FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

オーストラリアのワーキングホリデー

bot_aus_ro.jpg


*ビザ取得までのステップチャート
参加可能年齢 18~30歳(申請時30歳であれば31歳での入国が可能)

オーストラリアの場合、HP上からのオンライン申請です。
有効なパスポート(有効期間が滞在予定期間を満たしたもの)と
クレジットカードを用意して大使館のホームページで申請します。
(申請料金A$230はクレジットカード決済のみ。本人名義でなくともよい)

 注1) ビザ発給通知書(Visa Grant Notification)は
 申請時に指定した方法 (E-mail/郵送)で届きます。
 健康診断受診が必要な場合もあるので注意して下さい。

 注2) 電子上で許可されるビザのため、
 入国の際、入国審査官にパスポートを提示するだけ。
 ただし、念のためビザ発給通知書のコピーは所持しておいた方がよいでしょう。


ビザについて

【 目的 】
 ワーキングホリデービザは18歳から30歳までの協定締結国の国民に対し、
 12ヶ月間オーストラリアで休暇の機会と、
 その資金を補うための一時的な就労の機会を与える制度です。
 重要:申請日に18歳以上で31歳になっていない事。

【 ビザの条件 】
 最高12ヶ月まで滞在可能
 ビザ有効期限内は出入国が何度も可能
 1雇用主のもとで最高6ヶ月就労可能
 就学またはトレーニングが最高4ヶ月まで可能

ビザ申請対象
1回目のワーキングホリデービザ

【一般条件】
 申請日・ビザ発給日ともにオーストラリア国外にいること。
 ワーキングホリデービザで以前に入国したことがないこと。
 申請日に18歳以上31歳になっていないこと。
 オーストラリアに12ヶ月以上滞在する意思がないこと。
 扶養する子供が同行しないこと。
 
【健康診断】
 すべての申請者は健康上の基準を満たす必要があり、
 状況に応じて健康診断が必要となります。
 健康診断はビザ審査が判断される以前に受診しなくてはなりません。
 健康診断費は申請料金に含まれておりません。

【人物審査】
 ビザを発給する条件として人物審査の基準をみたしていなければなりません。

【資金証明】
 滞在費として十分な資金を保有していることが条件です。
 原則として5000豪ドルを十分な資金とみなしています。
 しかし、個々の滞在期間にもよるため、帰国や出国の為の
 航空券または航空券を購入する資金は用意すべきです。
 場合によって、資金証明を要求されることがあります。


【滞在の延長について】
 2回目のワーキングホリデービザを申請するためには、
 1回目のワーキングホリデービザにて滞在中、
 オーストラリア地方地域内にて3ヶ月間季節労働に従事した証明が必要です。

 2回目のワーキングホリデービザ:申請条件
 2005年度11月1日より、
 以前にワーキング・ホリデービザでオーストラリアに滞在中、
 3ヵ月以上オーストラリアの地方地域にて季節労働に従事した人であれば、
 2度目のワーキング・ホリデービザを申請することができるようになりました。


【申請料金】
 参照: Charges(Fees)-Visiting Australia

【申請方法】
 日本在住の方は、インターネットで申請を行わなくてはなりません。


>>e-Visa申請時に必要なもの

1. 有効なパスポート
 滞在予定期間を満たしていない場合は、居住地を管轄する
 パスポートセンターに相談し、滞在予定期間を満たした
 パスポートを取得してからeVisa 申請を行ってください。

2. クレジットカード
 申請料金(230豪ドル)はクレジットカード決済のみとなります。
 Visa, MasterCard, American Express, Diners Club International,
  JCB が使用可能。自分名義でなくても大丈夫です。

