FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

不景気になったら仕方がないよ

ラスベガス三年目はひどかったですね。
サブプライム住宅ローン危機で
「売家」の看板があちらこちらに出ていました。
「売家」ならまだ良いのですが、
殆どの家が「Foreclosure」になっていました。

持ち主が住宅ローンを払えなくなり、
銀行が抵当権として抑えたものを、
裁判所が売りに出したものです。
家の売値はピークの1/3以下になりました。

お金がある人はどんどん家を買ったようですが、
それでも借り手がいないと元は取れません。
景気が悪くなれば、他の街に移動するので、
結局空室もどんどん目立ってきました。

わずか数年前のラスベガスは、
億単位のマンションが売られていました。
皆値上がりを目当てにした投資です。
でも値下がり始めると計画倒れ、
結局空き地のまま残っていました。

景気が悪いと失業保険が降りやすいです。
2年間働いたので少しですが支払われました。
学校の授業料も払ってくれるというので、
ディーラーの養成学校に戻って、
さらに6種類のゲームを習いました。

毎日通った学校は楽しかったですね。
年齢を越えて友達がたくさん出来ました。
同じ目的を持っているので話も弾みました。

ベテランディーラーが解雇されているので、
新規採用は殆どありませんでしたが、
私はそれほど気になりませんでした。
「シドニーに戻れば」という保険もあったし、
夢を追いかけているのが嬉しかったです。

一応新規のカジノがオープンするというので、
オーディション(面接)を受けて合格になりました。
しかしカジノの担当者が辞めたりして、
最後はうやむやになってしまいました。

これはシドニーに戻れという暗示ですね。
私には戻れる場所がありました。
そこには何とか仕事もありました。
焦ることなく風の吹くまま流れてみました。

NYNY[1]
  ニューヨークニューヨーク by wiki

永住権を保持するのも大変です。

南米への航空券も予約して
あと1っか月で出発という時に、
母からの手紙が到着しました。
大きな封筒の手紙の中には別の封筒があり、
差出人はロサンゼルスの弁護士でした。

中を開けてみると、、、
グリーンカード当選の通知でした。
3年以上待ったアメリカの永住権が、
オーストラリアに移民してから降りたのです。
それから一か月は面接のための書類集め、
そしてすべての必要な手続きを
旅行前に揃えなければなりません。

南米の旅行が終わりカナダに行きましたが、
仕事をしている時間はありませんでした。
日本行の航空券を予約したら、
後のはのんびりと旅行することにしました。

日本のアメリカ大使館での面接が終わると、
そのままアメリカにとんぼ返りしました。
アメリカに入国しないと永住権はおりません。
こうなると旅行というより追い立てられています。
しかし私の夢だった「グリーンカード
こうして手に入れることができました。

私が一緒に住んでいた友人も、
ガイドをしていた時の友人たちも、
かなりの率でグリーンカードを取りました。

最初の応募で2回にわたり
合計10万人が当選したそうです。
再抽選でさらに5万人が当選したそうです。
私達はどうやらそこで選ばれたようです。

グリーンカードは郵送されるので、
友達の家に送ってもらうことになりました。
そして私はそのままシドニーに戻り、
オーストラリア暮らしを楽しみました。

こうやってカナダの永住権をとってから
10年のうちに3つの永住権を取りましたが、
これをキープするのも大変なんですよ。
結局私の旅は一生続くことになりました。

RNP[1]
    ロイヤルナショナルパーク



ロサンゼルスで冬を過ごす

バンフからロサンゼルスへのドライブ旅行は、
今まで一番思い出に残っているドライブです。
カナダとアメリカの国立公園を楽しみました。
私も友人も大自然に魅了されてしまいました。

ロサンゼルスでは友人のアパートで
一緒に暮らすことになりました。
住む所さえあれば車があるので問題なし、
日本人の多い街ですから仕事はたくさんあります。
ウェイトレスの仕事もあったかけど、
観光客が多いのでガイドの仕事もありました。

小さな旅行会社でしたが、仕事はありました。
私以外にもぐりで仕事している人はいました。
カナダの免許を持っているので、
たまにハイヤーカーでドライバーガイドもしました。

観光ビザだけどカナダの永住権を持っていると、
メキシコとの国境も簡単に出入国できました。
お陰でメキシコ観光が回ってきました。
不法滞在で出国できない人もいたのです。

日本人でもたくさん不法滞在していました。
一応会社にスポンサーになってもらい、
永住権が取れるまで頑張っているようです。
そこまでして永住権も欲しくないけど、
やっぱりアメリカのビザは欲しかったです。

