FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

アルハンブラ宮殿の魅力

スペインは以前にも何回か来ていますが、
首都マドリッドか周辺の街だけでした。
一度行ってみたかったのが、
アンダルシア地方にあるアルハンブラ宮殿でした。

まだ赤坂で働いていた頃近くにレストランがあり、
美味しいスペイン料理を食べることができました。
そこにあった写真をみて感動したものです。

アルハンブラとは”赤い城塞”を意味するそうですが、
官庁、モスク、学校、病院そして住居など
ひとつの城塞都市としての機能を持っていたそうです。
ただし計画的に作られたのではありません。

もともとこの辺りはイスラム圏にあり、
建物にもイスラム教の文化を受け継いでいます。
15世紀末にカソリックがこの地を勢力圏に抑え、
その後スペイン人によって手が加えられたそうです。

今やスペイン屈指の観光地そして世界遺産ですが、
他の宮殿と異なってイスラム文化の上に建っているので
天井や壁に施された彫刻やタイルは
目を奪われるほど美しく職人の技です。
さらにエキゾチックな雰囲気が漂っています。

庭園は今までみたどのヨーロッパの宮殿よりも
言葉に表せないほどの素晴らしさでした。
宮殿から遥か遠くに見渡せるシェラネバダ山脈から
わざわざ水を引いて来てるいるとは?
当時の技術では時間も労力も掛かったはずです。

力に任せて贅沢な宮殿を造ると言うのは
当時のヨーロッパ各国で見られましたが、
イスラムの宮殿は贅沢なだけではありません。
繊細な技術の芸術作品とも言えます。
この宮殿を見て何となく
日本のお城の通じる美しさを感じました。

450px-Partal(Alhambra).jpg
     アルハンブラ宮殿 by wikipedia



旅行情報
アルハンブラ宮殿公式サイト
http://www.alhambra.org/eng/index.asp?secc=/inicio
スペイン観光局 日本語
http://www.spain.info/ja/

該当の記事は見つかりませんでした。