FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 08

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

フリーモントストリートエクスペリエンスに行ってみよう 

Posted on 01:01:29

海外や他の都市からの旅行者が多いのは
ストリップにあるカジノですが、
ダウンタウンはローカルカジノと言われ、
地元の人や近郊からのお客さんが多いです。

私の場合カジノを楽しむわけでもなく、
安く泊まれるホテルの方が良いので、
検索サイトで見つけて予約します。

車があれば交通が不便でも良いけど、
バスでの移動となるとそれなりに大変です。
ストリップかダウンタウンのホテルなら、
比較的自由に移動しやすいですが、、。

でもラスベガスに来ると何処にいても、
ストリップとダウンタウンに
必ず一度は足を運んでいますね。

ダウンタウンと言えば外せないのが、
歩行者天国フリーモントストリート、
まるでアーケード街のような天井では、
毎晩「光のショー」が行われます。

最近はプロジェクションマッピングが
何処でも見られ珍しくもありませんが、
フリーモントストリートエクスペリエンスを
初めて見たときの感動は忘れられません。

ストリップのカジノホテルには
フリーのアトラクションがありますが、
この光のショーはカジノとか関係なく、
誰でも楽しむことができます。

ラスベガスに来たらここまで足を延ばして、
ダウンタウンのパーティに参加してください。
ひとりでも決して飽きることはありません。
us393.jpg
       ホテルパリス by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカドライブ旅行  ラスベガス  ダウンタウン 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

ラスベガスに戻ってきた 

Posted on 01:04:05

さあラスベガスまで戻ってきました。
前回はストリップのモーテルでしたが、
今度はダウンタウンのホテルに泊まります。
折角レンタカーをしているので、
ストリップを走ってみることにしました。

まずはストリップの南の方から、
カジノを紹介しながら走りました。
前回ストリップ近くに泊まった時、
メジャーなカジノのある所は行ったので、
今回は道路からそのネオンをみるだけです。

そして今日見て来たばかりの
フーバーダムのことを思い出しながら、
豊かな電力のことを考えると、
いくら日本の経済が上昇しても、
アメリカには敵わないことを感じました。

私がいたころリーマンショックで、
叩きのめされたアメリカの経済は、
すでにかなりの所まで戻っています。
ところが日本の経済はというと
企業は経営状態が上向いても、
人の暮らしはまだまだ暗いですね。

人の暮らしが豊かでなければ、
海外に旅行に来る余裕はありません。
アメリカに来る日本人旅行者は
ハワイを除いて増えてはいません。

今回泊まるダウンタウンのホテルは
昔のアパートを改築したようで。
カジノもレストランもありません。
でもダウンタウンまで歩いて5分。
チェックインしてシャワーを浴びた後、
夕食がてら出かけることにしました。
us394.jpg
     シーザーズパレス by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカドライブ旅行  ラスベガス  ダウンタウン 
アメリカ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

夜の高速で「がつん」と言う音が、、。 

Posted on 01:03:34

私たちがフーバーダムを出たころは、
辺りはすでに真っ暗になっていました。
ラスベガスまでは1時間足らずですが、
すでにホテルは予約してあるので、
何時についても安心ですね。

バスならそれなりに大変だけど、
翌日までレンタカーがあるので、
暗くても何も心配することはありません。

高速を運転するのは慣れていますが、
街灯のない所ではそれなり不安です。
対向車が来ない片側だけの高速でも、
追突や居眠りによる事故はあります。

その時は前をトラックが走っていました。
突然前のトラックが車線変更しましたが、
私はそのままその車線を走りました。
ところが突然「がつん」という音が、
しかし特に車に異常がなかったので、
そのまま車を運転し続けました。

車からは変な音は聞こえませんでした。
タイヤもそのまま特に問題なかったです。
しかし何となくヘッドライトが暗いのです、
そこで出口がある所で高速を降りて、
車を停めて外に出てみました。

すると左側のライトから下の車体が、
壊れて何処かに飛んでいました。
タイヤが丸見えの状態になっています。
あれまあ保険には入っていますが、
レンタカー会社で書類の手続きが必要です。

持っていたガムテープで応急処置をして、
それ以上破損しないようにしましたが。
一体何にぶつかったと言うのでしょうか?
無事にラスベガスまで行けることを願って、、。
us388.jpg
      フーバーダム by tripadvisor

テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカドライブ旅行  ラスベガス  レンタカー 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

フーバーダムで作られた人造湖 

Posted on 01:04:04


フーバーダムには何度か来ていますが、
このダムに関する数字を見てみると、
ここが世界最大級のダムであることが
必然的によく分かります。

このダムの貯水量は400億トン
これは日本にあるすべてのダムを合わせた
貯水量より多いそうです。
そして日本よりも広いカルフォルニアと
ネバダ州の電力を賄っています。

お陰でラスベガスは夜でも
ガンガンにネオンが見られるわけです。
あの光が消えたらラスベガスじゃないね。
電気代はどれぐらいするのでしょうね。

ダムの内部を見るツアーもありますが、
まだ参加したことはありません。
でも外から見るだけで大満足です。

私は以前ここに来たとき道路の脇で
マウンテンシープを見ました。
多分夕方だったので降りてきたのでしょう。
周辺には野生動物もいるんですね。

ダムによってできたミード湖は
アメリカ最大の人造湖です。
このダムのお陰で砂漠にオアシスが、
周辺にはマリーナやリゾートもあります。

砂漠のど真ん中でボートに乗れるなんて、
中東かアメリカだけのお話ですね。
日本では決して見ることができません。
でもアメリカでは中産階級の人でも、
ボートを買うことができます。
us390.jpg
      レイクミード by tripadvisor




テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカドライブ旅行  ネバダ州  フーバーダム  ミード湖 
アメリカ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

世界最大級のダム「フーバーダム」 

Posted on 01:04:24



観光客の多いセドナを後にして、
私たちはラスベガスの方へと向かいました。
アリゾナ州が終わるとネバダ州、
その州境になるのがコロラド川です。

そのコロラド川に作られたダムが、
世界で一番有名なフーバーダム。
いろんな映画でもロケに使われています。

私が最後にここを通った時は、
フーバーダムの堤防の上を通らないと、
アリゾナからネバダに行けませんでした。

片側一車線の曲がりくねった道路を
谷底に降りて、また上がっていくので、
かなり時間がかかってしまいました。
フーバーダムを見に来る観光客も多いので、
余分に時間がかかっていましたね。

堤防の上を通るということもあり、
大型トラックの走行は禁止されており、
ネバダからアリゾナに向かうには、
南の40号線に迂回する必要がありました。

そこで2010年大林組によって
フーバーダムの近くを通る橋が完成しました。
橋の上からはダムは見学できませんが、
橋とダムを見れる場所があります。

でもフーバーダムの近くまで来たら、
やっぱり谷族に降りて
ダムの上を歩いてみましょうね。
その大きさを肌で感じることができます。
ただ車で来ると駐車場があまりないので、
停める所は探すのに時間がかかります。
us389.jpg
      フーバーダム by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アメリカドライブ旅行  アリゾナ州  フーバーダム 
アメリカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