FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ウルルに関する話題 

Posted on 00:00:12

このウルルの記事を書き始めた頃、
日頃訪れて下さる方のブログの中に
ウルル(エアーズロック)周辺に関する話題がありました。

マックさんのActus Newsからは
『ウルル(エアーズロック)にゴルフ場計画が浮上!』

エアーズ周辺は1980年代から
連邦政府、ノーザンテロトリー州政府の援助で、
大型リゾート施設が建設されてきました。
一番近いアリススプリングスまで500km近くありますが、
砂漠のど真ん中にゴルフ場を建設する必要があるのでしょうか。

そしてもうひとつはcherryさんのブログ
『続海外に住んでも英語は喋れない』から
オーストラリアでよくUFOが見られる理由(2)

このブログの中で紹介されている『パインギャップ』は、
アリススプリングス郊外にある
オーストラリアの重要な軍事施設だそうです。

しかしその施設を管理しているのはオーストラリア軍ではなく、
じつはアメリカの軍事施設として使用されているそうです。
その施設の中で何が起こっているのか、
一般の人に知らされることはありませんが、
少しづつ報告がされています。

ここで研究されていることが、
この辺りでUFOが多く見られる原因だそうです。
調べられたCherryさん自身が怖くなったと言われていましたが、
残念ながら全てはお話できないとか。
いつかその秘密を解き明かしてもらえたら嬉しいなあ。

詳しくはそれぞれのブログからお読み下さい。

pinegap.jpg
  Pine Gap Photo by Keith Douglass


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - エアーズロック  パインギャップ 
オーストラリア  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

エアーズロックの観光について 

Posted on 00:32:31

エアーズロックは現在『ウルル』と呼ばれています。
世界一の一枚岩と言われていますが、
実際にはマウントオーガスタが一番大きいそうです。
近くにあるマウントオルガは一枚岩ではあありません。
素人にはその区別は難しいですね。

オーストラリアの各都市からフライトがあり、
2〜4時間ほどかかります。
一日に1便から2便しかありませんので、
国際線から乗り継ぐ場合に乗れないときもあります。

ツアーでは一泊程しかしませんが、
登頂されたい方は最低二泊して下さい。
天候などの条件で登頂できな日もあります。
レンタカーをお持ちの方は自分でも行けます。
個人で来られた方は、ホテルでツアーに申し込めます。

登頂されたい方は日の出前から登ります。
日中は暑くなるので避けた方が良いようです。
水、靴、手袋、帽子、サングラスなど
準備万端で登頂されて下さいね。
この周辺は温度差も激しいですが、
頂上は風も強いので注意して下さい。

私は残念ながら登頂したことがありません。
日本語を話すスタッフもホテルにいますので、
注意点など現地の方に尋ねて下さい。

エアーズロックを中心に
たくさんのツアーが催行されていますので、
堪能するためには2〜3日あった方が良いです。

もし時間に余裕があれば
アリススプリングスから片道陸路を利用されると、
ノーザンテロトリーの大地を肌で感じれます。
ダーウィンやアデレードから列車が運行しています。
時間的にはかなりかかりますが、
大陸縦断の一部として利用すると良いです。
エアーズロックを入れて楽しい旅程を組んで下さい。

1022 Uluru (Ayers Rock) Sunset
      エアーズロック by flickr


   *  *  *  *
アボリジニアート展のお知らせ
エアーズロック周辺にはアボリジニがたくさん住んでいます。
アボリジナルアートが注目されて20年以上たちますが、
日本ではまだまだ馴染みが少ないですね。

内田真弓さんが代表されている
アート・スペース・ラウンド・オブ・ドリーム主催の
『アボリジニアート展』が今年も
代々木上原のギャラリー上原で開催されます。

内田さんが選んだ素晴らしい作品が販売されます。
アボリジニアートに興味のある方も、
一度も見たことがないと言う方も、
オーストラリアに興味のある方は
是非一度足を運んでみて下さい。

