FC2ブログ

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

週数十ドルの家賃値上げでも

私たちが引っ越したころは、
毎年家賃が上がっていました。
契約は一応一年おきですが、
更新の時、家賃の10%まで
上げることができるそうです。

週350ドルの家賃が
たとえ週30ドル値上がりしても、
一年では1500ドル以上にです。
小さいようでもかなりの値上げです。

物価がどんどん上がっているので、
電気代などの公共料金も上がっていました。
そこでシェアーすることになりましたが、
お陰で週100ドル位安くなりました。

私たちが出てアパートは、
5月から380ドル言われましたが、
その後家主が改装工事をしたようで、
ネットで450ドルと出ていました
それでもすぎに決まったようです。

実際に物件を探してみると、
改装したアパートならば、
築年数にはあまりこだわらないようです。
週450ドルでも安い方でした。
新築なら550ドル以上が相場でした。

私たちが見た物件も500~700と
いろんな物件がありましたが、
正直700ドル以上払うなら、
シェアーした意味はありませんでした。
毎年家賃が上がるので、
その分も頭の中に入れておいて、
週600ドル以下で探しました。
dnsw5272.jpg
     ダーリングハーバー



テラスが鳩小屋になった日

私たちは4階に住んでいたので、
眺めだけは最高でした。
日の出から日没まで見えました。

今にも落っこちそうなテラスが、
寝室とリビングについていました。
北側からはシドニータワーが見え、
西側にはオリンピックパークが見えます。

一年を通じて花火があるときは、
完全に見ることは出来なくても、
夜空に上がった花火は良く見えました。

しかし一番の思い出は鳩の誕生でした。
鉢に植えていた小さな竹が生い茂り、
こんもりとした竹やぶになったころです、
鳩が巣を作り始めていました。

最初は可愛かったのでそのまま
成長するまで見届けていました。
そして何度かひな鳥が成長して巣立つと、
産卵の頃カラスが来るようになりました。
巣にある卵を狙ってきていたようです。

あるとき大雨が降ってテラスが
ちょっとした水溜りになったときのこと、
死んだひな鳥が浮かんでいました。
朝それを見たときはショックでした。
カラスが突っついて死んだようです。

私はその死体の処分ができないので、
友達にやってもらいましたが、、。
鳩はばい菌をたくさん持っていると聞いて、
鳩が来ないようにすることにしました。
いつのまにか鳩は来なくなりましたが、
竹やぶは鳩がした糞で枯れてしまいました。
dnsw5274.jpg
    シドニー市内にある公園


アパートのゴミ処理

その古いアパートにいたころ、
一番耐えられなかったのは、
やはりこのゴミ箱の処理ですね。
ゴミ箱にはいつでも入れられますが、
週に一度ゴミ清掃車が回収に来ます。
その日の前日にゴミ箱を道路に出します。

蓋が赤のゴミ箱が一般のゴミ。
そして黄色がリサイクル用でした。
殆どのゴミは焼却場で燃やさず、
そのまま土の中に大きな穴をほって、
トラックからそのまま捨てています。

リサイクルの回収が始まって、
わずか20年ぐらいでした。
今でも瓶や缶を一般のゴミと一緒に、
捨てる人も多いですよ。

新しく来た中国人の人たちは、
言葉が分からないのもあるでしょうが、
リサイクルにならないものまで、
そこ中に捨てていました。
そのうち中国語のポスターができ、
壁に貼ってあっても無視でした。

さらにご飯などの生ごみを
近くの木の麓に捨てる人がいました。
鳥などに餌をやるつもりでしょうが、
腐れると嫌な匂いがしていました。

そしていろんな生ごみがあるので、
夏は匂いが充満していました。
大きなハエがどんどん卵を産み付け、
うじが歩き回っていましたよ。

そして夜に生ごみを捨てに行くと、
大きなゴキブリがたくさんいます。
お陰で電気をつけるのが怖くなり、
急いで捨てるようにしていましたが、
行くと逃げる音が聞こえるほどでした。
dnsw5273.jpg
    ロックスにある免税店

中国からの住人が増えて


住んでいたアパートは築年数40年以上、
1階が全部駐車場になっており、
4階建て12ユニットありました。
ここに住んで6年以上になりましたが、
多分一番古い住民だったと思います。

購入して自分で住んでいる人もいれば、
賃貸にしている物件もありました。
アパートの使い方を見れば分かりました。

入居したころはいた数人の白人も、
いつのまにか出て行ってしまい、
全部のアパートがアジア系でしたね。
特に中国人が多かったです。

会うと挨拶をする人が多かったのに、
だんだん挨拶もしなくなっていき、
アパートが汚くなり始めました。

新しいアパートや大きなアパートには
管理会社と契約した人が来て、
アパートの共有部分を掃除したり、
週一でゴミ箱を出す人もいるのですが、
このアパートの管理はひどかったです。

ゴミ箱には部屋番号が振り分けてあったのに、
ちゃんと出さない人も多かったです。
仕方ないので私が良く運んでいました。

さらに車の中で飲んだペットボトルを
庭の芝の上に捨てる人や、
アパートの周辺で煙草を吸う人など。
自分の部屋では煙草を吸わなくて、
庭で吸って吸い殻を捨てるのですから、、。
もし火事になったらどうするのでしょうか?

dnsw5271.jpg
    オペラハウスへ行く道



出ていくアパートの掃除が大変

一軒家に引っ越しした私たちですが、
アパートの掃除が残っています。
引っ越し先の1軒屋には
インターネットが繋がっていなかったので、
ノートブックを持って出かけました。

古いアパートの掃除も大変です。
入った時からとても汚れていた絨毯、
油がこびりついていた窓や壁、
私たちがいる間にきれいにしたのです。
でも6年もいるとそれなりの汚れが、
家具の跡などについていました。

私たちは絨毯を洗剤とたわしでこすり、
一生懸命汚れを落としていきました。
それは決して簡単に仕事ではありません。
出て行った後に汚くしていると、
保証金から引かれるようになっていました。

悪いオーナーの場合には、
「絨毯が使えなくなった」などと
いろいろな理由をつけては、
返金したがらない人もいます。

そのために不動産がいるわけで。
定期的に点検に来ていましたが、
私たちは入居した時も、出ていくとき、
証拠としてカメラに撮っていました。
これなら後から文句を言われたときに、
それなりに反論ができますからね。

見に来た不動産のお姉さんが、
これから改築するみたいだから、
「あまりきれいにしなくて良いわよ」
とこっそり耳打ちしてくれました。
dnsw5201.jpg
   近郊にあるクリケットグランド