FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ジャービスベイからシドニーまでの見どころ

ジャービスベイからシドニーまで150km、
この辺りはショウルヘブンと呼ばれており、
南側のリゾートになって観光地もあります。

以前にもこのブログで書いた史跡の街『ベリー
最近はカフェなどおしゃれな店も増えて、
週末に尋ねるにはちょうど良いところです。
19世紀に建てられた建物も多く、
タイムスリップした気分になれます。
ベリーの観光案内

少し上るカイアマという街があります。
海水が60kmまで吹き上げる
潮吹き洞穴は見応えがあります。

夏ならジャンバルーアクションパークがお薦めです。
ウォーターパークが中心になりますが、
昔からゴーカートが有名でした。
泳ぎが苦手で水遊びしたい人向けですね。
ジャンバルーアクションパーク

ウールゴングは今や50万人を越す都会ですが、
南半球最大の中国寺院『南天寺』があります。
自由に見学することもできますが、
ガイドツアー(1時間半4ドル)に参加すれば、
南天寺について知ることができます。
南天寺の案内

仏教について教わる一泊のコースから
数泊する瞑想リトリートもあります。
私の友人の息子さんはここで挙式しました。
二人ともオーストラリア生まれですが、
彼女がベトナム人なので仏式を選んだのでしょう。

ウールゴンクからシドニーまでは
ロイヤル国立公園が広がっています。
ここは観光するとハイキングなどの
レクレーションに最適な所です。
ドライブしても良いですが、
電車に揺られても楽しいですよ。
ロイヤル国立公園 案内

ntj.jpg
 ウールゴングににある南天寺 by wiki




友達の別荘

私の友人の旦那さんも公務員でしたが、
50歳の時に退職してしまいました。
当時は60歳で年金が降りましたが、
あと10年働いて年金をもらうよりも、
50歳で退職して積み立てた年金を
早めにもらったほうが割がよかったそうです。

最近はそれほど条件も良くないので、
今から25年ほど前に退職して良かったのかも。
友達夫婦も別荘を持っていますが、
30年以上まえ10万ドルで買った別荘が、
今では75万ドル位するそうです。

友人の別荘をこの時は尋ねませんでした。
でも一年のうち3ヶ月近くは住んでいます。
私の友人は日本語の先生ですから、
彼女の休みの時は、この別荘で過ごしていました。

と言っても二人のお子さんが大きくなって、
シドニーに住むようになってからは、
シドニーに遊びにくる時間も必要で、
なかなか別荘に行く機会も少ないようです。

キャンベラにも家が2件もありますが、
前に住んでいたところを改築して売るとか?
5年ほど前に買った家は中古ですが、
前のオーナーがメカニックだったようで、
家に車を修理できる設備があったり、
自分でつけたエレベーターがあったりします。

しかし二人とも70歳近くになって、
大きな家に住んでも仕方ないと言っていますが、
将来はどちらに住むのか決まっていません。
あちこち痛いと体が動かなかくなったら、
別荘に行って掃除するのも大変と言っています。
売るにも空き家にしなければなりません。
それこそ体が動くうちに決めないとね。

601-NCW4727-South-Coast.jpg
    オーストラリアの普通の別荘 


海のそばに別荘を持つ公務員

クーマからキャンベラを通れば、
シドニーまで6時間もかかりませんが、
まだ二日も休みがあったので、
海岸線沿いに帰ることにしました。
コジオスコに登山できなかったので、
その分半日以上時間が空いてしまいました。

シドニーから北はセントラルコーストと言い、
ゴールドコーストまでリゾートが広がっています。
この間パスフィックハイウェイ沿いに走ると、
同じような街がいくつもいくつも続いています。
大きな街がいくつかありますが、
長いことドライブしているとあきますね。

シドニーから南へはプリンセスハイウェイです。
海沿いにメルボルンに行くこともできますが、
距離的には内陸部を通る方が近いです。
こちらも最近はリゾートとして人気が出ています。

キャンベラは内陸部で高地にあるため、
夏はシドニーよりも暑くなり、
冬はぐう〜んと冷え込みます。
1日の寒暖差も激しく、
その差が25度近くになるときもあります。

オーストラリアの首都ですが、
以前から官僚の街と言われています。
働く人の20%近くが公務員と言われ、
安定した給料と休みが多いので、
海沿いに別荘を持つ人が多かったです。

夏は暑さを、冬は寒さを逃れて
キャンベラから海に逃れていきます。
シドニーの南側と言いながら
海沿いでは冬でも雪が降らなければ、
夏でもそれほど暑くなりません。

週末ごとにドライブする人もいれば、
学校が休みの時は自分もホリデーをとって、
ずっと別荘で過ごす家族も多いです。

各州都は海の近くにありますが、
首都キャンベラだけは海から離れています。
オーストラリア人にとって
海のそばに住むのは憧れのようです。

10427300_10153711495759762_5003186653491171753_n.jpg
      国会議事堂 by Visit Canberra

旅行情報
キャンベラの観光案内
http://www.visitcanberra.com.au

該当の記事は見つかりませんでした。