 ワーキングホリデービザ申請方法:
  Online application for Working Holiday Visa

社団法人日本ワーキングホリデー協会HPより
なおオーストラリア大使館のHPには、
ワーキングホリデーに関する日本語の情報は殆どありません。
申請などすべて英語になりますので、こちらのHPをお薦めします。

asimage1.jpg
    地球のおへそ エアーズロック


関連カナダのワーキングホリデービザ
  ニュージーランドのワーキングホリデービザ
  台湾のワーキングホリデービザ

注意点に関しては続きをご覧下さい。

台湾

Gremz: ゴミ分別

12月のクリスマスが終わった翌日に、
ソウル経由で台湾に出発しました。
二冊目のパスポートは赤色。何処からでも目立ちます。
パスポートの写真は今回からカラーでしたが、
どうしても日本人には見えないようで、
何処の入国審査でも何度も見返えされました。

台湾ビザは旧パスポートについていたので、
二冊持って行かなければなりません。
私にとっては前回のソウル以来、二つ目のアジアの国です。
と言っても今回は一泊だけで、
ビザの方が高く着いたかもしれません。

ホテルは予約してなかったので、空港で予約してもらい、
そのあと空港バスで台北市内まで行きました。
一泊だけで評価することは難しいのですが、
ソウル以上に日本に近い気がしました。

漢字で表記されているので、
街を歩いていても、あまり違和感がありません。
料理もあっさりとしていて、私たちの口にあいます。

都会の町並みしか、その時は見ませんでしたが、
気温も含めて、風景とか雰囲気とか、
息をしているときの空気が、九州に似ているのです。
多分私には、北海道の方が違和感あるかもしれません。

台湾でもその頃カラオケが流行始めて居ました。
夕食に入ったレストランのママさんが、
日本人と知るや、カラオケの歌の本を持って来ました。
そして、片言の日本語で歌うように薦められました。

しばらく日本にいないので、新しい歌はわかりません。
テレサテン、欧陽菲菲などが活躍していましたからね。
私が彼女達の歌を日本語で歌うと、彼女も一緒に歌います。
日本語でどう歌うのか興味があったみたいです。
夜遅くまで歌いあかしました。
台北の思い出はそれだけですが、とても楽しかったです。

yoruichi1
        台北の夜市

私の訪問国  20カ国目
台湾

台湾の最新観光情報は続きからをお読み下さい。

インターナショナル・ユース・プログラム

インターナショナル・ユース・プログラム (パートナー団体)

ワーキングホリデーの他にも、日本の若者を対象とした
インターンシップとボランティアのプログラムがあります。

各プログラムの参加者は、ワーキングホリデープログラムと同様に
日本円で150カナダドル相当のプログラム参加費を下記の指定口座に振り込み、
振込明細のオリジナル原本を申請書類に添付してください。

大使館レートの変更により、プログラム参加費の換算額は変わります。
振込時の日本円換算額は、ワーキングホリデープログラム募集要項の
「プログラム参加費」のページをご参照ください。

金融機関名: シティバンク銀行
支店名(店舗コード): 本店(730)
科目: 普通
振込先氏名: CANADIAN EMBASSY
口座番号: 7645782

 申請方法は、それぞれのプログラムの日本のパートナー団体にお尋ね下さい。

qw.jpg


IAESTE インターンシップ・プログラム

IAESTE

IAESTEとは、理工農薬学系学生のための国際インターンシップを仲介している
非政府組織で、1948年に創立され、現在、世界80カ国で活動しています。
1964年に日本委員会が発足し、インターンシップを通して
学生の国際交流を推進しています。

専攻分野に関する職業実習を希望する大学生を対象としており、
カナダでインターンシップを経験することができます。
日本では、社団法人日本国際学生技術研修協会 (IAESTE JAPAN)
がこのプログラムの窓口となっています。




シャンティエ・ジュネス・ボランティア・プログラム

シャンティエ・ジュネス

シャンティエ・ジュネスは、1980年設立のカナダ・ケベック州の非政府組織で、
世界32カ国とボランティア・プロジェクトを推進している団体です。
2002年から日本人のボランティアも受け入れています。

