FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

タスマニアでワサビを栽培しています


オーストラリアは日本に農作物を輸出しています。
アスパラガス、マッシュルーム、人参、
たまねぎやレタスなどの野菜類と
マンゴー、オレンジ、いちご、チェリーなどの果物類。
さらにマカデミアナッツなどが輸出されています。

ワインは日本にたくさん輸出されていますが、
その元となるぶどうはまだ許可されておらず、
現在ぶどう輸出の許可を申請中だそうです。
りんごも日本に輸出されていますが、
タスマニア産のみ許可されているそうです。

日本とオーストラリアの季節が逆というのを利用して、
日本の農作物を日本で収穫できない時期に、
オーストラリアから輸入しようと考えられました。
そしてまず栽培が試されたのがそばの実でした。

1990年代から日本人の観光客も増えて
オーストラリアも和食ブームになりました。
おかげでオーストラリア産のそばの実
そばをつくる蕎麦屋も誕生しました。
シドニーにある蕎麦屋『新橋』です。

刺身や寿司を食べるオージーも増えましたが、
まだまだ生の魚は苦手な方も多いです。
でも中身は何でも楽しめる寿司ロールは
サンドイッチやバーガーと同じように、
市内のビジネス街でも見ることができます。

そのおかげでワサビが浸透しましたが、
昔だったら誰もしらなかったような、
ワサビステーキや、ワサビマヨネーズなど
海外ではかなり人気があります。

タスマニアではワサビも栽培されています。
もちろん値段はそれなりに高いですが、
まさかオーストラリアで新鮮なワサビが
手に入る時代が来るとは、、、、
私がワーホリで来た頃なら予想できませんでした。

wpa1e47c5c_05_06.jpg
オーストラリアのワサビ by Shima Farm

該当の記事は見つかりませんでした。