FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

おばちゃんバッパーの旅@バルカン半島

皆さんお元気ででしょうか。
アラスカの話が続いていますが、
少しは涼んでいただいておりますか。

私が旅に出て一週間になります。
寒いシドニーを出れると思って
大変喜んでいましたが、 
今は寒い所に逃げ込みたいです。

シンガポールで洗礼を受けましたが、
バルカン半島はそれどころではなく、
毎日厳しい日差しとの戦いです。
気温は40度以上で、日差しが強い。
日本の日差しなんて敵いませんよ。

ドライ、どらい、Dry
どんなに書いても涼しくなりません。
汗をかかない私が汗だく☀️😵💦
これでお腹の贅肉も取れるかな❗

ギリシャでは、体力調整。
機内で2泊は結構疲れました。
次に向かったアルバニア。
最後にトライした時は、まだ鎖国中。
でも入ってみたら気にいりました。

カフェもたくさんあって
パンとコーヒーが美味しかった。
ギリシャみたいに観光客もいなくて
結構英語が通じて、ひとがやさしい。
物価も安かったです。

今はモンテネグロにいます。
海岸線はとても美しく、
多分クロアチアにも負けないでしょう。
でも首都はちょう田舎です。

行きたかったオステログ修道院のツアーが
何れも催行されていないので、
何もない所でのんびりします。
明日はセルビアです。

alb1.jpg
    アルバニアのアルバムより

アテネから始まるバルカン半島の旅


私はアテネのホテルにいます。
昨日スクートに乗ってギリシャに到着し、
これから3週間のヨーロッパの旅の始まりです。

本当は去年この旅をする予定でした。
ちょっとしたハプニングで旅を中断、
まさか今年来れるとは思っていませんでしたが、
またヨーロッパに来ることができました。

今回は旧ユーゴスラビアの旅です。
初めてヨーロッパに来たのが、かれこれ40年前、
今年はその記念すべき年でもあるので、
どうしてもここに来たかったのです。

あれから何度もヨーロッパに来ましたが、
過去20年はあまり訪れる機会もなく、
新しい国も増えませんでした。
いつかはヨーロッパを全部訪問するのが、
私の人生の中で長い~夢でした。

去年アイスランドとアイルランドに行き、
今年バルカン半島の国を回れば、
旧ソ連の国々を除いて、
何とかすべて訪問することになります。

ユーゴスラビアが分裂してすでに25年以上、
その間最初の10年は紛争が続いていました。
やっと落ち着きを取り戻して10年ちょっと、
ひとり旅も安心してできるようになりました。

ギリシャは私にとって思い出の地。
その40年前にブログ友達のamiさんと一緒に、
ヨーロッパで最初に訪問した国です。
あの青春の1ページがまるで昨日のよう、
あの時彼女が買ったドレスを思い出します。

今はひとりだけど、機会があったら、
amiさんまた一緒に来たいですね。
amiの Sydney・札幌お楽しみレイキ講座


at1.jpg
   バルカン半島の玄関口 アテネ

東欧と言う定義

当時は人生の目標100カ国制覇でした。
その半分50カ国を到達することができました。
富士山に登頂したくらいの価値はあるかしら。

その半分以上がヨーロッパの国ですが、
私の原点はヨーロッパにありますからね。
しかし今ならやる気させあれば、
ヨーロッパ半年で50カ国は可能です。

私が卒業してから旅行していた時代にも、
アフリカや中近東などでは
沢山の国が独立していました。
当時はその方面まで足を伸ばしていませんでしたが、
世界は常に変わっていたのです。

そして私が訪れたこの時期から20年。
ヨーロッパも東欧を中心に変わりました。
あの東西ドイツが統一してしまったのです。

冷戦の向こう側にあるソビエト連邦が崩壊して
ロシア連邦に変わったしまったのです。
一応共和制国家を維持しています。
はたして内容は何処まで変わったのでしょうか。

今回ブログを書くに当たって
東欧”という国が変化しているのに気づきました。
以前はソ連の影響下にあって、
私たちには近づき難い国でした。

バルカン半島辺りが当時の東欧なら、
今は黒海よりロシア周辺の国々を
東欧と呼んでいるようです。

しかし団体や機関によっても判断が異なり
東欧と確定的な位置づけが難しいようです。
東欧と言うニュアンスは
ビザなしで簡単に行けない国ですね。

bgrsf.jpg
  ブルガリア、ソフィアの駅 by flicker

該当の記事は見つかりませんでした。