FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ナチュラリストに決まったシェリー 

Posted on 01:05:51

現在アラスカでガイドしています。
仕事で忙しくブログ訪問できないかもしれませんが、
アラスカブログ、どうか楽しんでください。


リゾートホテルのクローズが決まると、
マネジャーのトニーとの面談があります。
まず彼からひと夏の仕事の評価をもらい、
また来年もここで働きたければ、
その評価によって決定するそうです。

本人が働きたくても評価が悪ければ、
来年来ることはできませんでした。
一応来年も働きたいと伝えておきましたが、
「採用」というは聞きませんでした。

私はオーストラリアに住んでいること、
年齢が皆より上ということもあり、
来年も働きたかったら「応募するように」
と柔らかく言われただけです。

パブリックエリアで働いていたシェリーは、
ホテルのマネージャーに気に入られていました。
いつもロビーの掃除をするだけでなく、
その間にお客さんに良く案内していました。

過去にレンジャーのご主人と一緒に、
10年近くアラスカで暮らしていたので、
アラスカの知識がとても豊富でした。
翌年はナチュラリストして
採用されることが決定したようです。

ホテルに滞在しているお客さんの中には、
オプションツアーに参加せずに、
のんびりと過ごしている人もいます。
そんなお客さんの退屈をカバーするために、
いろいろと企画するのがナチュラリストです。

ミニハイキングや映画上映会、
アラスカについてのトークショーなど、
アラスカに関するあらゆる知識と
話すことが好きでないと出来ない仕事です。

another-view-of-hubbard[1]
  アラスカの氷河 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  リゾートホテル  ナチュラリスト 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

先住民の血を引くシェリー 

Posted on 01:01:55

パブリックエリアで働いていたシェリーは、
オレゴンに住んでいましたが、
お母さんは先住民族の血が流れており、
そのコミュニティーのリーダーをしていました。

おじいさんが死んだときにその血を引くのは、
娘さんだけしか残っていなかったそうです。
白人のアメリカ人と結婚したけれど、
離婚を機会に生まれた故郷に戻り、
おじいさんの指名でリーダーになったそうです。

毎年アラスカでは先住民会議があり、
いろいろな部族のリーダーが集まります。
来月のその会議にお母さんも出席するというので、
彼女は再会を楽しみにしていました。

シェリーには弟さんもお子さんもいます。
子供たちが成人したので働きに来たそうですが、
別れた旦那さんがアラスカのレンジャーだったので、
10年近くいろんなところに住んでいたそうです。
彼女のアラスカに対する知識は広く、
一緒にハイキングに行くと教えてくれました。

ホテルのロビーを掃除していましたが、
ゲストと話すのがとても好きだったようで、
聞かれたことに詳しく話しかけていました。
いつかその評判がマネジャーの耳に入り、
ナチュラリストとして採用されました。

これはホテルのゲスト一緒にハイキングしたり、
自然に関していろいろな質問に答えていました。
毎日ゲストのためのイベントがありますが、
植物や動物について話すのも彼らの仕事です。

夕方になると外で薪を燃やします。
そこでゲストは飲みながら暖を取ることができます。
この薪を燃やして、ゲストと一緒に話すのも、
ナチュラリストの仕事の一環でした。

filename-mjb-082-resized[1]
  デナリ国立公園 by Tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  リゾートホテル  ナチュラリスト 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