FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 02

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

サンディエゴからローカルなバスの旅 

Posted on 01:04:35

サンディエゴからロサンゼルスへの
電車とバスを乗り継ぎ、一番安く行く
ローカルな旅の始まりです。

ペギーに駅まで送ってもらい
そのままCoaster に乗ることもできますが、
一番安く行くのが今回の目的です。
私が乗った当時と今では料金が違いますが、
2020年の料金で案内したいと思います。

まずサンディエゴ市内バスの一日券を買います。
コンパスカードは前日に買っていたので、
今日は一日券のみ(6ドル)だけです。
VA HospitalでBreeze#101に乗り換えます。
このバスは海岸線沿いに走るので、
景色が良くて観光しているみたいです。

時間がなければCoasterに乗って
Oceansideまで行った方が良いです。
乗り継ぎは2時間以内なので
上手くいけばこちらの方が良いかな?

Oceanside トランジットセンターに行き、
Flex#395のバスを待ちます。
このバスは一日数便しか運行しません。
そして乗る前に身分証明書が必要です。
このバスにも一日券で乗車できます。

このバスはアメリカ海軍の基地内を通ります。
そのために通過するだけでも
身分証明書が必要だったのです。
ローカルなバスで基地内を通過するなんて
日本では考えられないことですね。

もちろん演習風景だって目のあたり、
電車に乗って南下していた時に
オースプレイが隣を飛行していました。
sd624.jpg
  サンディエゴのコーストライン by Tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカ  サンディエゴ  ローカルバス 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

シールビーチの友人に会いに、、、 

Posted on 01:04:57

ペギーの家には泊まりに来ただけ、
翌日はロサンゼルスに向かいます。
彼女は皆に会わせたかったので、
その日を選んでくれたようですが、
これから会う友人の都合も一致して
うまく予定を組むことができました。

これから会うのはシールズビーチに住む
ジョーンズ家の長女ジェニスでした。
彼女は結婚してからはずっと
シールズビーチに住んでいます。
ラホヤからもそれほど遠くないし、
妹さんも近くに住んでいます。

去年は旦那さんも休みも取れたので、
両親が世話している教会の仲間と一緒に
WYAMのボランティアに参加したようです。
お陰で皆さんとも知り合いになりました。
お子さん二人が成人してくれて
自分たちだけで生活できるのも、
参加できた大きな理由のようです。

彼女の仕事が終わるのが午後8時ですが、
お店に来るように言われました。
彼女は二つの仕事の掛け持ち、
自分でお店を経営する傍ら、
ある所でバイトもしていました。

電車で行くこともできますが、
シールビーチにあるお店に行くには
ロサンゼルスから戻ることになります。
結局時間の無駄になってしまいます。
それなら時間もたっぷりあるので、
英語のブログで見たことのある
ローカルな旅をすることしました。
sd621.jpg
    サンディエゴのコーストライン by Tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカ  サンディエゴ  ローカルバス 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ラホヤの教会でお食事会 

Posted on 01:04:03

ペギーの家に泊まったその夜は
教会のミーティングがあるので、
一緒に行くことになりました。
と言っても教会でのミサではなく、
週一回の夕食会だそうです。

そこにはボランティアで知り合った人達の
顔をたくさん見ることができました。
彼女が通うラホヤの教会では
毎年一回ボランティア活動として
YWAMの施設に手伝いに行っています。

ボランティアは無料奉仕ですが、
自分たちの食事・宿泊代として
一週間に100ドルぐらい払うようです。
私は別枠の無料滞在プログラムでした。

あれから一年も立っていなかったので、
全員の名前まで思い出せませんでしたが、
懐かしいひと時を過ごすことができました。
私がクリスチャンでないことを知っています。
施設にいる時は薦める人もいましたが、
ここでは布教されることはなかったです。

この仲間の世話役がジョーンズ一家
その時に知り合った娘さんに
翌日会う約束になっていました。
軍の関係でハワイ・日本に住んだ後、
この街でリタイヤしていました。

食事をしながら皆で歌ったり、
かくし芸を披露するコーナーもあり
楽しい雰囲気でいっぱいでした。
教会のミサの時の堅苦しさはなく、
食事で楽しもうと言う感じでした。
sd622.jpg
     ラホヤのビーチ by Tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカ  サンディエゴ  ラホヤ 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

オールドタウンで待ち合わせ 

Posted on 01:05:23

猫子さんとのオフ会が無事に終わると
オールドタウンまで送ってもらいました。
この辺りはまだスペイン領だったころに
砦とミッションが作られたところです。

カルフォルニアミッションの最初の建物、
スペイン政府、スペインのカトリック教会
によって建立されたものです。
サンディエゴの発祥地として知られています。
ここには州立歴史公園があって
アトラクションや食事も楽しめます。

私はこの入り口で別の友人と待ち合わせ、
それがこれから会う友達で泊めてもらいます。
前年のボランティアで知り合った女性です。

たまたま同じ部屋だったと言うだけですが、
彼女は教会のグループと一緒に
ボランティアに参加していました。
私がひとり参加だったこともあり、
教会グループに仲良くしてもらいました。

彼女の教会があるのはラホヤ(La Jolla)
サンディエゴの北部にあります。
有名人や資産家が多く住む、
高級住宅街として知られています。
平均住宅価格がビバリーヒルズを抜き
全米一になったこともあります。

訪れたペギーの家も広かったですね。
ご主人と長年暮らしていましたが、
亡くなってから友人が同居していました。
その方はお手伝いさんではないけど、
旅行好きの彼女がいない時でも
安心して開けられるようにと、
友人に同居してもらっていました。
sd612.jpg
    サンディエゴのビーチ by Tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカ  サンディエゴ  オールドタウン 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

「王冠をかけた恋」の舞台ですか? 

Posted on 01:03:23

コロナド島に建設されたホテル・デル・コロナド
リゾートホテルと言うと何処か遠くに行って
のんびりするというイメージが強いので
サンディエゴ市内に?と思いますが、
1888年このホテルがオープンしたころは、
ロサンゼルスからも遠く感じたのでしょう。

当時としては世界最大のリゾートホテル
現在でも木造建造物としては
アメリカで第二の大きさを誇っています。

このホテルは世界中から大統領や王室、
著名人がたくさん訪ねてきました。
そしていくつもの映画のロケ地として
本の中の舞台にもなりました。

そのひとつが「王冠を掛けた恋」で
知られるエドワード8世のお話です。
1920年彼がこのホテルを訪問した際に、
当時コロナドに住んでいたシンプソン夫人と
知り合ったと言う噂が流れていました。

しかし二人が知り合ったのは後日、
彼女が英国に夫と住んでいた頃に
王太子エドワードの愛人だったエルマが
シンプソン夫妻を紹介したそうです。

でもこのホテルならそんな
恋物語の舞台にぴったりなほど
ロマンチックな建物です。

ひとりで泊るには寂しいし
食事もちょっとしたお値段なので、
二人でコーヒーを飲んで話しました。
それでも心の中は豪華な気分になり、
サンディエゴの良い思い出です。
sd620.jpg
     ホテルデルコロナド by Tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカ  サンディエゴ  ホテルデルコロナド 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