FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

つい見たくなる機内安全ビデオ@NZ航空 

Posted on 01:03:16

映画「ホビット村の冒険」三部作は、
ロケ地となったニュージーランドに、
たくさんの観光客を呼び込みました。

ニュージーランドには二つの島があります。
南島は自然が豊かで観光地がありますが、
海外からの観光客も時間がないと、
南島だけ訪問する人も多いです。

北島には温泉や土ボタルの洞窟もありますが、
このふたつの映画の大ヒットにより、
映画のロケ地を訪ねる人も増えてきました。
新しい観光客を開拓することができたのです。

ニュージーランド航空を利用する人は、
比較的限られたお客さんになりますが、
世界的にも個性豊かなビデオを
最初に制作したのがこの航空会社でした。

ホビットたちを使って機内安全を説明すると、
映画を見ているようなノリで見ます。
子供たちだって興味持ってみてくれますね。

私が乗った時はボディーペイント版でした。
ニュージーランドの先住民マオリ族は、
独特なタトォーで世界的に有名です。
サービス業である航空会社の乗務員は、
それなりに制限もあるようです。

そのビデオを見たときは
一瞬「えっ」と思ったのを覚えています。
案内は昔ながらのセリフでしたが、
ドキドキしながら見ていました。
撮影に参加した乗務員たちに、
「拍手喝采」したくなりましたよ。

その後も新しいのがどんどん制作されています。
そしていつも話題になっているようです。
このビデオを見るだけでも乗った価値ありです。
下記は私が乗った時のビデオです。




テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ニュージーランド航空  機内安全ビデオ 
オセアニア  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

機内安全の説明をちゃんと聞いていますか? 

Posted on 01:03:06

飛行機に乗って出発する前に、
機内安全のための説明があります。
以前は乗務員がアナウンスに合わせて、
デモストレーションをしてくれました。

大抵は航空会社の国の言葉と
英語で案内が行われていました。
大韓航空を利用していたころは、
韓国語と英語のほかに日本語もありました。

しかし時代とともに出発までの時間の短縮、
乗務員の負担などを軽減するためにか、
現在はビデオを利用する会社が殆どです。
こらなら英語での説明の間に、
字幕で各国の言葉で説明することができます。
耳の不自由な方にも説明ができます。

しかし何度も飛行機を利用すると、
同じような説明に飽きてきますよね。
事故にあうことはほとんどありません。
もし事故にあったら助かる確率は少なく、
説明を聞いても仕方ないのか、
真面目に聞く人はかなり少ないようです。

そこでこのビデオに工夫を凝らしたのが、
ニュージーランド航空でした。
ロードオブリングのロケ地として
大変に有名になり観光客も増えましたが、
そのスピンオフとして制作されたのが
「ホビットの冒険」でした。

こちらも大ヒットとなりましたが、
その時にセットが作られたホビット村は、
映画が撮影された後もそのまま残して、
「ホビット村」として売り出し、
観光客に大変人気があります。

aanz2022.jpg
  ニュージーランドにあるホビット村




テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ニュージーランド航空  機内安全ビデオ 
オセアニア  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

久しぶりにのったニュージーランド航空 

Posted on 01:04:45

オーストラリア行きのチケットは、
一番安かったフィジーエアウェイズで購入、
ロサンゼルスからナンディ行きの機材は、
コードシェアーでニュージーランド航空でした。
久しぶりに搭乗するので嬉しかったです。

乗務員のユニフォームも変わっていました。
もともとマオリ族のシダの模様を、
会社のロゴマークに使っていますが、
制服にもそこからデザインしたのでしょうか。
大きなプリントが入っていました。

しかしユニフォームの色が紫色、
そしてプリントが黒色のために、
何となく圧迫感のある制服でした。
機能的かどうかは分かりませんが、
機内でかなり重たく感じました。

実はこの制服、ある調査で
ワースト5にノミネートされたとか、
その模様、何処かで見たような?
小さいころ風呂敷と言えばこれ、
唐草模様を連想してしまいました。

2010年に導入されたというから、
何年も乗ってなったのですね。
ガイドをしていたころは空港に行き、
あちらこちらの制服を見ていたので、
変わってもすぐに気づいたものです。

