FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

渡り鳥の生活が続くけど

1年半ぶりにカナダに入りました。
到着するために前の会社に楽しんで
やってもらえるように頼みました。
そして世界で一番気に入っている所で、
一番良い時期だけ働くことにしました。

観光客はますます増えていました。
お陰で仕事は嫌というほどありました。
スタッフも2倍以上に増えており、
夏だけのガイドでも充分暮らしていけました。

バンフに二つのタイプの住人がいました。
この街に永住している人は1万人足らず、
他は忙しい季節だけ働くシーズナルスタッフです。

スキーのインストラクターをしている人は、
私と全く違う季節にバンフに住んでいましたが、
夏はガイドをして、冬は旅行している人もいました。
私もその仲間入りを始めていたようです。

バンフの夏これほど最高の街はありません。
アラスカ、スイス、ニュージーランドも行ったけど、
バンフに暮らしていた時期を忘れることはできません。
一年中暖かった定住するのですが、、。
でも冬が厳しいからこそ、夏がすばらしい。
その有難味に感謝しなければなりません。

シーズンが終わると渡りのように準備します。
今年は何処へ行こうか迷っていましたが、
ロサンゼルスで暮らしてみることにしました。

日本で知り合った友人がふたりも、
ロサンゼルスで暮らしていました。
何度もすでに訪問している街ですが、
やっぱりアメリにも住んでみないとね。

ちょうどタイミングが良かったようです。
台湾で知り合った友人が遊びにくるので、
私の車でアメリカに行くことにしました。
仲間がいれば移動中も心強いです。

Canadian Rockeis 3[1]
  観光客に人気のあるレイクルイーズ

20年ぶりの再会

その日は特に予定もいれていませんでした。
ずっとバスの旅が続いているので、
カナダでは友人に会うのが目的でした。

私がいたガイド会社の社長の奥さん和さんに、
その夜夕食にくるように誘われました。
バンフを離れて25年以上がたっていましたが、
彼女に会ったのは20年以上前のことでした。

戻ってきても会うのはほんのわずかな友人
社長の奥さんということで敷居が高かったのか、
和さんと会うことはありませんでした。

社長さんはほとんど日本駐在だそうです。
誰かが営業をしないと仕事もありません。
以前は社員を雇っていましたが、
今は社長さん自ら営業にでるようです。

和さんの家に集まったのは女性ばかり、
ガイドとして一緒に働いたことのある、
フーちゃん、ひとみさん、ひでちゃんと、
以前お世話になったまゆみさんです。

現在ガイドをしているのはひとみさんだけ、
同じ街に住んでいても会う機会はなく、
街でばったり会うのも年に数回とか?

今回私が遊びにくるというので、
わざわざ夕食会を開いてもらいましたが、
フーちゃんとひでちゃんは、会社を辞めてから、
初めて一緒に食事するそうです。

皆それぞれ理由が会って会社を辞めましたが、
何となく会いにくい気まずさもあったようです。
私だってたまに遊びに戻ってきても、
声を掛けやすい友人は決まっています。
こうやって夕食会を開いてもらったお陰で、
20年ぶりにお互いに会うことができました。

best-things-see-do-Banff-National-Park-Alberta-Canada-11-720x480[1]
     秋のバーミリオンレイク


バンクーバーからバンフへ

バンクーバーには昼過ぎに到着しました。
以前は市内の中心部にターミナルがありましたが、
現在は中華街の近くにある駅を利用しています。

私が住んでいた頃はこの駅から毎日、
バンフを越えてトロントまで続く、
カナダ太平洋横断鉄道が運行していました。
今はその鉄道会社は買収され、
カナダ国有鉄道が週に2~3本、
ジャスパー経由でトロントまで運行しています。

バンフまで行く鉄道は夏の期間運行する
豪華なロッキーマウンテニア号のみです。
私が行った頃もまだ運行していましたが、
無理無理、私の予算では乗れません。

もちろんバスの周遊券があるので、
グレイハウンドを利用します。
バンフまで約14時間ほどで到着しました。

途中でトイレストップがありますが、
ゴードンに朝早く到着しました。
まだ息が白くなるくらいに寒く、
目が一瞬に覚めてしまいそうです。

周辺にロッキーの山が見えると、
バンフまであと一息という思いです。
ヨーホー国立公園からバンフ国立公園へ、
何年たっても故郷に戻ってきたような、
嬉しさが忽ちこみ上げてきます。

レイクルイーズで約15分のトイレ休憩。
まだ観光シーズンなので降りる人もいます。
ここから短い区間ですが、バンフの街や
カルバリーまで乗る人だって多いですね。
時計は山岳標準時間に変わっています。
ここからバンフまでは1時間の距離です。

rher6cw4uetaozx3[1]
    バンフに向かう途中の風景 



カナダ旅行 1日目『カルガリーからバンフへ』

いつもブログ訪問ありがとうございます。
このブログは私の過去の旅行記を書いていますが、
今日からちょっと予定を変更して、
2月から計画していたカナダ旅行記をお話しします。

私は前日にバンフからカルガリーに入りましたが、
皆さんは9月22日のエアーカナダで
成田からカルガリーまで直行便でフライト。
これがバンクーバー経由だと
時間的にも無駄、疲れますよね。

今回カナディアンロッキーの観光は
バンフにある旅行会社にお願いしました。
定期観光バスもありますが、
8人でミニバスをチャーターします。
その方が時間的にも自由にできますね。

カルガリー空港からバンフまでは約1時間半
みなさん到着すると、ホッとしたようです。
私は到着した日には雪も降りました。
『雪が降るかもしれません』と言っていたけど、
『まさかね』と思っていた私。

これから一週間の観光の旅が始まります。
さてどんな旅になるか、
いつかこのブログでもお話ししますね。

DSCN3337.jpg
    バンフで泊まったホテル

ロッキー観光に何日必要か

カナディアンロッキーを観光するのに、
何日必要かは観光の目的によって違いますが、
バスツアーを利用するして観光しても、
最低4日ぐらいは滞在してもらいたいですね。

日本からの旅行者はバンフ国立公園の観光のみ
ヨーホー国立公園も観光するのは半分以下
さらにジャスパー国立公園まで足を延ばすとなると
もう2割ぐらいにしか満たないと言ってもよいですね。
ましてやクートニー国立公園なんて皆無に近いです。
そういう私もクートニー国立公園だけは、
数回しか足を運んだことがありませんが、、。

ハイキングが好きな人は、
トレイルがあちこにちたくさんあるので、
一夏あっても足りないかもしれません。
ここで4年ガイドをしていましたが、
いつも同じところばかりで
見たいところは山ほどまだあります。

今回はバンフとジャスパーを訪ねますが、
最低の観光地は無理のない程度で網羅します。
ただし参加者の体調にも寄るので
その時に行かない方もいるかもしれません。

1日目バンフで体調を整えたら
2日目はヨーホー国立公園の観光です。
ここのハイライトは湖巡りです。
レイクルイーズ、エメラルドレイク、
そして私が大好きなモレーンレイク。

モレーンレイクのロッジにも泊まりたいけど、
荷物を持って移動するのも大変だから
バンフに連泊する方が良いですね。
バンフからレイクルイーズの道は
何回通っても飽きることはないでしょう。
ボーウバレーパークウェイを通ることもできます。

british-columbia-canada-07-emerald-lake-yoho-national-park.jpg
  エメラルドレイク by Tripadvisor

該当の記事は見つかりませんでした。