FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

Kesugi Ridge Trail

私がいたころはまだ完成していせんでしたが、
2016年に壊れいたトレイルを補修して、
Kesugi Ridge Trailが再オープンしました。
全長50km及ぶトレイルは、
デナリ州立公園のハイライトコースですが。
アラスカでも一番良いと言われています。

入り口は4か所あり、日程に合わせて、
好きな所から入り、出ることができます。
全部を歩くと早くて2泊3日、
通常3泊4日の行程が必要です。

どのトレイルヘッドもハイウェイから近く、
車を駐車しておくスペースもありますが、
バイヤーズレイクが一番充実しているので、
ここを含むルートをお薦めします。

私は荷物を背負って野宿をしながら、
ハイキングするつわものではありません。
そのために数日かかるハイキングは駄目、
何処かをベースに日帰りが一番です。

さらにローワートラブルサムクリークも入れると、
全長61kmのコースになります。
さらに1日延長しないと歩けませんね。

私はデナリウィルドネスハイクで
バイヤーズレイクからこの一部を歩きました。
湖から600m以上の高低差があるので、
歩きなれていてもかなりハードでした。
キャンプの荷物を持ってなら無理ですね。

高い所を歩くので眺めは良いですよ。
お天気さえよければデナリが見え、
朝焼けと夕焼けを楽しめるはずです。
でも寒さや雨具の準備は大切です。

bys6.jpg
  こんな道を歩いてみませんか?


フロリダのトレイル

次の日は「ちょっと歩くけど」と言われ、
軽いピックニックランチを持って
3人で出かけることにしました。

アパラチアントレイルと言えば、
アメリカ3大トイレル(自然遊歩道)です。
北はメイン州から南はジョージア州まで
約3500kmを結んでいます。

ジョージア州はフロリダ州のお隣、
トレイルは州境まで来ていませんが、
フロリダの人達は繋がっていなくて、
他の州と差別されるのが嫌なようです。
フロリダトレイルというのがあって、
アパラチアントレイルと繋がっています。

「今日はアパラチアントレイルを歩くから」
マッディにそう言われたときに、
一瞬「えっ?」と思ったのですが、
確かに連れて行ってもらったトレイルには、
「アパラチアントレイル」と書いてありました。

フロリダには「フロリダトレイル」があり、
フロリダを縦断しているトレイルがあります。
北に行けばジョージア州に繋がり、
アパラチアントレイルになります。

もちろん全長を歩くわけではありませんよ。
オーカラの近くのほんの数キロだけですが、
フロリダにも森林が多いのに驚きました。

フロリダと言えば、青い海と海岸線、
エバーグレーズ国立公園で同じの
何処までも続くような湿地帯、
そしてディズニーランドのような
何十というテーマパークですが、、
意外や意外、こんな森林地帯もあります。

森の中は気持ちが良かったですね。
フロリダをドライブしているときに、
熊注意のサインを見たことがありました。
多分フロリダの北の方だったと思いますが、
まだ熊がいる自然が残っているのですね。

ocala[1]_convert_20170915010002
   オカラの牧場近く@フロリダ

シャトルバスで行ける「サベージリバートレイル」

国立公園内にはトレイルがたくさんありますが、 
もっとも訪問客が多いのが、 
誰でも簡単に行けるサベージリバーです。 
ここまでは公園道路も舗装されていますし、 
自分の車で行くことができます。 
 
歩いて行くのはちょっと無理ですが、 
ウィルドネスアクセスセンターや 
ビジターセンターからシャトルバスが利用できます。 
だいたい1時間に1本運行しています。 
でも片道約45分かかるので、 
歩くことを考えると往復3時間以上必要です。 
 
休みの日に、何も予定がなければ、 
シャトルバスに乗って出かけたものです。 
川沿いに片道1マイルと2枚のコースがあります。 
比較的平坦なので誰でも歩けるし、 
車いすで行けるショートコースもあります。 
 
運が良ければこの周辺で 
熊、ムースやオオカミなどの 
野生動物もたくさん見られます。 
またここまでくる公園道路で、 
デナリを見ることもできますよ。 
 
デナリのホテル街からは 
デナリを見ることはできません。 
パークハイウェイから何か所か見れますが、 
観光ツアーに参加できない人は、 
せめてここまでくると良いですね。 
 
