FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

シャチを使って捕鯨@イーデン

今回はイーデンに泊まりました。
と言っても何もない街ですが、
田舎町に泊まるの良いですね。
NSWの海岸線で一番南にあります。
少し南下すればビクトリア州です。

海沿いと言いながら近くに森林が多いので
ビーチで泳いだりサーフィングする人より
ハイキングを楽しみに人が多いようです。
また鯨ウォッチングでも知られています。

その昔は捕鯨の街として栄えました。
1828年オーストラリア最初の
本格的な捕鯨基地が作られました。
食用として捕鯨したのではなく、
脂肪をとるために行われました。

鯨の脂肪を溶かして油として
ランプの燃料やキャンドルだけでなく、
香水や石鹸の材料として使われました。
また鯨の骨はコルセット、鞭、
そして傘にも利用されたそうです。

鯨がたくさんいたのでしょうね。
19世紀なかごろ、捕鯨
オーストラリア一番の産業であり、
鯨の脂は、主な輸出品でした。

イーデンに住んでいたデビットソン家は
捕鯨するのにオルカ(シャチ)を利用しました。
オルカは沖でフリップをバタバタさせて、
鯨を浜のように追いやったそうです。
オルカも鯨を餌として食べますが、
人間が漁するのに協力したのはここだけです。

1910年その様子が映像になりましたが、
火事で燃えてしまい記録が無くなりました。
数年前ABC放送が番組を作成して、
その様子を見ることができます。
良かったらYou Tube でご覧ください。
『Killer in Eden』

800px-Eden_Killer_Whale_museum.jpg
  キラーウェールズ博物館 by wiki

観光情報
イーデンの観光案内
http://www.visiteden.com.au
キラーウェールズの物語@イーデン
http://www.killersofeden.com




該当の記事は見つかりませんでした。