入場口として利用しています。

旅行で知り合った人たちからの助言で
『中は狭くて、暗くて、蒸し熱い』を聞いてから、
入場する意思は薄れていました。
ここまできて思われるかもしれませんが、
ピラミッドは外から見るのが一番です。

5000年前にタイムスリップをして、
ピラミッドを見てみたいと思います。
そのころはカイロから来るのも一日がかり、
ピラミッドを見て感無量になったことでしょう。
それとも市民は近づけなかったかもしれません。

800px-EgyptianPyramidsandSphinx2006.jpg
 ピラミッドとスフィンクス by wiki

観光情報
エジプト観光局
http://www.egypt.or.jp
カイロの日本人宿『ベニス細川家ホテル』
http://www.venicehosokawaya.net

『月の砂漠をはるばると、、』ギザのピラミッドへ

エジプトと言えば『ピラミッド
子供の頃からみたいリストのひとつでした。
『世界の七不思議』のひとつと呼ばれていますが、
これは古代ローマにおける注目すべき建造物だそうです。
フィロンの書いた『世界の7つの景観』の中で選ばれた
古代地中海沿岸にあった7つの巨大建造物をさすそうです。
その中で現在でも残っているのは『ピラミッド』のみ。

『世界の七不思議』は時代ともに変化していますが、
2007年に一般公募で選ばれた『新世界の7不思議』に
ピラミッド』が選ばれていないのが不思議です。
『タージマハル『『万里の長城』や
『コルコバードのキリスト像』が選ばれていますが、
何処も人口の多い国にある建造物です。
一般投票では負けるのも当たりまえかもしれません。
しかし歴史の重さが違いますよね。

砂漠の中にぽつんと立つ『ピラミッド』の写真を見て、
きっとカイロから遠い所にあると思っていました。
ところが実際は住宅街のすぐ側にありました。
子供頃から描いていた夢が崩れて行きます。

カイロからバスで1時間位で到着します。
わずか20kmほどしかありませんが、
この間ずっと住宅街が続いていました。
ピラミッドのすぐ隣まで観光バスが来て、
『月の砂漠』に歌われたイメージはありません。

夢が壊されてちょっとガッカリです。
遠い中東まで来たからには、
砂漠に聳えるピラミッドが見たかったですね。
スフィンクスで遊ぶ子供達がいたり、
自動車の騒音が聞こえたりすると、
ピラミッドに託した夢も現実に引き戻されます。

ベドウィン達がラクダに乗らないかと誘いますが、
実際は歩いて行ける距離です。
ただし日中は暑いので、朝早くか夕方がベストですが、
彼らを写真に納めても、絵にはなりませんでした。

800px-All_Gizah_Pyramids.jpg
   ギザのピラミッド by wiki


観光情報
エジプト観光局
http://www.egypt.or.jp
カイロの日本人宿『ベニス細川家ホテル』
http://www.venicehosokawaya.net





該当の記事は見つかりませんでした。