FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

40年前に移民したお姉さん

翌日はやや曇り空でした。
数日前に雪が積もったバンフ、
その日も雨の予報が出ていました。
今日は移動で観光はありませんが、
雨よりは晴れが良いですね。

日本から直行便が到着するのは11時頃、
シャトルバスに乗って空港に行き、
簡単な朝食を取ることにしました。
日本から来るのは2組ですが、
空港で平さんと会う予定でした。

平さんのお姉さんはカルガリー在住、
40年以上前に恋人を訪ねて、
カナダに移住してきたそうです。
一度も会ったことのないペンパルと
結婚を決めて渡航したそうです。

それから一度も帰国したことないとか、
だからお姉さんと会うのは40数年ぶり、
このカナダ旅行がなかったら、
二度と会う機会もなかったかもしれません。

空港に着くとお姉さん家族がいました。
英国出身の旦那さんと成人した二人のお嬢さん、
そして日本人とはお目えないお姉さんがいました。
私も何度も現地の人に間違われましたが、
お姉さんは色も浅黒くネイティブと言っても、
通じるほどにカナダ人化していました。

家族の会話は英語ばかりなので、
日本語も少したどたどしかったですね。
娘さんは日本を訪ねたことあるそうですが、
お姉さんは帰る気力もなかったそうです。

私が来る前からカナダにいるお姉さん、
同じカナダに移民した人間として、
どうしてもお会いしたかったけれど、
やはり移民した時代の背景を感じました。

bf1237.jpg
 バンフを流れるボー川 by tripadvisor



2020年 謹賀新年

明けましておめでとうございます。

令和になって初めての新年を
皆さん如何お迎えでしょうか?
今年も皆さんにとって良い年になることを、
シドニーの空の下から願っております。

21世紀になって初めてのオリンピックが
開催されたのがこのシドニーでした。
まだ昨日のことのように覚えていますが、
あれから20年目がやってきたのですね。

そして今年は東京オリンピックの年ですね。
最初のオリンピックの時には、
まだ小さかったので覚えていませんが、
あの時はたくさんの感動を与えてくれましたね。
今年のオリンピックでもあの感動を
もう一度見ることができるのでしょうか?

オリンピックには日本に行こうかと思っていましたが、
人が集まる所が大嫌いな私なので、
今年も日本から遠ざかることになりそうです。
でも皆さんのブログで楽しませてもらいます。

今年の目標は中央アジアです。
頭の中はいつも旅行のことばかり、
記事のネタが無くならないように
元気なうちに旅行しようと思っています。

さてこのブログは今4年前の旅行記です。
トランプ氏が大統領に就任した年です。
私が一番好きなカナダも行きました。
あれからまだ戻っていませんが、
近いうちにカナダに戻りたいとも思っています。

そしてそのカナダで一番好きなところが
ガイドをしていたカナディアンロッキーです。
その中でも私が好きな場所が、
今日の写真にあるモレーンレイクです。

世界中には美しい所がたくさんありますが、
皆さんに一度は見て欲しいのがロッキー、
そしてこの湖のほとりでお過ごしください。
いつもの生活から解放されますよ。
だから私の頭の中にはいつも、
この景色が鮮明に残っています。

皆さんにとってこの一年が、この湖のように
平和と穏やかさを届けてくれることを願っています。


2020年 1月1日
takechan0312@シドニーにて

Moraine-Lake-Banff-National-Park-Canada-Alberta[1]
   モレーンレイク@バンフ国立公園


へそくり上手なまさみさん

翌日はバンクーバーでフリーでした。
昔なら会う友達も多かったけど、
今知っているのはヒロさん夫婦ぐらいです。
彼は仕事なのでまさみさんと会うことにしました。

午後に会ってお茶をしながら旅行の相談。
今回日本から旅行で来る人達の
お世話を手伝ってもらうつもりでした。

それが終わると二人で食事しました。
昨日の空港まで迎えにきてもらったので、
まさみさんを招待しました。
と言っても贅沢はできませんが、
働いていない彼女に出させる訳には、、。

と言っても彼女はへそくり上手です。
結婚してから殆ど働いたことありませんが、
ヒロさんが生活費を彼女に渡します。
その中から子供たちを育て、
二年に一回は帰国していました。

多分若いころに働いたお金や、
お母さんがくれたお小遣いなどを、
こまめに貯めていたのでしょうね。

あるときヒロさんのお母さんが亡くなり、
突然帰国することになりました。
でもへそくりの下手なヒロさんは、
一セントの貯金もありませんでした。

航空券はクレジットカードで買い、
まさみさんが渡した日本円を持って、
帰国していったヒロさんです。
お陰で奥さんには頭が上がりません。
いつも彼女に気を使っています。

van1215.jpg
 イングリッシュベイ by tripadvisor



夜遅くにお邪魔しました


ヒロさん宅に来るのは何年ぶりでしょう。
バンクーバーに来るたびに
まさみさんとは市内で会っていたけど、
ヒロさんと会うのは十数年ぶりですね。

彼が以前お店を持っていたころは、
直接お店に遊びに行っていました。
いつも美味しい寿司を食べさせてもらい、
食事代を浮かすことができました。

まさみさんが結婚したのも、
美味しい寿司につられたのかもしれません。
体は太っていてごっつい感じでしたが、
とっても優しくて彼が敷かれていました。

すでに年金をもらっていましたが、
「70歳まで働くからね」と言い、
働くことだけが趣味のような人です。
仕事が終わると家に戻っては、
朝まで日本のテレビ番組を見ていました。

インターネットは入っていますが、
二人はPCを使うこともしません。
You Tubeなんて便利なものがあるのに、
今でも録画されたCDを借りて来ては、
日本の番組を見て楽しんでいます。
このアパートにいる限り日本ですね。

昔ならみんなですぐに飲んでいました。
でもヒロさんはまだ車の運転あるし、
私も旅の疲れで飲む気はしません。

小腹が空いたと言ったら、
まさみさんがラーメンを作ってくれました。
こういう気兼ねが要らないのが好きです。
二人はバンクーバーの家族です。

van1212.jpg
   バンクーバー by tripadvisor

空港まで迎えに来てくれた友人

バンクーバー空港から外にでると、
すでに冷たい風が吹いていました。
日中はまだ暑さを感じるこの街も、
秋に入ると風が冷たくなるようです。

私は携帯がないのでネットにつなぐと、
ヒロさんとスカイプで連絡を取りました。
何処で待っているからと言われても
空港内では想像することもできません。
少しすったもんだがありましたが、
何とかヒロさんと会うことができました。

ホテルまで送ってもらう予定でしたが、
「家に寄っていく」と言われたので、
そのまま彼らのアパートに寄りました。

上のお子さんが小さいときに引っ越して、
すでに25年以上住んでいるかな?
バンクーバー市内が入り江の反対側、
人口増加に伴い交通も整備され、
私がいたころより便が良くなりました。

二人の子供は一緒に住んでいますが、
夜遅くまで戻ってこないようです。
小さいときに会ったきりで、
顔をみても分からないと思います。
結局私がアパートにいる間、
戻ってきた気配もありませんでした。

こんな遅くに尋ねてと思われそうですが、
昔から二人とも「よいっぱれ」でした。
朝の2~4時ごろでないと寝ないのです。
私はシドニーから来ているので時差ボケ、
まだビンビンに頭が働いていました。
飛行機が夜遅く到着で助かりました。

van1213.jpg
 ノースバンクーバー by tripadvisor


該当の記事は見つかりませんでした。