FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

カナダにいる姉と会いたいのですが

現在安い航空券を予約すると、
キャンセルできないことが多いですが、
日程の変更ができるのもあります。
安い航空券は条件が厳しいですが、
24時間以内のキャンセルなら無料
という旅行予約サイトも増えています。

さてその航空券を予約する前に、
参加予定の平さんからメールが届きました。
カルガリーにお姉さんがいるから、
ツアーの最中に何処かで会えるように、
アレンジして欲しいという希望でした。

アレンジすると言ってもひとりでは行けないし、
お姉さんに会いに来てもらうのがベストですね。
バンフまで来てもらうこともできますが、
それではゆっくりと時間が取れません。
それに仲間と言っても気兼ねしますよね。

そこで「数日前にカナダに来たらどうですか?
そしたらゆっくりと過ごせますよ」と返事すると、
お姉さんに連絡してから返事すると言われました。

念のためにお姉さんの住所を訪ねると、
カルガリー市内からも空港からも
あまり遠くない便利の良い所でした。
1988年カルガリーオリンピック際に
ジャンプ競技が行われた会場の近くです。
ツアーでその近くを良く通っていたのですね。

カルガリーにいるお姉さんが、
車で空港まで迎えに行けるとの話でした。
日本からの出発は問題ないけど、
カナダに到着して入国が心配と言われました。

でも奥さんは海外旅行の経験あり、
「入国くらいなら何とかできますよ」
後はお姉さんが迎えに来るから」
と軽く聞き流しておくことにしました。
cnd030.jpg
カナディアンロッキー by TravelAlbeta


カルガリーまでは直行便で

列車の予約ができたら、
次は航空券の手をしなければなりません。
列車は私の友人のカードで手配しましたが、
航空券となると値段も高くなります。

そこで各自のクレジットカードと
個人情報を教えてもらうことにしました。
私の友人の知りあいでなかったり、
彼がツアーに参加しなかったら、
教えてもらうのも無理でしたね。

でも各自で航空券を予約してもらうのは、
もっと無理だったかもしれません。
インターネットで簡単に予約できる時代、
だからこそ素人でもツアーが企画できます。

ロッキーの玄関口カルガリーまでは、
バンクーバー経由でも行けますが、
エアカナダの直行便が便利です。
バンクーバ経由でカルガリーに行くと
3時間ほど余分に時間がかかります。

日本国内は成田空港の発着ですが、
カナダでは到着がカルガリー、
出発がバンクーバーになります。
これをオープンジョーと呼びます。

日本からの往復航空券では、
1都市間の往復だけでなく、
2都市の利用でもあまり変わりません。
カナダ東部や国内の航空券をいれた
安い往復周遊券も購入できます。

ジャスパーまで足を延ばしたり、
鉄道の乗車する予定がなければ、
航空券とホテルが含まれた
ツアーを利用した方が安いですよ。
cnd031.jpg
カナディアンロッキー by TravelAlbeta


まずはVIA鉄道の予約から

最初は行く予定のなかった私の友人も
カナダ旅行に参加することになりました。
私が誰かと部屋のシェアーもできないし、
友人の仲間だから参加した方が良いですね。

カナダ旅行の骨組みができると、
まず予約しなければならないのが、
ジャスパーからバンクーバーまでの列車でした。
航空券を購入してから列車が予約できないと、
日程が全部変更になりますからね。

カナダの客車はVIA鉄道が運営しています。
トロントからバンクーバーまで
週2便5泊6日で運行しています。
夏の期間だけ週1便だけですが、
エドモントン出発の便が追加されます。

私たちがこの鉄道を利用したころは、
ジャスパー発が午後2時過ぎでした。
お陰でその日の午前中には
ジャスパーを観光することができました。

最初は座席の確認のみでした。
予約できる日を日本に連絡して、
日程を決める必要がありました。
ハッキリと決まったら正式に予約です。

私たちが利用するのは座席のみ。
予約日や予約の条件に応じて
料金にもいろんな差がありました。
60歳を超えると割引になりますが、
割引料金ではあまり変わりませんでした。

数日後に実際に予約を入れたら
少しだけですが割増しになりました。
割引料金は座席数が決まっていますが、
ギリギリに予約すると安いときもあります。
cnd033.jpg
カナディアンロッキー by TravelAlbeta




ドライバーガイドがついた専用車


2番目に見積もりを頼んだ旅行会社は、
人数に応じて専用車を手配できました。
はっきりと人数は確定していませんが、
バンフからジャスパーまでの移動も、
200ドルプラスでやってくれました。

ジャスパーからバンフまでは約300km
最低でも3時間半ぐらいかかります。
これをプラス約2万円でやってくれるとは、
ガソリン代とガイドさんの給料だけですね。

レンタカーをカルガリーで借りて、
ジャスパーで返すことを考えたら、
乗り捨て代だけで5万円ぐらいでした。

ロッキー山脈のハイウェイ―で
ミニバンを運転するのも怖いけど、
荷物をどう積めるかも問題ですが、
雪が降る可能性もありました。

私がバンフに住んでいたころは、
ドライバーガイドの経験もありますが、
運転していたのは大型のセダンまで、
ミニバスやバンは運転しませんでした。

こうやって見積もりが出てくると
ツアーに必要な経費が把握出来ました。
それぞれの予定に合わせて、
チャーターバス、タクシーと
レンタカーを組み合わせしました。

バンクーバー市内では、
バスやフェリーも利用するつもりです。
もちろん何処に泊まるかによりますが、
地元に暮らしているように過ごせば、
ツアーでは見えない現地が見えますね。
cnd028.jpg
  カナディアンロッキーを通る道路

ミニバス会社は他にもありますよ

私がいた旅行会社の見積もりが高かったので、
バンフにある別の会社を探し始めました。
手術するにもセカンドオピニオン。
私なんてミニバスチャーターと決めても、
他に安い手段はないかといろいろ探しています。

現地でミニバスを持っているのは、
タクシー会社が多かったですね。
バンフにやってくる観光客は
大きなバスツアーでやってくるか、
定期観光バスを利用する人が多いです。
私のようにツアーを頼むのは少ないようです。

もちろん担当者の方にもメールを書きました。
「香川さん、ロッキー初めてのお客さんなら、
日本語を話すガイドも必要でしょうが、
私は仮にも英語は問題ない元ガイドですよ。
それに何度もバンフに戻っています。
英語のドライバーでも案内できますが」

結局他の日系人のバス会社を見つけました。
この会社は私がいたときはなかったです。
ハイキングなどのアウトドア―を中心に、
パッケージツアーで行けない場所や、
個人旅行の観光客を案内しています。

この会社がやっているツアーにも参加できますが、
7人ぐらいいたらチャーターした方が割引です。
もし参加人数が7人集まらなかったら
ひとり分の負担が増えることになります。

料金は前に頼んだ会社よりもかなり安く、
日本人のドライバーガイドなので、
私がガイドする必要もありませんでした。
そして観光日は昼食付でした。
現地の観光は昼食なしが多いので、
昼食付の料金は魅力的でした。
cnd025.jpg
   カナディアンロッキーにある湖



該当の記事は見つかりませんでした。