FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

リタイヤメントビザまたは長期滞在

リタイヤーして何処の国に住むか決めるには、
自分なりにいくつか条件を作り
それに合格した国の中から選びます。

身体も心も健康なら
何処の国でも住むことも可能でしょうが、
これが介護が必要な健康状態なら、
滞在出来るところも数が減ってきます。
ここではまず健康であることを念頭に、
どんな国に住めるか考えてみたいと思います。

まずどの国に住むか決める前に、
その国に長期滞在されることをお薦めします。
経済力さえあれば一国に決めることなく、
好きな国に、好きな時期だけに住むのも良いですね。

また日本とある一定の国を
行ったり来たりして住むのも良いかと思います。
ブログのお友達の中にも、
リタイヤして海外に暮らしている方もいれば、
海外に長期滞在している方もいらっしゃいます。
そんな方のブログを読んで参考にするのも大切です。

アメリカ、カナダ、オーストラリアと住んだ私ですが、
将来もし他の国に住むとしたら、
多分東南アジアを選ぶと思います。

もしチャンスがあればそれ以外の国に
1ヶ月から半年ぐらいの長期滞在もしたいですが、
身体が健康でなくなってきたら、
東南アジアの国が一番住みやすいかもしれません。

まだ今まで住んだ国に比べて物価が安いこと。
和食などが簡単に手に入ること。
そして比較的治安が良くて
病院などの施設が充実した都市を選びます。

海外でリタイヤメントビザを発行している国が増えました。
国によって条件が異なりますが、
日本の年金で安心して暮らせることが大切ですね。
ある程度日本人が多い街がお薦めです。
でも長期滞在してから決めた方が良いかもしれません。

800px-A_street_in_Chiang_Mai_City.jpg
日本人に人気のあるチェンマイ by wiki


ゴールデントライアングル

タイ、ラオス、ビルマの三国が
メコン川で接する山岳地帯を
ゴールデントライアングルと呼んでいます。
第二次世界大戦後からずっとこの辺りは
政治的に不安定な状態が続いています。

大戦後、中国人民共和国の成立に伴い
国を追われた中華民国の残党武装組織が
独立を望む少数民族と繋がり
活動資金源を目的にケシの栽培を始めました。

その語この周辺は中国共産党の勢力圏になり、
当時のビルマ政府やタイ政府に対抗する共産党が
武装闘争を展開するようになりました。
その資金源としてさらに栽培が盛んになりました。

タイ政府は麻薬の取り締まりを厳しくしています。
ビルマやラオス政府に対してケシ畑の撲滅を求めています。
貧しい農家にとっては大きな収入源のために
違法なケシ栽培が続いているようです。

ケシに変わる換金作物として
お茶やコーヒーの栽培を激励しているそうです。
さらに治安も少しづつ良くなっているので、
観光地としての開発が望まれています。

ご存知のようにタイ国内で麻薬所持で捕まると
死刑又は長期の刑務所行きになります。
バンコックの刑務所は通称”Bangkok Hilton”
空港で捕まった欧米人が沢山います。

時として帰国する際に荷物を頼まれるそうです。
知らずに預かると中味は麻薬だったとか。
それでも罪に問われるのは預かった本人です。
中味の確認できない荷物は預からないように。
知らないうちにスーツケースに
入れられる時もありますので注意して下さい。



1989年オーストラリアのミニシリーズ(三部作)
BANGKOK HILTON

ニコールキッドマンの世界の舞台への出生作となりました。
このミニシリーズをアメリカで見たトムクルーズが
自分の映画に彼女を推薦して出演させます。
当時はまだ結婚していた彼でしたが、
その後離婚して彼女と結婚することになりました。

MekongRiver.jpg
 ゴールデントライアングルを流れるメコン川


旅行情報
タイの旅行情報
http://www.thailand.net.au/index.php

チェンマイトレッキングツアー その3

泊まった民家で何を食べたのやら?
夕食も朝食も記憶にございません。
お家の人と同じようなご飯を食べていました。
残った物はそのまま床下へ、ブタの餌です。

翌日のハイライトは筏下りでした。
ラフティングのようなエキサイトした物ではなく、
竹で作った筏に乗ってのんびり川下りです。

川はそれなりに大きかったですが、
結構浅くて流れも緩やかでした。
当時は救命胴衣も身につけずに乗っていました。
安全基準もなかったのでしょうかね?
殆ど筏が揺れないので安全でしたが。