ホテル街よりも高度があるので、 
異なった高山植物が見られます。 
花のシーズンには咲き乱れるだけでなく、」 
紅葉もとてもきれいなところですyo. 
ここまでなら入園料を払わなくて、 
無料のシャトルバスで来ることができます。 
 
thFY1J7DVV.jpg
     サベージリバートイレル



今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編、アメリカ編が終わって、
最後のメキシコ編にはいりました。

『World Traveler in Alaska』

ビーバーが見える「ホースシューレイクトレイル」

デナリ国立公園の入り口付近には、
簡単に歩けるトレイルがいくつもあります。
片道1時間ぐらいはかかりますが、
一番人気があったのが、 
ホースシューレイクに行くトレイルです。 

公園の入り口から歩いてきたら、 
線路があるところで右に曲がり、 
ホースシューレイクに向けて下って行きます。
片道1時間ぐらいかかりますが、
ホテルからのシャトルバスは、
大抵ここで停まってくれますよ。
 
途中ポプラが切り倒されていたら、 
レイクに住む「ビーバー」のせいです。 
レイク周辺には何年もかけて作られた 
ビーバーの家とダムを見ることができます。 
 
ビーバーが木を伐りだしているのは、 
人が訪ねてこない時間帯が多いようで、 
一度も見ることはできませんでしたが、 
ビーバーは何度も見かけました。 
 
夏の間、ビーバーは仕事に余念がありません。 
家やダムの修復をするだけでなく、 
食料なるポプラの木を伐りだしては、
それを湖の中やダムに貯めこんでいます。 
 
冬になって湖に暑い氷が張っても、 
湖の中までは凍らないので、 
貯めこんでおいたポプラの葉を 
エサとして食べることができるのです。 
 
その家の中で越冬中に子供を産み 
育てなければなりません。 
この間エサを取に行くこともできない程、 
厳しい冬だからこそ夏の間に、 
せっせと働く必要があるのですね。 
 
ラッキーにもビーバーが 
木を伐りだしているところを見つけても、 
仕事の邪魔だけはしないでください。 
アッと驚くような大きな木を、 
運んでいるかもしれませんよ。

thIZRSSEQY.jpg
      ホースシューレイク


今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編、アメリカ編が終わって、
最後のメキシコ編にはいりました。

『World Traveler in Alaska』

ロードハウアイランドのハイキング

ロードハウ島で宿泊したホテルは
パインツリーロッジでした。
現在オーフピークでも一泊205ドル/ppします。
エージェント割引なかったら絶対に泊まれません。

でも朝食がついていたので助かりました。
パッケージで行けば全食事付や
朝と夕食付とかもあるようです。

まだインターネットが未発達の頃ですから、
島の観光なども全く情報ないまま行き、
ホテルで得た案内で観光しました。

どのツアーにも参加しなかったので、
島を自分で歩いたと言うのが正解ですね。
島の北部と南部に山があります。

北にあるマラバーヒルはわずか208mのために
ひとりでも簡単に上ることができました。
南にはゴワー山とリッジバード山がありますが、
ひとりで行くのはちょっと危険なようです。

ロードハウ島に飛行機で近づく時に
切り立った壁に見えるのがゴワー山です。
875mでロードハウで一番高い所ですが、
海面からあるのでもっと高く感じます。

途中の登山道にはロープの補助があるように、
誰かハイキング経験者と一緒に行くか、
ガイド付きツアーに参加する方が良いでしょう。
往復8時間のコースはオーストラリアでも、
トップの日帰りハイキングに選ばれています。

私も途中までは挑戦しましたが、
ハイキングコースが急斜面になってきたのと、
雨が降りそうだったので諦めました。
知らない所では無理をしてはいけません。


1280__1024__auto__~wp-content~gallery~gallery2~walking-2-resized
ロードハウ島のトレッキング by LHI Info


観光情報
ロードハウ島の観光局
http://www.lordhoweisland.info
カンタスリンク
http://book.qantas.com.au/

該当の記事は見つかりませんでした。