地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

レンジャーの話が終わると、、、

ワシントンから戻った翌日は、
アメリカ国歌発祥の地である
マックヘンリー砦を訪ねました。
実はこの砦を訪ねるまで、
ここがそんな重要な場所であったのか、
全く知る由もなかった私です。

ビジターセンターの中では、
レンジャーによる解説がありました。
何とか英語で理解することはできますが、
歴史の背景が分からないと難しいです。

でもこの要塞が「米英戦争」において、
重要な役割をしたことは伝わってきました。
特に星条旗と国歌の話になると、
レンジャーの声にも力が入ってきました

説明が終わると突然前方のカーテンが開いて、
アメリカの国家が流れ始めました。
説明を聞いていた人たちが全員起立するので、
私だけ座っているわけにはいきませんよね。
中には国家を歌いだす人もいました。

カーテンが完全に上がると、
マックヘンリー砦に掲げられた星条旗が
私達の前方に輝いています。
胸の中が何となくジーンと熱くなりました。

不思議なものですね、歴史を知らなくても、
レンジャーの話が良くわからなくても、
アメリカ人で生まれても育ってもいないのに、
感動する気持ちは自然に溢れてきます。

フリーシャトルバスのドライバーに
この砦にいくように勧められただけですが、
本当に来てよかったと思っています。

mchenry2.jpg
     米英戦争の戦い by wiki

アメリカ国歌の誕生地

昨日は簡単に「米英戦争」ついて説明しましたが、
というのも私自身がどんな戦争だったのか、
この記事を書くまではっきりと知りませんでした。
いつも独立戦争と一緒になってしまうこともあり、
本当の独立までアメリカ人が語る
この戦争の意味について把握する必要がありました。

米英戦争をアメリカの勝利へと導いた
マックヘンリー要塞(砦)」は、
独立戦争後にボルチモアの港湾を
守るために作られたものです。

アメリカの国旗「星条旗」は、
独立時にフィラデルフィアで
製作されたと言われています。
州が増えるたびに星が増えますが、
米英戦争時は15の州がありました。

メアリー・ピッカースギルという女性は、
イギリス軍からの攻撃を予測して
特大サイズの星条旗を縫いました。
アメリカ軍の兵士には勇気を与えるため、
イギリス軍の兵士には、その大きさで
威圧感を与えるためと言われています。

戦争ではたくさんの人たちが負傷しましたが、
9月14日の朝もマックヘンリー要塞には、
全く傷つかなかった星条旗の旗が
いつもと同じように翻っていたそうです。

ワシントンの弁護士フランシス・スコット・キーは、
市民で捕虜になっていたビーンズ博士の
釈放交渉のためにボルティモアにきていましたが、
砦に翻っていた星条旗をを見たときに
大変心を動かされ詩を書きました。

その詩は「フォートマクヘンリーの守り」でしたが、
その後「星の煌く旗」と名前を変えられ、
「アメリカ合衆国の国歌」として採用されました。
「マックヘンリー砦」は国家発祥の地として、
ここを訪ねる観光客はとても多いです。

mach1.jpg
    マックヘンリー砦 by wiki

該当の記事は見つかりませんでした。