そのニュージーランド航空制服
来年から新しいデザインになるそうです。
現在は国内のデザイナーを中心に、
デザインを集めて検討中だそうで、
近いうちに発表されるそうです。
どんな制服になるか楽しみですね。

anz2020.jpg
   現在のユニフォームby Air NZ




テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ニュージーランド航空  制服  フィージー経由 
オセアニア  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

フィージー経由の飛行機で 

Posted on 01:04:06

ロサンゼルスの友人の家でシャワーを浴び、
午後一日おしゃべりして過ごしました。
早めの夕食を食べて、空港まで送ってもらいます。
空港まで渋滞の可能性もありますが、
チェックインもだんだん時間がかかるので、
余裕を持って家を出ることにしています。

オーストラリア行きの飛行機は、
フィジー経由のフィジーエアウェイズです。
前年までエアーパシフィック航空でしたが、
以前使用していた社名に変更になりました。

新しい航空会社と思って期待したのですが、
ナンディまでコードシェアーで
ニュージーランド航空で飛びました。
わざわざナンディ経由でオークランドに行くのか?
と言っても地図を見てみると、
それほど遠回りでもありませんが、、、。

オーストラリアのお隣の国ですが、
NZ航空を利用する機会はありません。
添乗員時代に仕事で行った時ぐらいかな?
ニュージーランドに旅行をするときも、
マイルポイントが貯まるので、
メンバーのカンタス航空で利用します。

社名が変わったからと言っても、
機材が新しくなったわけではありません。
もともと古い機材が多かった航空会社なので、
フィジーエアウェイズよりも、
ニュージーランド航空の方が安全ですね。

久しぶりに乗ってみると機材には
以前から使用されているロゴマーク
コル(マオリ族でシダの新芽の意味)のほかに
黒のシダの葉が追加されていました。

anz2019.jpg
    ニュージーランド航空 by AirNZ




テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ロサンゼルス  ニュージーランド航空  フィージー経由 
オセアニア  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

アンセットニュージーランド航空 

Posted on 01:00:48

フラッグキャリアーと言えば
国を代表する航空会社のことです。
NZはニュージーランド航空ですが、
オーストラリアはカンタス航空で、
日本航空のような役目を果たしてきました。

1940年、TEALとして創立されました。
(Tasman Empire Airways Limited)
オークランド〜シドニー間の運行開始、
65年、株の半分をNZ政府が保有すると、
ニュージーランド航空に社名を変更しました。
78年、国内線のNACを買収すると、
(New Zealand National Airways Corporation)
国際だけでなく国内線に就航しました。

国際航空運送協会 (IATA)によって航空会社は
2レターコードが割り当てられています。
NZ航空はこの合併によって、
国内線にはNACが持っていたNZを
国際線にはそのままTEを使用しました。

78年、NZ政府が航空規定を緩和すると、
オーストラリアのアンセット航空は
(当時の株主は日本では『JスカイB』で
 馴染みのニューズコーポレーション)
NZの会社とアンセットNZ航空を設立、
NZの国内線に運行開始しました。

1996年ニュージーランド航空
アンセット航空の株を半分保有すると、
NZ国内線でのNZ航空の独占を防ぐために、
アンセットNZはニューズコーポレーション
のみの資本として別会社になりました。

2000年ニューズコーポレーションは、
Nzの資本会社(Tasman Pacific Airline)に
アンセットNZを売却しました。
この会社はカンタス航空のフランチャイズとして
Qantas NZとして運行開始しましたが、
翌年(私がNZ国内で搭乗した年)に倒産しました。

今から思うとクライストチャーチ航空の
カンタスラウンジのサービスが良かったのも
カンタス航空とは別会社のためだったのかもしれません。
ポイントが溜まってラウンジが使えれば、
何処の航空会社でもかまいませんが、、。

Ansett_New_Zealand_DHC-8_Zuppicich-1.jpg
アンセットニュージーランド航空 by wiki



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - ニュージーランド航空  アンセットニュージーランド  カンタスニュージーランド 
オセアニア  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