FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

アメリカの入国審査ははカナダで受けます。 

Posted on 01:05:46

私がカナダから出国するときは、
いつもアメリカ行きの飛行機ですね。
電車やバスで行ったこともありますが、
バンクーバーから成田行に乗ったのは、
添乗員時代が最初で最後でした。

そして今日もアメリカ行きの飛行機です。
カナダは出国審査がありませんが、
アメリカ行きのフライトはすべて、
カナダの空港で入国審査が行われます。

ユナイテッドのカウンターは機械のみ、
セルフチェックインをしてタッグをだし、
荷物を預けに行かなければなりません。

その時滞在先のホテル名が必要ですが、
これが小さなホテルだと認識されません。
お陰で予約しているのも大変なことに、
自分たちだけでチェックインできませんでした。

でもお手伝いしてくれる人がいます。
日本語を話す人だっているのですから、
やはりバンクーバーは助かりますね。
荷物代を払うとタッグがもらえます。

そのあと全部の荷物検査があった後、
アメリカの入国審査があったように思います。
この辺はあやふやなので注意してください。
ただ入国審査の後に荷物を預けます。
自分でターンテーブルに乗せるだけ、
何には入国を拒否される人もいるでしょう。

一応これでアメリカに入りましたが、
まだバンクーバー空港なので、
カフェの支払いはカナダドルですね。
あまり残らないように注意してください。
コインはアメリカでは使えませんから。

そしてやっとアメリカ行きの飛行機です。
これから行くのはサンフランシスコ、
私の友人がどうしても会いたい人が、
その方に会うのが目的でした。
us310.jpg
  アメリカ入国@バンクーバー空港

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  アメリカ入国審査 
カナダ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

2台のタクシーで料金が違うけど 

Posted on 01:01:07

今日がカナダ旅行最後の日です。
皆さんはエアーカナダで日本へ、
私たちはアメリカに向かいます。
ツアーならガイドさんが迎えに来ますが、
タクシーで行くことにしました。

これもツアー会社に見積もってもらったり、
タクシー会社に電話したりして、
何処が安いかいろいろ検討しました。

でもホテルで確認してもらうと、
1台50ドル位で行くそうです。
荷物がひとつずつあるので
大きめのタクシーを2台予約しました。

1台目に私が乗っていきますが、
英語話せる友人には2台目に、
ドライバーには後を来るように頼みました。

私たちのタクシーは45ドル以下だったので、
チップを含めて50ドル払いました。
すぐ後ろをついて来るように言ったのに、
しばらく待たないと来なかったです。

そして友人も50ドル払ったそうですが、
こちらは45ドル以上していたとか?
チップの感覚の分からない友人なので、
取り敢えず50ドルだけ渡したそうです。

日本人と思って諦めたのかもしれませんが、
質が悪いドライバーならチップを請求します。
文句を言わない人で良かったようです。

もちろん高いお金を請求されたら、
私の車は45ドル以下なのにと
こちらも文句を言ったかもしれませんが、
同じ区間でもこればかりは分かりません。
van2041.jpg
 ウィッスラーリゾート by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  タクシー 
旅行情報  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

高いお店で買ったお寿司ですが、、 

Posted on 01:05:37

シーバスを降りたターミナルから、
ホテル方面に行くバスに乗りました。
シーバスのチケットを持っていると、
そのままバスに乗り換えることができます。

塚本さんは車いすのまま、
バスに乗り込むことができました。
車いすの人がいると優先にしてくれるので、
私たちも早めに乗ることができました。

ホテルの近くでバスを降りると、
そのままホテルまで戻りました。
今日は買い物は一切しませんよ。
冷蔵庫に残っている食料とお酒を、
夕食兼宴会で全部消費しなければ、、。

明日はそれぞれカナダを出発します。
日本に持って帰っても仕方ないので、
全部お酒は飲むつもりでいました。
もともそ昼間から飲んでいるので、
そんなに飲むつもりもないようでうが、、。