そんな時耳寄りな話を友達が教えてくれました。
5年以上の不法滞在者に恩赦がでるかわりに、
宝くじグリーンカードの抽選が行われると、、。
日本生まれの人は誰でも申請できるけど、
当たるのはわずか5万人という話でした。

当時は早い者勝ちというので、
私達は現地の弁護士を通して応募しました。
というかこの移民弁護士が話しかけて、
応募する日本人を集めていました

全世界から150万通以上の応募がありましたが、
当選したのはわずか5万人でした。
私達はどちらも当選しませんでしたが、
翌年にその中からさらに5万人が当選するそうで、
私達は翌年に期待をかけてみました。

MonumentValley-to-FourCorners_026[1]
アメリカで一番好きなモニュメントバレー


サポートセンターでの面接

ロサンゼルスに到着した数日後、
私はグリーンカードの申請のために
サポートセンターに出かけました。
申請した住所に一番近いセンターを

面接場所として指定してくるので、
ダウンタウンから遠い所に
行かなければなりませんでした。
車のない私はグーグルで地図を検索して、
バスを乗り継いて行くことにしました。

サポートセンターに到着すると、と
受付で面接時間が記入された用紙を見せ、
名前が呼ばれるまで待ちます。

私の名前が呼ばれると担当者に会い、
パスポートとグリーンカードを提出。
担当者がスキャンして特に問題がなければ、
グリーンカード用の写真撮影と
親指の指紋を取られました。

嘘や誤魔化しをしていなければ、
グリーンカードの申請は簡単です。
免許所を更新するように、
事務的に処理されていきます。

グリーンカードはその後郵送されます。
古いグリーンカードの後ろに、
「何月何日まで有効」の紙が貼られ、
それまではこのカードを利用できます。

アメリカ国内での住所が必要なので、
もし住んでいない人は友人に頼むとか、
郵便局で私書箱を作って、
グリーンカードが郵送できる住所を
確保しておく必要があります。

s_plane476[1]
   スピナード湖の水上飛行機


2017年の旅より
アンカレッジ空港の隣には、
フット湖とスピナード湖を繋いで
水上飛行機用の滑走路があります。
一日500機以上の飛行機が発着しますが、
多いときには1000機以上も発着します。

アラスカにある都市の25%しか
道路で繋がっていないので、
飛行機や船が大事な交通手段、
山間の中も湖があれば
水上飛行機で行くことができます。

ここからは遊覧飛行機だけでなく、
フィッシングやハンティングに行く人たちが
ロッジまでチャーターすることもあります。
世界で一番賑やかな
水上飛行機の飛行場です。

グリーンカードの申請書を記入したら

グリーンカードの申請は
USCISサイトでI-90の記入が終わると、
申請者の身分証明として、
グリーンカードやパスポートなど必要書類を
スキャンしてアップロードします。

記入したI-90とアップロードした書類に
問題点がないかどうか再確認をします。
特に問題点が見つかなければE-サインをします。

次にグリーンカードの申請料を払います。
前回私が申請した時は450ドルでしたが、
現在は540ドルに値上がっています。
次に申請するときはいくらになっているか、
ちょっと想像もつかない状態です。

申請料の支払いが終わると、
USCISからForm I-797Cという
申請を確認する書類が送られてきます。
この番号は控えておいてください。

さらにその一週間後ぐらいに、
Biometricサポートセンターに行く日が
書類で郵送されてきました。
と言っても私はアメリカにいなかったので、
友人が書類をスキャンして教えてくれました。

私は数か月後くらいの予定をしていたら、
何とわずか4週間後でアポイントでした。
その日はガイドの仕事が入っており、
一週間ほどツアーをしなければなりません。

その日に行くことができないので、
Request for Reschedulingという
セクションにチェックマークを入れて
郵送するように友人に頼みました。

s_1502227596256.jpg
    ダイヤモンドヘッドの売店


2017年の旅から
ダイヤモンドヘッドに登るのは
長い間の夢でしたが、
頂上まで行くのは結構大変でした。
でも上からの眺めは最高でしたね。

トレイルから降りてくると
とっても暑くて喉が渇きますよね。
ハワイ名物になったかき氷や、
パイナップルのスムージーが
この売店で販売されています。

でもお値段はかなり高いので、
無料のお水で我慢我慢。
冷たいものを飲むとお腹を壊します。
気温の差には注意しましょうね。


該当の記事は見つかりませんでした。