FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ダンズリバーフォールズの滝登り

オーチョリオスに到着したらまず昼飯。
シダの渓谷『ファーンゴリー』を
抜けたところにあるレストランで食事です。
観光客向けのようであり、
ローカルが利用するような所でした。

私は名前も分からないような魚の揚げ物。
他の三人はローカルの肉料理でしたね。
いつも自分で作って食べているので
たまに外で食べると美味しく感じます。

この後ダンズリバーフォールズパークに行きました。
シンボルが用件をしている間に、
有名な滝登りに挑戦することにしました。
現在はここの入場料はUS15ドルです。
滝登りだけにはちょっと高いかもしれませんね。
でも観光客だから仕方ありませんが、、。

礼君と孝君はは水着に着替えましたが、
私はTシャツと短パンで挑戦します。
丁度若い日本人女性が通りかかると、
二人とも早速声を掛けていました。

一旦海まで降りて河口まで行きます。
そこから180mほどの高さがある
滝を皆んなで手をつないで登っていきます。
ひとりでさっさと登っている人もいました。

他人と手をつなぐなんて滅多にないこと、
滝を登っていると童心に戻れます。
足が滑るので運動神経の良さそうな人の
後について登った方が良いかもしれません。

自分の後には絶対に太った人は嫌ですね。
その人が滑ったら一緒に滑りそうです。
そのまま河口まで戻ったら哀れです。
無事に滑らずに登ることができました。

dunn-s-river-falls-and.jpg
   ダンズリバー by Tripadvisor

観光情報
ジャマイカ政府観光局 日本語
http://www.visitjamaica.jp/where-to-visit/
ジャマイカ政府観光局 英語
http://www.visitjamaica.com
アフリカンシンボルゲストハウス
http://africansymboljamaica.info/taxi.html

オーチョリオスへ小旅行

せっかくジャマイカに来たというのに、
モンテゴベイで沈没していても仕方ないので、
観光で何処か行けないか探していました。
大家のシンボルがオーチョリオス
音楽関係の用事で出かけると行うので、
一緒について行くことしました。

最初はひとりだけ誘われたのですが、
大家と二人だけになるのは避けたかったので、
礼君と孝君を誘って観光ツアーになり、
ひとり20ドルぐらいで引き受けてくれました。

オーチョリオスまでは100kmぐらいです。
道路が悪いので2時間ぐらいかかるそうですが、
海外線沿いには高級ホテルが立ち並んでいます。
車窓からは青い海原と眩しい光が入り、
ジャマイカ(南国)にいると実感しました。

シンボルがトイレ休憩で停まってくれたのは、
ローカルの人達が利用するドライブインです。
それはビーチの側にある簡易食堂のようで、
フルーツや飲み物とか軽食がありました。

食堂と言ってもテーブルと椅子は外、
傘はあっても大雨が降れば濡れそうです。
蒸し暑くても冷房なんかありませんが、
海風が吹く木陰の下は気持ちが良いですね。

私はココナッツジュースを飲みました。
若いココヤシをその場でナタで切って、
冷えてもいないジュースを飲みます。
特に美味しいというわけではありませんが、
こんなに水分が含まれているなんて不思議です。

電解質はスポーツドリンクよりも多いそうです。
テトラパック入りのココナッツジュースが、
オーストラリアでも販売されていますが、
旅行先以外では飲んだことがありません。

ocho-rios.jpg
  オーチョリオス by Tripadvisor

観光情報
ジャマイカ政府観光局 日本語
http://www.visitjamaica.jp/where-to-visit/
ジャマイカ政府観光局 英語
http://www.visitjamaica.com
アフリカンシンボルゲストハウス
http://africansymboljamaica.info/taxi.html

該当の記事は見つかりませんでした。