FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

パーマーまで遊びに行こう 

Posted on 01:03:56

ビバリーとベンが街まで買い出しに行くので、
そのついでに遊びに行こうと誘われました。
「何処かよい」と聞かれても知らないので、
アンカレッジ郊外のパーマーに行きました。

アラスカステートフェアーが開催され、
アラスカの農業地帯として知られています。
ホテルやアンカレッジで使用されている
野菜や果物が生産されていました。

私たちは先にパーマーに行き、
昼食を取ることにしました。
ローカルのレストランで食事をして、
特にこれという名物でもないけど、
たまに外食するのはうれしいです。

パーマーはその昔先住民たちが、
交易のために移動しながら住んでいました。
18世紀になりロシア人がやってくると、
先住民にロシア正教を広めました。

第一次世界大戦が勃発すると、
より性能の良い石炭を求めて、
アメリカ連邦政府が鉄道の必要性を感じ、
スワードからアンカレッジ経由で
パーマーまで建設されることになりました。

鉄道の開通は農家に市場を広げました。
ここに新しい街を建設して、
ミシガン、ミネソタ、ウィスコンシン州から
開拓団を受け入れました。

彼らの約半分近くは1965年までに
この土地を離れ移動していったそうですが、
現在でも20家族が開拓団の子孫として、
この土地にまだ残っているそうです。

sweat-peas-and-ice[1]
  パーマーの景色 by Tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ    パーマー  アラスカ開拓団 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