FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

カナダ旅行 3日目『カナディアンロッキーの旅』

いつもブログ訪問ありがとうございます。
私の過去の旅行記を書いていますが、
9月25日から’ちょっと予定を変更して、
現在旅行中のカナダ旅行記を書いています。

カナダ旅行3日目は旅行のハイライト
カナディアンロッキーの旅』です。
バンフからジャスパーへ300KMの旅です。

レイクルイーズは、昨日見学したのでスキップ。
一機に『ボーレイク』まで走ります。
その後は、昨日と同じように湖が続きます。
『ペイトーレイク』を過ぎたら、
湖ともだいたいお別れになり、
これからダイナミックな山が続きます。

しかし観光のハイライトは何と言っても、
『アサバスカ氷河の雪上車観光』ですね。
私がいた頃と違い、『スカイウォーク』もあります。
でも今回は雪上車のみの観光ですが、
個人でくると片方のみの観光はできないとか、、、。

それが終わったら一路ジャスパーへ、
バンフに比べて日本人も観光客も少ないです。
でもバンフ〜ジャスパーを縦走しないと、
カナディアンロッキーの旅は完結しません。
ジャスパーまで来る価値はありますね。

皆さんもせっかくロッキーに来るなら、
ジャスパーも訪ねてください。
そして明日行く『マリーンレイククルーズ』も
是非忘れずに楽しんでほしいと思います。

805778363_9f6b49fb4e_z.jpg
    アサバスカ氷河の雪上車



ロッキーの旅 その4『ジャスパーからバンクーバーへ』

翌日はのんびり起きてジャスパーの観光です。
モーレンレイク観光がハイライトになります。
船だけで2時間近い観光ですが、
途中の観光も入れると半日以上はかかります。

途中にはメディスンレイクもあります。
この周辺ではいつものように
ロッキーマウンテンシープを見ました。
いつも泥に含まれているミネラルを舐めています。
季節柄毛が抜けていると汚いですが、
エルクとともに一番良く見られる動物です。

ジャスパー周辺にはたくさん湖があります。
バンフ周辺の湖に比べると可愛くてきれいです。
特にバーパークロッジの前にある、
ボーバードレイクは緑がとても深い湖です。
ここに来る度に一度働いたことのある
軽井沢プリンスホテルを思い出していました。

観光が終わってから午後ジャスパーを出発しました。
バンクーバーまで一日半で行く予定です。
途中のモーテルで適当に泊まる予定でした。

マウントロブソンを写真撮影しましたが、
まだこの州立公園を尋ねたことはありません。
ロッキー山脈の後では印象も薄くなります。

後退でドライブがしましたが、
走っているだけでも楽しいのが良いですね。
グランドサークルと異なって緑が多いので、
目も疲れないけど日差しはやはり強いです。

バンクーバのホテルも予約してあるので、
到着の時間に関する心配はありませんでした。
途中何の変哲もない所でも、
写真撮影したくなったり、
お茶を飲みたくなったら車をとめて、
のんびりと移動する日があっても良いです。

都会に向けて行く時は楽ですね。
暗くなっても道が分かりやすいし。
ラッシュアワーを避けるようにするには、
遅く着いた方が却って得でした。


gallery1_bg.jpg
    by Maligne Lake.com


旅行情報
カナダ観光局
http://jp.canada.travel
カナダの国立公園
http://www.pc.gc.ca/progs/pn-np/index.aspx
ジャスパーの観光局
http://www.jasper.travel


ロッキーの旅 その3『アイスフィールドパークウェイ』

翌日はコロンビアアイスフィールド観光です。
バンフからアサバスカ氷河観光まで約200km
車で2時間半ぐらい距離です。
一番の観光であるレイクルイーズは見たので、
他の所でゆっくりと時間が取れます。

ただし観光バスと違って氷河観光する時は
予約が出来ない分待ち時間があります。
雪上車観光はしなくても良いと言うので、
その分ゆっくりと他の観光をすることにしました。

前日にボーバレーパークウェイを通ったので、
今日は国道1号線を通り
キャッスルマウンテンで写真撮影しました。
その後アイスフィールドパークウェイに入ります。

クローフットグレイシャー、ボーレイク
一番高いボーサミットの近くにあるのが、
バスクリンのような湖、ペイトーレイクです。
その後何カ所見所で停まって
いよいよコロンビアアイスフィールドに到着。
ここでは氷河の麓まで歩いて行きました。

私がいた頃に比べてもかなり後退しました。
何年はここまであったと表札がありますが、
温暖化だけではなく観光客が多いので、
それらの影響もかなりあると思います。

食事が終わるとジャスパーに向けて出発です。
バンフ国立公園に比べると見る所は少ないですが、
初めての人にはそれなりに感動的でしょう。
三人ともたくさん写真をとっていました。

時間的に少し余裕があったので、
エンジェルスグレイシャーを見に行きました。
友達が来てくれたお陰でたくさん見れます。
レンタカーしないとここまでは入ってこれません。