開催期間: 11月3日(土)~11月25日(日)
開催時間: 毎日 午後12時から19時まで

場所:ギャラリー上原  
住所:東京都渋谷区上原1-21-11  03-3467-3932
千代田線、小田急線の代々木上原駅 
南口1、南口2より徒歩3分



観光情報
ウルル(エアーズロックの観光)
www.uluru.com/
ノーザンテロトリー観光局
グレードサザンレイル『ガン』
www.greatsouthernrail.com.au/site/the_ghan.jsp

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - エアーズロック  観光情報 
旅行情報  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

エアーズロックに雨が降ると 

Posted on 01:00:13

二日間あるともし一日目に登れなくても、
二日目に登れるチャンスがあります。
強風、大雨、雷などによる自然条件だけでなく、
先住民にとって大切な日は登頂出来ません。

折角ここまで来たのにと思われるかもしれませんが、
聖地ですからその分リスペクトしなくては、、、。
たとえ高所恐怖症を克服することがあっても、
私自身では頂上までは行く機会はないかも。

その時はお客様の希望で
エアーズロックのフライトを楽しみました。
セスナの席が空いていたのもありますが、
通訳代わりに無料で乗せてもらえました。

高い所は嫌いと言ってもセスナは大好きです。
ただし上昇、下降時の揺れは気持ち悪いですね。
水平飛行に入るまでは目を閉じています。
そうしないと後で吐き気がしますから。

いくら飛行機の上から見えたと言っても、
セスナからみるほど詳しくは見えません。
キングスキャニオンなど行くことが難しい所も、
フライトなら一気に連れて行ってくれます。

エアーズロックも上から見ると、
あちにこちにえくぼのようなくぼみがあります。
雨が降るとそこに水が溜まって、
しばらくは滝のように流れるそうです。

こんな砂漠ですがその水を待っている動物もいます。
水がある時その短い時期だけに地表に表れて
卵を産み、子孫を残して行くのです。
そしてまた水が無くなる頃には土に潜って
次の雨が降る日を待っていると言うのですから。

なんと気の長いお話でしょうか?
なんと不思議な生命の理なのでしょうか?
環境に生きるために生き方を変えてきたのでしょうか。
自分のために環境を変えてきた人間とは異なります。
いつまでも生きられる環境を残してあげたいですね。

1122 Uluru (Ayers Rock)
  エアーズロック by Flickr


   *  *  *  *
アボリジニアート展のお知らせ
エアーズロック周辺にはアボリジニがたくさん住んでいます。
アボリジナルアートが注目されて20年以上たちますが、
日本ではまだまだ馴染みが少ないですね。

内田真弓さんが代表されている
アート・スペース・ラウンド・オブ・ドリーム主催の
『アボリジニアート展』が今年も
代々木上原のギャラリー上原で開催されます。

内田さんが選んだ素晴らしい作品が販売されます。
アボリジニアートに興味のある方も、
一度も見たことがないと言う方も、
オーストラリアに興味のある方は
是非一度足を運んでみて下さい。

開催期間: 11月3日(土)~11月25日(日)
開催時間: 毎日 午後12時から19時まで

場所:ギャラリー上原  
住所:東京都渋谷区上原1-21-11  03-3467-3932
千代田線、小田急線の代々木上原駅 
南口1、南口2より徒歩3分



観光情報
ウルル(エアーズロックの観光)
www.uluru.com/
ノーザンテロトリー観光局
グレードサザンレイル『ガン』
www.greatsouthernrail.com.au/site/the_ghan.jsp

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - エアーズロック  フライトツアー 
ー他の州  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

エアーズロックに登頂する 

Posted on 01:04:47

エアーズロックに到着すると他のツアーと一緒です。
もちろん日本人のお客様だけですが、
どの旅行会社のどのホテルに滞在するお客様も
一緒に空港からホテルまでのトランスファーです。

そのためにホテルでの細かい説明はありません。
食事の案内、日程にそった出発の案内など
すべてお客様のツアーによってことなります。
もちろん空いた時間を最大限に利用して、
いろんなオプションを楽しむことができます。

そのときはエアーズロック滞在が二日間でした。
お陰でゆとりのある時間を過ごすことができますが、
ツアーによっては一泊と言う強行スケジュールです。

到着する時間帯にもよりますが、
夕方からマウントオルガとサンセットツアー、
夜はディナーや星の観測ツアーです。
お天気にも左右されますが、
南十字星を始めたくさんの星を観測できます。

