FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

中国のトイレ事情

中国を旅行していいて悩むのがトイレです。
列車で移動する際には車内を利用します。
汚いか汚くないかは別にして、
それしかないので我慢します。
私が利用した列車は昔ながらの
線路に落とすタイプのトイレばかりでした。

バスで移動の時はトイレ休憩があります。
大抵は食堂かお土産屋のトイレ、
まあ綺麗とは言えないけど、
何とか利用できる範囲内でした。

自分で観光するときはホテル利用。
なるべく泊まっているホテルで
観光に行く前に利用してから出かけます。
レストランで食事をした時は、
行きたくなくても利用しておきます。

タクシーをチャーターして観光したり、
お寺などを観光するときが悩みますね。
『トイレ』を書かれた文字のあるところは
地元の人が利用するところですから、
ドアもなければ、流すところもないような、
勇気を振り絞って行くときもあります。

ある時利用したトイレはドアはあったけど、
用水路に跨って用を足さなければなりません。
一つ前のトイレに座った人が大をすれば、
それが次の人の所に流れてきます。
流れないような大きなものだったら、
いつまでもそこに溜まっているのです。
人がした大を眺めながらしたくないですよね。

海東で利用したトイレも最悪でした。
ドアはあったけど、地元の人が使うところ。
子供が足場の所に大をしたのか、
ウジが歩き回っていたのです。
それを避けながら何とか用を足しました。
サンダルで来なくて良かったと
今更ながら思っている私です。

DSC00092 のコピー
       中国の公衆トイレ

旅行情報
中国国家観光局< 日本語
http://www.cnta-osaka.jp/city/yunnan?city=280
雲南.jp 日本語
http://www.yunnan.jp


チベットツアー その8『ツアー移動中のお手洗い』

最初の二日間は観光は全くありません。
その日の目的地まで走り続けるだけです。
ネパールを出発する前に、
食べ物を買っておくように言われました。
お菓子やナッツなどたくさん買い込みました。

水もちゃんと持ち歩いていましたが、
小さな村を通る時にはお茶など手に入りました。
それにいざという時はドライバーから
水や飲み物を買うこともできました。
乾燥と高地のせいか喉が渇きました。
自然の冷房で充分冷えていました。

バス旅行で困ったのはトイレです。
バスにトイレがないのでトイレ休憩は
乗客が行きたくなった時に停まってくれます。
男性なら道の傍らで出来るでしょうが、
女性はそう簡単にはする所が見つかりません。
道路幅が狭い所も多く、停めることさえ困難です。

高地でトイレした時は困りましたね。
一切遮る所が何処にもありませんから。
ツアーの仲間なら後ろ見ててと言えますが、
対向車がこないかどうかかなり気になります。
なにせかなり遠くからでも見渡せますから。

小ならバスの陰でもできますが、
大はやっぱり遠くまで行かないと臭います。
冷たい風が吹きぱなしなので、
そんな遠くに行く気さえしませんが、
長いことしゃがんでいることができません。
お尻がどんどん冷える中で大をするのは、
お腹も冷えるので踏ん張る必要があります。

乗客からリクエストがあると、
ちょっとした店や食堂で停まることもありました。
この時とばかりにトイレを利用した方が良いです。
と言っても汲取式のトイレばかりでした。

Road to Nyalam
   チベットの道 by Flickr

旅行情報
チベットツアーエクスパート 英語
http://www.tibet-tour.com
チベットツアーの会社 英語
http://www.tibetdiscovery.com
チベットツアーの会社 日本語
http://www.mountfuji-adventure.com/tibet/index.html

該当の記事は見つかりませんでした。