これはお互いさまとしか言えませんね。
皆にとっては専属ガイドがいるのですから。
簡単に来れる所ではないからこそ、
時間の許す限り見て欲しいのが願いです。

800px-Peyto_Lake-Banff_NP-Canada.jpg
   ぺイトーレイク by wiki


旅行情報
カナダ観光局
http://jp.canada.travel
カナダの国立公園
http://www.pc.gc.ca/progs/pn-np/index.aspx
ジャスパーの観光局
http://www.jasper.travel


ロッキーの旅 その2『ヨーホー国立公園』

こうじさんはホテルに泊まり、
私は友達のアパートで過ごしました。
彼は翌日バス観光に参加したようですが、
私は友達を迎えにカルガリー空港に行きました。

添乗員時代のお客さん、それからずっと連絡をしており、
私がカナダに遊びに行くと言うので、
一緒に旅行することになりました。
三人で航空券とホテルだけを買って
ナイアガラ観光をしてからカルガリーにきました。

ここからは私がすべてホテルを手配しました。
ガイド時代の名刺があるので割引が聞き、
レンタカーもホテルも半額ぐらいで予約できました。

翌日はヨーホー国立公園に行きました。
バンフからの一日観光は
コロンビアアイスフィールドが一番ですが、
私達はジャスパー経由で帰るので、
その日はヨーホー国立公園だけの観光です。

バンフからレイクルイーズまでは一時間。
尋ねる度にホテルが大きくなっていました。
日本からの旅行者はバンフ滞在が二日。
移動して一日、翌日観光パターンが多いので、
ヨーホー国立公園を観光する人は少ないです。
折角ここまで来るのにそれでは勿体ないです。

ロッキーを観光するからには
バンフとジャスパーは両方滞在して欲しいです。
そしてヨーホー国立公園も尋ねて欲しいですね。

私の大好きはモレーンレイクは見逃せません。
タカカオフォールズやエメラルドレイクも、
この側にあるホテルで昼食を食べました。

最近はガイド仲間からの評判は悪く、
以前に比べると食事もサービスも悪いようです。
でもこの静かな山に囲まれたホテルは
私の憧れのホテルでもあります。

過去に友達と旅行した時に泊まる機会もありました。
でもその値段にびっくりしました。
さすがにケチな私は恐縮してしまいました。
無理をしてまで泊まる必要はありません。

しかしカナダの大自然は差別することなく、
だれでも寛大に迎え入れてくれます。
朝起きた時に良い景色が見れるかもしれないけど、
外に出ればみんな同じ景色がまっているのです。

DSCN1725_768 copy
    モーレンレイク



旅行情報
カナダ観光局
http://jp.canada.travel
カナダの国立公園
http://www.pc.gc.ca/progs/pn-np/index.aspx
バンフ観光局
http://www.banfflakelouise.com/Plan-Your-Trip/Visitor-Information

ロッキーの旅 その1『バンクーバーからバンフへ』

こうじさんが初めてのバンクーバーなので、
Hiroさんが仕事をしている間、
彼の車をかりて観光をしていました。

バンクーバを離れて10年以上経っていました。
数回遊びに来ていても観光する機会はありません。
この時とばかりに私も観光のおさらいです。
と言ってもバンクーバー周辺では見る所も少なく、
せいぜいウィスラーがぐらいしか遠出できません。
さすがに数日かけて旅行する気力はありません。

しかし私もバンクーバーだけではつまらないので、
バンフに遊びに行くことにしました。
添乗員をしていた時に知り合ったお客さん達と
バンフからバンクーバーまで旅行することになりました。

本当はバンフでガイドでしたいと思っていましたが、
仕事をするにはちょっと短いし、
季節的に夏休みの旅行シーズンに入っていました。
以前働いていた会社に連絡はしていましたが、
あまり良い返事ももらっていなかったので、
働く気力も薄れていたのが事実です。

バンクーバーからレンタカーをしてバンフに行き、
バンクーバーまで戻ってくれば安くつきます。
片道ひとりではちょっと心配だったので、
こうじさんを誘うことにしました。
二人でガス代をシェアーして一日で行きました。
彼もバンフには行きたかったのでようですが、
バス代よりはガス代の方が安くつきます。

その頃は新しい道路が完成していたので、
思ったよりも早く着くことができました。
1時間の時差はあっても夏は夜が遅いので、
明るいうちに到着することができました。

オーストラリアに移民してから
カナダもかなり遠くに感じていますが、
ここに戻って来ると懐かしい気持ちでいっぱいです。
ただし観光料金もホテル代も高いので、
友達がいない限り長期では滞在できません。

DSCN1750_793 copy
     レイクルイーズ

旅行情報
カナダ観光局
http://jp.canada.travel
カナダの国立公園
http://www.pc.gc.ca/progs/pn-np/index.aspx
バンフ観光局
http://www.banfflakelouise.com/Plan-Your-Trip/Visitor-Information



該当の記事は見つかりませんでした。