カナダで個人もしくは団体プロジェクトに参加を希望している
18~30歳の方が対象です。
日本では、特定非営利活動法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
がこのプログラムの窓口となっています。


文はカナダ政府のサイトより引用

尚これらのプログラムはカナダ以外の国でも取り扱っています。
他の国に行ってみたい方は、日本の窓口になっている
パートナー団体のサイトを確認して下さい

カナダのワーキングホリデープログラム

bb111


私は永住権をとってカナダに移民しました。
カナダの永住権に関しては、永住への道を読んで下さいね。
今日はカナダワーキングホリデープログラムについてお話します。

またワーホリ以外にもユースのためのプログラムがいくつかありますので、
そちらもあわせてご覧下さい。インターナショナルユースプログラム

カナダのプログラムが始まったのは、1986年3月1日でした。
毎年ビザ発給枠がありますが、 2010年度は7,250人です。

概要

カナダ/日本ワーキングホリデー協定は、
日本とカナダの若者が、就労により滞在費や旅行資金を補いながら、
互いに相手国を最長1年間訪問し、その滞在を通して相手国の文化に親しみ、
カナダ及び日本について理解を深めることを目的としています。

従って、フルタイムの就労を目的とする場合は、
ワーキングホリデーではなく就労許可証を申請してください。
ワーキングホリデー就労許可証が発給される為には、カナダの移民法の要件と、
ワーキングホリデー協定の要件の両方を満たさなければなりません。

2010年の許可証発給の通知書発行数の定員枠は7,250人に決定しました。
カナダ政府は相互協定に基づき、在日カナダ大使館にて移民法及び、
プログラムの要件を満たしたす申請者に対し、
ワーキングホリデーの就労許可証を発給します。
申請受付は許可証発給の通知書の発行数が枠を満たした時点で
打ち切られますので予めご了承ください。

日本を含む全世界からのワーキングホリデープログラム参加者に、
150カナダドルのプログラム参加費(PPF)が課金されます。
これは、査証申請料ではなく、プログラム参加費です。

カナダ大使館・広報部は、ワーキングホリデープログラムの統括部として、
査証部と連携しプログラムの運営に当り、情報提供、
申請書受付と予備審査をいたします。

申請書の本審査はカナダ大使館・査証部が行い、
審査に通った方には査証部が
ワーキングホリデー就労許可証発給の通知書を発行し、
申請者に郵送、またはメール(e-mail)で送信します。
許可証発給の通知書は発効日より1年間有効です。
その期限内にカナダに入国してください。
入国時に発行される就労許可証の有効期限は入国日から通常1年間です。

cg1
     カナダのシンボル ギース

お知らせ

大使館レートの変更により、
プログラム参加費(CD$150)の換算額が変わります。
お振り込みの前に大使館ウェブサイトをご確認ください。
2009年10月1日現在、プログラム参加費(PPF)は、12,300円です。
プログラム参加費の振込先は、ワーキングホリデー専用の口座です。
査証部の申請料金取り扱い口座とは異なりますのでご注意ください。

審査過程で追加書類の提出をメールや郵送で連絡することがまれにあります。
もし連絡を受けた場合は、記載されている期限内に書類をご提出ください。
提出が遅れると、審査結果に影響を及ぼす恐れがあります。

外国から申請する場合のご注意:
よく聞かれる質問と答えの「資格」、「申請手続き」をご参照ください。
カナダ/日本ワーキングホリデーセミナー開催詳細はこちらから。


カナダ/日本ワーキングホリデープログラム募集要項
よく聞かれる質問と答え

申請書 、申請書和訳、ほか提出書類 については
カナダ政府のサイトからダウンロードして下さい。

文はカナダ政府のサイトより引用


関連
  オーストラリアのワーキングホリデービザ
  ニュージーランドのワーキングホリデービザ
  台湾のワーキングホリデービザ

電子渡航認証システム (ESTA) ー アメリカの入国ビザ

電子渡航認証システム (ESTA)導入について (無料)
  ーアメリカの入国に関するビサの収得方法をお知らせします。

2009年1月以降、米国の法律によりビザ免除プログラムを利用して航空機または船で米国に渡航するすべての渡航者に対して、搭乗または乗船する前に電子渡航認証の取得が義務付けられます。
米国に短期商用・観光目的(90日以下)で渡航予定のVWP参加国のすべてのビザなし渡航者は、米国行きの航空機や船舶に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けることが必要になります。