次の日は早朝から行動開始です。
エアーズロックには日の出前から登るために、
大抵は3〜4時頃の出発になります。

夏と言えど日の出前は寒いですが、
冬は息が白くなる程冷えるので注意して下さい。
特に風が強いのでそれなりの服装が必要です。

その時はおにぎりの朝食が用意されました。
ツアーのためにお水も用意されていました。
サングラス、帽子、手袋などは自分で用意して、
いよいよエアーズロック登頂です。

先住民にとっては聖地です。
そのために登らないようにと言う動きもあるようですが、
高い所の苦手の私は三回目でしたが、
途中にある鎖まで行くのが精一杯でした。
そこでお客様が戻って来れるのを待っていました。


Ayer's Rock
     エアーズロック by Flickr


   *  *  *  *
アボリジニアート展のお知らせ
エアーズロック周辺にはアボリジニがたくさん住んでいます。
アボリジナルアートが注目されて20年以上たちますが、
日本ではまだまだ馴染みが少ないですね。

内田真弓さんが代表されている
アート・スペース・ラウンド・オブ・ドリーム主催の
『アボリジニアート展』が今年も
代々木上原のギャラリー上原で開催されます。

内田さんが選んだ素晴らしい作品が販売されます。
アボリジニアートに興味のある方も、
一度も見たことがないと言う方も、
オーストラリアに興味のある方は
是非一度足を運んでみて下さい。

開催期間: 11月3日(土)~11月25日(日)
開催時間: 毎日 午後12時から19時まで

場所:ギャラリー上原  
住所:東京都渋谷区上原1-21-11  03-3467-3932
千代田線、小田急線の代々木上原駅 
南口1、南口2より徒歩3分



観光情報
ウルル(エアーズロックの観光)
www.uluru.com/
ノーザンテロトリー観光局
グレードサザンレイル『ガン』
www.greatsouthernrail.com.au/site/the_ghan.jsp

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - エアーズロック  登頂ツアー 
ー他の州  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

アリスからエアーズロックへ 

Posted on 01:04:52

お客様にはお二人用、私には個室用の
寝台列車が予約されていました。
一旦個室に入るとすることは全くありません。

個室に落ち着くと車掌さんがチケット確認に来ました。
その後アフタヌーンティーが運ばれました。
部屋にいるだけで運ばれて来るなんて贅沢です。
その時に夕食の人数と時間の確認がありました。

夕食は食堂車に食べに行きました。
セットメニューになっているので、
前菜、メイン、デザートと選びました。
もちろんコーヒー、紅茶も含まれています。

食事が終わった後はバーで寛ぐ方もいます。
飲み物は含まれていませんが、
バーから地平線に沈む夕日を見るのは最高です。
私達はお酒を飲むわけではありませんでしたが、
そこでしばらく寛ぐことにしました。

二人用の部屋にはシャワーをついていたようです。
私の所はトイレと洗面台がありました。
列車の中でシャワーを浴びる気もありません。
ホテルから駅までの移動だけでは、
それほど汗もかかないので我慢出来ました。

翌朝8時過ぎにアリススプリングスに到着です。
今回はここでの滞在はありませんでした。
駅でドライバーさんが迎えてくれたので、
荷物を取ってそのまま空港に移動しました。

飛行機では45分もかからない距離ですが、
バスで移動となれば5時間近くかかります。
しかし一度は陸路で移動してみることをお薦めします。
そうするとこの広大な大陸を肌で体験できます。

しかし飛行機で行くともうひとつの魅力があります。
広大な大陸であることが実感できるからです。
エアーズロックもマウントオルガも
飛行機から眺めることができました。
冬は緑が多いので、それを見るのもきれいです。

Uluru or Ayer's Rock, NT, Australia
     エアーズロック by Flickr

観光情報
ウルル(エアーズロックの観光)
www.uluru.com/
ノーザンテロトリー観光局
グレードサザンレイル『ガン』
www.greatsouthernrail.com.au/site/the_ghan.jsp

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - 寝台列車  アリススプリングス  エアーズロック 
ー他の州  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