地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ウォールマートでライフルを販売していた

ショッピングバスでフェアーバンクスに来ましたが、 
特に映画を見る予定もなかったので、 
ショッピングセンターで過ごすことにしました。 
まともなレストランもなかったので、 
1階のスケートリンクの横にある、 
サブウェイでサンドウィッチを食べました。 
 
その後ウォールマートとフェッドマイヤー 
アラスカで一番大きなスーパーチェーン) 
でブラブラと商品を楽しんだ後に、 
必要な日常品を買うことにしました。 
 
ウォールマートに入ってびっくりしたのが、 
釣りや狩猟などのアウトドアー用品が 
スポーツ店並みに充実していることです。 
 
釣りや狩猟用に迷彩服がありましたが、 
それが季節に応じて色が異なること。 
人間用だけでなく犬用もあるのです。 
迷彩服はアラスカ以外でも見ましたが、 
長靴まで迷彩色にはなっていませんでした。 
 
でも一番驚いたのはウォーマートで 
狩猟用のライフルを販売していることでした。 
一応ケースの中にあり鍵も掛かっていますが、 
近くに販売人がいて管理しているわけでもなく、 
誰でも近寄って見ることは可能でした。 
 
さすがアラスカと思いましたね。 
ちょっと離れた郊外なら、 
家の周辺にムースや熊がやってきます。 
襲われそうなときもあるかもしれないので、 
ライフルは必需品なのかもしれません。 
 
それにしても銃に慣れていない私は、 
販売しているのを見るだけで怖かったです。 
もし誰かが来てガラスを壊して盗んでいったら、 
殺人することも簡単にできますよね。

walmfb1.jpg
   ウォールマートのライフル売り場

今回の北米旅行記を別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編、アメリカ編が終わって、
最後のメキシコ編にはいりました。

『World Traveler in Alaska』

市内観光する暇もありません

アンカレッジではバッパーに泊まりました。
4人用と2人用の部屋があったので、
2人用のシェアールームを予約しました。
一応2段ベッドになっていますが、
相手が来なければ一人で利用できます。

チェックインは午後3時以降でした。
荷物だけ預かってもらおうと思って、
早めに行っただけでしたが、
ちょうど部屋が空いていたので、
早めにチェックインしてくれました。

もちろん相手はまだ来ていません。
下段のベッドを確保すると、
シャワーを浴びてさっぱりします。
髪の毛を洗ってもこの寒さでは、
しっかり乾かさないと風邪を引きます。
ドライヤーは滅多に使いませんが、
アラスカでは重宝するようです。

寝ている暇はありませんでした。
翌日はデナリに向けて出発なので、
本日中に買い物を済ませておきます。
リゾートホテルで必要な日用品を
買いだしておかなければなりません。

最初市内のスーパーに行きましたが、
あまり商品がありませんでした。
バスでそれほど遠くない場所に
ウォールマートがあるというので、
出かけることにしました。

ウォールマートなら生活用品から
食料品まで売っているので、
昼食も兼ねることができます。
人口の少ないアンカレッジですが、
他の州と同じく24時間営業でした。


今回の北米旅行記を
別のブログで書き始めました。
少しだけこちらのブログでも紹介しましたが、
カナダ編が終わって、次はアメリカ編です。

『World Traveler in Alaska』


anc1.jpeg
    アンカレッジ市内 by wiki

旅行情報
アンカレッジ国際空港
http://www.dot.state.ak.us/anc/
アンカレッジの観光局
https://www.anchorage.netアンカレッジの市内バス
アラスカの観光局 日本語
http://www.travelalaska.jp

ラスベガス最初のウォールマート

私が住んでいたのはバッファローストリート、
スプリングスマウンテンの交差するあたり、
南に行けばフラミンゴストリート、
北に行けばサハラストリートがありますが、
1ブロック(1マイル)づつあるので、
歩いて行くにはちょっとありました。

それでもバスの便はとてもよかったです。
当時市内バスは1回1ドルぐらいでしたが、
私は一ヶ月のパス(当時30ドル)を買って、
元を取りすぎるくらいに乗り回しました。

歩いて15分ぐらいの所にスーパーもありましたが、
大きな買い物をするときはウォールマートが一番です。
ちょうどラスベガスに進出したばかりの頃で、
何とここにあるウォールマート
ラスベガスでオープンした1号店でした。

家から歩いて30分で行けましたが、
40度近い灼熱の元では歩きたくありません。
20分に1本あるバスを利用して、
スポーツバッグを持って買い物に行きました。

隣にはキムズクラブというスーパーもありました。
これはコーストコのようなメンバー制のスーパーで
バルク買いをしなければなりません。
独り者の私には全く縁のないところです。

アメリカの都会ではスーパーマーケットが
24時間オープンしているのは常識でしたが、
ウォールマートも24時間操業しています。
何か必要な時はコンビニ代わりになりますが、
さすが歩いて30分は、日中の暑い時と
まっ暗い夜だけは行きたくありません。

暑い時はウォールマートは暑さ凌ぎに
夜バスを待っているときは暇つぶしに
そしてトイレが必要なときにも
誰にも気がねせずに利用できました。

wlmtlv.jpg
       ウォールマート

該当の記事は見つかりませんでした。