筏に乗っている間する事はありません。
周りの景色と言っていても山の中では、
特に興味ある風景もありませんでした。

日差しが強いので焼けそうです。
タオルを顔にかけてお昼寝をしました。
筏に上に居る事を感じないほどの揺れです。
ただし時々水が上がって来るので濡れますが、
頭は冷えて気持ちよかったです。

寝心地はそれほど良くありません。
竹ですから節のある所は痛いし、
空気枕のような物でもあれば
寝心地はもっと良かったかもしれません。

それが終わるとチェンマイの街まで車で移動です。
全く危険性のない初心者向けのトレッキングですね。
普通の運動靴で参加できます。
地元のガイドはゴム草履でしたからね。

でも私にとっては久しぶりの自然の中、
寺院などの観光地巡りより楽しかったです。
タイにも涼しい所があるのですね。
民家を見れたのは良い体験でした。

Bbrft.jpg
  筏でラフティング by Wayfare Travel


旅行情報
チェンマイのトレッキングツアー
http://www.wayfarersthailand.com/

チェンマイトレッキングツアー その2

その日はツアー会社の人から貰った
サンドウッチのようなものを食べました。
途中に食べれるようなレストランもありません。
一日中郊外の山の中にいました。

ゾウのサファリが終わるとトレッキングです。
午後は3時間位森の中を歩いていました。
山の中腹だったり田園風景が広がったり。

都会から来た人には珍しい景色だと思います。
欧米の人ならすべてが初めての景色でしょうか?
でも私にとってはまるで実家のある田舎の風景、
お金を払ってまでここに来る必要はありませんでした。

しかし久しぶりの森の中でしたので、
心はとても癒されましたよ。
緑が深いと言う事は新鮮な空気が
肺の中まできれいにしてくれそうです。
インドの埃だらけの空気とは違いますね。

その日の宿はとてもホテルとは呼べません。
それは民家の一部屋でした。
ベッドもなければ布団などもありません。
板の上に布を引いただけの部屋でした。

板の下にはなんとブタがいました。
ブタを家の中で飼っているのですね。
お陰で臭いわ、ブタの声がうるさいやら、
更にノミに噛まれたようで痒かったです。

しかし一番悩まされたのは寒さでした。
バンコックがあまりにも暑かったので、
チェンマイがこんなに冷えると思いませんでした。
もちろん山の上というのもあるのでしょうが、
夜行バスも負けそうな位の寒さでした。

布団もないので布が一枚だけでした。
持って来た物を全部身につけて
寒さを耐えしのいだのを覚えています。
お陰で翌朝は体が硬直していましたね。

palongvill1.jpg
   山岳地帯の民家 by Wayfare Travel



旅行情報
チェンマイのトレッキングツアー
http://www.wayfarersthailand.com/


ロンリーペンギンがFacebookにデビュー
World Traveler in Alaska

チェンマイトレッキングツアー その1

私がチェンマイで申し込んだツアーは
一泊二日のトレッキングツアーでした。
持っていた荷物はホテルに預けて、
貴重品とデイバッグだけで参加します。
食事付なのでお菓子を少し持ってきました。

参加者はバッパーを中心に7~8人でしたね。
私は早速アジア人の女性と仲良くなりました。
と言うのも部屋が二人部屋なので
一緒にさせられたと言うのが実情ですね。

タイと言うとゾウが有名ですよね。
日本で言うと牛代わりに働いています。
このゾウにのって森の中を移動します。

ゾウに背中には四角い籠が鞍がわりです。
それぞれの辺から足を出す形になるので、
乗っている人は皆向いている方向が違います。
後ろ向きに乗る気はしないので、
横向きの座席を確保しました。

ゾウは大きいのでかなりの高さになります。
揺れる度に左右に体が振られて行きます。
あの景色きれいだねと話しても、
私の真後ろに居る人とは話があいません。

ゾウは一列になって歩いて行きます。
前のゾウのしっぽを後ろのゾウが鼻で掴んで、
並んで歩いて行くのはかわいいですよ。
縄で作った汽車ごっこをしているようです。

一番前にはゾウ使いの人がのっています。
このゾウは観光客を背中で運んでいます。
いったい何人まで運ぶ事が出来るのでしょうか?
体が大きいからと言っても重たいでしょうに。

ツアーで働くゾウは一線を退いたゾウとか?
もっと重労働に従事していたゾウが、
年老いたので観光客相手に働いているそうです。
残念ながら牧場でのんびりはできないのね。

ctef.jpg
   ゾウに揺られて by Wayfare Travel


旅行情報
チェンマイのトレッキングツアー
http://www.wayfarersthailand.com/



6500km泳いで流れ着いたペンギンのお話
World Traveler in Alaska

該当の記事は見つかりませんでした。