一度認証を受けると2年間(ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日まで)有効となります。ESTAへの申請に当たって、料金は無料です

米国政府は、渡航する72時間前までの申請を勧めていますが、申請自体は、具体的渡航日程が決まっていなくともできますので、米国への渡航予定がある方は余裕をもって申請することをお勧めします。

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html?_flowExecutionKey=_cD4344999-1D91-20F9-6CE8-A59A0D3F4362_kE03AE0AF-14AA-3546-9FC2-B14BE66758AF

ESTAへの申請は、下記のウェブサイトから行います。日本語表記のサイトですが、入力自体は英語で行います。入力する内容は、これまで米国入国に際して提出していた出入国カード(I-94W)と同じで、名前、生年月日、性別などの申請者情報、パスポート情報、渡航情報の他、いくつかの質問に対し、はい、いいえで答える形式となっています。

ステップ1: 申請書の入力       クリック ⇒ ESTA
初めての申請は画面左側の「申請」をクリックしてください。
回答は英語で入力しなければなりません。*印は必須項目です。

ステップ2: 申請書の送信
ステップ1で入力した情報を確認するページです。
入力データに間違いがないかを注意深くチェックしてください。
入力が正しくない場合は、赤字でエラーメッセージが表示されます。
全ての入力項目を確認後、確認のために再度パスポート番号を入力します。
次に画像認証上の文字を入力し、「申請」ボタンを押します。

ステップ3: 申請番号を記入する 
申請番号が発行されます。申請番号は情報を更新する際に必要となりますので、
このページを印刷するか控えておいてください。 「次へ」をクリックし、ステップ4に進みます。

ステップ4: 申請状況を表示する 
回答はほぼ即座に表示されます。回答には3種類あります。

「渡航認証許可」は、ESTAが承認されましたので、ビザ免除プログラムでの渡米が可能です。
申請番号と有効期限が表示されていますので、
このページを印刷して保存しておいてください(空港で提示する必要はありません)。

「渡航認証保留」、ESTAは審査中です。再度ESTAサイトにアクセスし、申請状況を確認してください。
回答は申請後72時間以内にご確認いただけます。

「渡航認証拒否」ESTAは承認されませんでしたので、最寄の大使館・領事館でビザの申請が必要です。


ESTA(電子渡航認証システム)オンライン申請  サイト(日本語
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html?_flowExecutionKey=_cD4344999-1D91-20F9-6CE8-A59A0D3F4362_kE03AE0AF-14AA-3546-9FC2-B14BE66758AF
■ESTAに関するウェブサイト
  ・米国大使館 : http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html
  ・外務省 : http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/us_esta.html


追伸  ご注意下さい!

有料で旅行者のESTA申請を手伝うウェブサイトを見たことがあります。
こういったサイトの利用は、有利になりますか?


ビザ免除プログラム旅行者は、無認可の第三者がウェブサイトを設立して、有料で電子渡航認証システムに関する情報を提供したり、ビザ免除プログラム旅行者に代わって申請書を提出していることに気をつけてください。

このような商売とウェブサイトは、国土安全保障省や米国政府に承認されているわけではなく、提携も関連もしていません。米国政府は公式ウェブサイトを通じての渡航認証に関する情報取得、申請、渡航認証取得に手数料を課していません。
渡航認証の申請に民間サービスを利用しても、許可がおりるのが早くなるわけではありません。

以上各サイトから参照させて頂きました。ありがとうございます。



該当の記事は見つかりませんでした。