FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

ミニバンでホテルに戻る日

オフィスにあったリフト付きミニバンは、
突然病気になったお客さんを、
コミュニティヘルスセンターまで送迎したり、
歩けないお客さんをツアー会社まで送迎したりと、
いつも休みなく働いていたような気がします。

他のリゾートホテルのバスで来るお客さんを
ハイウェイまで迎えに行くこともありました。
タルキートナはハイウェイから15マイル、
ここまで来たら1時間近いロスになります。
また迷子になった荷物を駅やホテルまで、
受け取りに行ったこともありました。

毎日仕事の終わり掃除をします。
車内でのたばこは禁止してありましたが、
飲んだり食ったりしたごみくずを
そのままにしておくスタッフもいました。
毎日掃除していたら、ゴミがないはずなのに、
ほこりや泥もたくさんありました。

いつもはオフィスの横に停めておきますが、
週に一度ホテルに持って帰っていました。
メカニックが車をチェックするためにです。
ホテルには常時3人のメカニックがいて、
大きな故障も殆ど修理していました。

私はシャトルバスに乗らないで、
このバンを運転帰るのが好きでした。
シャトルバスを見おった後に、
夕焼けの見ながら帰るのです。

たまにきれいな花や景色に出会うと、
車を停めて写真を撮ったりしました。
自由時間のないリゾートホテルの勤務、
車を運転しているときだけは、
ちょっとだけ融通が利いたのです。

水上飛行機が発着する
フィッシュレイクの夕焼けは
タルキートナで一番きれいでした。

tkn1905.jpg
     タルキートナにある民家



リフト付きミニバン

タルキートナのオフィスには、
特別製のミニバンが一台ありました。
車いすでも乗れるように10人乗りを
リフト付きに改造してありました。

私が働くリゾートホテルには、
リスト付きの大型バスが2台と、
このミニバンが1台ありました。
シーズンがオープンする前に、
リフトの取り扱い方の講習がありました。

大型バスは運転しませんが、
ドライバーを手伝うために、
私たちもバスのリフトを練習しました。

ミニバンはちょっと難しくて、
エンジンをオンにしないと動かないとか、
必ずハザートランプを付けておくとか、
細かいルールがいくつもありました。
車いすを固定させるためのハーネス、
固くて自分の手が痛くなりました。

車いすのお客さんの移動の際は、
このリスト付きバスを手配しました。
普段は車いすを利用しないお客さんも
途中で怪我をして使うこともありました。
そのためにホテルとオフィスには、
車いすもそれぞれ用意してありました。

突然「車いす」が必要になると、
このミニバンの出番でした。
車いすを含む小グループの際に、
このバンを使って移動することもありました。

このバンはアラスカに数台しかない、
特注オーダーで作られていました。
15人乗りのミニバンより小型なので、
私の一番のお気に入りでした。

dnp1906.jpg
      アラスカの高山植物


本日はドライバーも兼ねて出勤です

普通お客さんがバスに遅れた場合、
ホテル側に責任はないので、
他の時間に変更してもらっていました。
キャンセルしてリファンドなんで、
サプライヤーの許可がないと出来ません。

残念ながらそのお客さんの予約は、
他の時間に変更することは難しいようです。
遅れてきたお客さんのために、
バスを1台用意することはしません。

お客さんの人数にもよりますが、
私がそのお客さんを運ぶことになりました。
ちょうどミニバンが空いていたので、
バンならバスより安くつきます。

スーパーバイザーの運転する車で、
車庫まで行ってミニバンの用意、
通常なら車の点検が必要ですが、
走行距離とガソリンだけチェックして、
すぐに出発することになりました。

お客さんはツアーに間に合うか心配でしょうが、
ツアーデスクから電話を入れてもらって、
そこまで私が送ることになりました。
タルキートナの街は大型バスの乗り入れ禁止。
でもこのバンなら簡単に入っていけます。
私がタルキートナ勤務で良かったかも?

1時間後にタルキートナに到着すると、
バスから降りた人たちとあまり変わらず、
リバーフロートのツアー会社に到着しました。

オフィスの近くに車を停めましたが、
お客さんはとっても喜んでくれました。
チップを頂いたのは言うまでもありません。
これでリゾートホテルの株が上がったかな?

dnp1907.jpg
   タルキートナ by tripadvisor


シャトルバスから降りて頂戴!!

シャトルバスはお客さまが優先。
オプショナルツアーに行く人、
列車に乗って移動する人など、
無料で乗れるお客さんもいますが、
ホテル滞在中もその時以外は有料、
往復10ドル払わなければなりません。

ホテルのスタッフは「空席があれば」
という条件で無料で乗ることができます。
タルキートナ勤務の時は、乗車しますが、
お客さまが全員乗った後に乗ります。

その時のツアーの予約状況や
列車で移動するお客さんの人数に応じて、
常にスタンバイのバスを用意します。
お客さんは予約なしで乗れるので、
ひとりでもバスを出さなければなりません。

あるとき満席のシャトルバスで、
お客さんが出発時間に遅れてきました。
すでに出発時間は過ぎていましたが、
オプショナルツアーに参加するので、
どうしてもこのバスに乗らなければなりません。

まず無料で乗っているスタッフが降ります。
それでも席が足りずに私が降りることに、、。
あくまでもお客さま優先ですからね。
勤務に1時間遅れますが、、と
タルキートナに電話を入れ了承後、
ツアーデスクで手伝いすることにしました。

ところがバスが出発した10分後に、
駆けこんできたお客さんがいました。
うっかり眠ってしまって、
シャトルバスに乗り遅れたようです。
さあ、どうするか?思案の所です。

tkn1902.jpg
   タルキートナ by tripadvisor






バスで通勤する時も「勤務中」

私はこのタルキートナ勤務が大好きでした。
特に専用列車が走る日は全員出勤、
だんだんその日の任務が固定され、
私はこのオフィスの遅番になりました。。

普通は13時から21時の勤務ですが
列車の日は12時からの勤務になります。
往復シャトルバスで通勤するので、
ホテルを出るのは1時間前です。
戻って来るのは最後のシャトルでした。

バスの中で寝ているだけで勤務中。
最低2時間の残業がつきましたが、
専用列車の日はさらに増えました。
どうぜ遠くから働きに来ているので、
少しでも多く稼いで帰らないとね?

早番は4時までの勤務です。
5時にはスーパーバイザーも帰宅、
そこからは私だけの時間が始まります。
4時間話し相手もいなくてと思われますが、
ひとりでいる方が気楽ですよね。

電話と無線は持っているので問題なし、
「食事に行っています」のサインをつけて、
タルキートナの街に出ることもありました。
もちろんお酒なんかは飲まないけれど、
夕食の時間30分、休憩が認められていました。
でもいつ電話がかかって来るかは分かりません。
そのために、無線と携帯を持ち歩いていました。

シェリーのハンバーガー屋さんに行くと、
いつも無料で何かしら奢ってくれました。
私たちが宣伝するお陰でお客が来ると、
ドライバーとオフィスのスタッフには、
払おうとしても受け取ってくれませんでした。
もちろんお礼のチップははずみますが、、。

dnp1908.jpg
 アラスカの野生動物 カンジキウサギ