持ち帰りにしたお寿司ですが、、。
一応地元でも高級と言われるレストランで、
比較的お値段の高いものを選んだのに、
ご飯はあまり酢が効いていなくて、
巻きや握りも少し甘かったです。

お寿司と言っても今は巻きが中心、
地元好みの味に変化しています。
日本のようなお寿司ではありません。
高級なお店で頼んだのに残念でした。

一応板さんと話したら、韓国の方ですが、
日本人の元で修業したと言っていました。
そこで安心したのですが、油断は禁物、
日本人の板さんとは味が違いました。
下の人が握っていたのかもしれません。
van2040.jpg
 ウィッスラーに行く道 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  寿司の持ち帰り 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ノースバンクーバーに戻るには 

Posted on 01:05:54

まさみさんとパブでお別れして、
ホテルのあるノースバンクーバに戻ります。
すでにレンタカーを返しているので、
地元の交通機関を使いたいと思います。

バンクーバーにはスカイトレインもありますが、
市内を主な足はバスかトロリーです。
ノースバンクーバーは入り江の北側なので、
市内からシーバス(フェリー)が運行しています。

バンクーバー展望台の前にあるウォーターフロント駅は、
バス、地下鉄、そしてシーバスの発着場と
まさにバンクーバーの交通の要点になっています。
ギャスタウンや市の中心へも歩ける距離です。

皆さん年配者なのでシニアのチケットを購入、
私もついでにシニア割引で購入しようかな?
検札に来ることもあるようなので、
普通の大人料金のチケットを買いました。

私がチケットを買っている間に、
友人は寿司を取りに行ってくれました。
ウォーターフロント駅の隣にある、
カナダプレイスの中に入っていました。

シーバスは10~15分おきに出発するので、
友人が戻ってから乗るつもりでいました。
大きなすし皿を抱えた友人が戻ってくると、
皆さんどんな寿司か興味が湧いたようです。
残念ですが、夕食までお預けですよ。

もしヒロさんがいたら握ってもらうつもりでした。
彼は日本で修業したお寿司の板前さん、
バンクーバーで40年近く握っていました。
でも彼が働いているのはホワイトロック、
アメリカとの国境に近い街でした。
van3037.jpg
 バンクーバーの風景 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  シーバス 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

地元のパブで飲んでみた 

Posted on 01:05:21

ギャスタウンの時計台のある所で、
先日会いそこなったまさみさんと
待ち合わせをしていました。
皆さんも会いたいと言うので、
一緒にパブに行くことにしました。

今日行くパブは先日私が泊まったホステルの下、
夜はバンドが入って若者で賑やかですが、
昼間は簡単な食事と飲み物が楽しめます。

ここに来たらクラフトビールを飲みます。
今まで飲めなかった種類のビールを
2種類ジョッキーで楽しみました。
これだとグラスで頼むより割引です。
それぞれ好きな方のビールを飲みました。

おつまみは何が良いでしょうか?
ピザと鳥の唐揚げやウェッジズです。
ウェッジに切ったポテトに味をつけ、
油でカラカラに揚げたものです。
サワークリームやスイートチリソースを
好みでつけて食べます。

飲茶をあんなにたくさん食べたのに、
お酒を飲むときのお腹は別腹ですか?
まさみさんもかなりの飲み手なので、
皆さんとの話にもすぐに打ち解けましたが、
いろいろと質問を受けてごめんなさいね。
人のことを聞くのが好きなようです。

その日一緒に飲茶を食べるつもりでしたが、
たまたま何か用事があるとかで残念でした。
先日フェリー乗り場で待たせた
馬合わせをしたかったのですが、、。
皆さんからの心づけとして、
少しだけ食事代を渡しておきました。
van2025.jpg
 バンクーバーの風景 by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - カナダ旅行  バンクーバー  パブ 
カナダ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