fc2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 08

地球ワーキングトラベラー見聞記

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権を持ち、ヨーロッパでの滞在経験もあります。世界100カ国以上回った、私の見聞記を楽しんで下さい。

鮭は何匹戻ってきますか? 

Posted on 01:04:00

アラスカでは鮭の養殖は禁じられています。
そのためすべての天然の鮭をですが、
登って来る鮭を捕獲して人工ふ化させて
稚魚をたくさん放流しています。

アンカレッジの観光で時間があれば、
この人工孵化場に案内しています。
そこでは捕獲している所や
タンクの中では種類別に
稚魚が泳いでいるのが見られます。

排卵の数は鮭によって異なりますが、
マスノスケ(3,000~14,000)
ギンザケ(2,400~4,500)
ベニザケ(2,000~5,000)
カラフトマス(1,200~1,500)
シロザケ(2,000~4,000)

この卵が全部孵化して稚魚となり、
成長したら困らないのでしょうが、
生まれた川に戻って来るのは
1000分の1とも言われています。

成長期に魚や鳥の餌になりますが、
商業的に捕獲される量に比べたら
市民が食料として釣ったり、
熊の餌になる量は少ないですね。

ときどき他の川で生まれた鮭が
迷い込んで登って来て交配すると
違う鮭が少しずつ増えていきます。

そうしてもっと美味しい鮭とか、
強い鮭が生まれるそうです。
大自然のこんな気まぐれが、
新しい鮭を作り出しています。
anc320.jpg
      アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド   
旅行情報  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

産卵期に形が変化する鮭 

Posted on 01:04:13

日帰り氷河クルーズに行く途中にも
鮭が見られる場所があります。
Williwaw Creek には遊歩道があり、
鮭についての説明書きがあります。
登って来る鮭を観察しながら、
どの鮭か自分で区別してみましょう。

海にいる時は銀色に輝いていますが、
川を登り始まると黒色になります。
そしてオスには赤い縦のライン、
メスには黒い横のラインが見られます。
これは婚姻色と言って、オスとメスが
異性にアピールするために出るそうです・

中にはオスとメスの模様が
同時に出ている鮭もいますが、
それはメスを巡る争いで負けたオスが
降参の印としてメスの婚姻色である
黒ラインを一時的に出すと言われています。

鮭はもともと白身の魚ですが、
海に出てオキアミなどを食べているうちに
餌に含まれている赤い色素が残って
身がだんだん赤くなるそうです。

その赤身こそがタンパク質ですが、
メスは産卵するときにその栄養素を
すべて卵に注ぎ込んでしまいます。
そのためイクラは赤い色をしています。
ところがオスはそれが必要ないために
体が赤くなると言われています。

また産卵期のオスは鮭によって
背中がこぶのように高くなったり
吻が伸びて先端で曲がったりと
成長期とはかなり異なった姿になります。
anc319.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド   
ーアラスカ  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

アラスカで見られる鮭 

Posted on 01:05:18

チャーター便がやってくる時期に
もうひとつ見られる野生動物がいます。
アラスカと言えば「鮭」ですよね。

カナダのバンクーバーに流れる
フレーザー川も一大捕獲地ですが、
そこに住んでいた時は見たことがなく、
私はアラスカに来て初めて、
天然の鮭が川を登るのを見ました。

アラスカに春が来るのは遅いですが、
川や湖が溶け始めると鮭が登ってきます。
これをサーモンランと呼んでいますが、
ピークは5月から9月にかけてです。

アラスカ州全体で見られる
代表的な鮭は5種類ありますが、
Chinook Salmon(マスノスケ)
別名キングサーモン
5下旬から7月下旬まで

Coho Salmon(ギンザケ)
別名シルバーサーモン
7月初旬から9月下旬まで

Sockeye Salmon(ベニザケ)
別名レッドサーモン
6月中旬から9月下旬まで

Pink Salmon (カラフトマス)と
Chum Salmon(シロサケ)
別名ホワイトサーモン
7月中旬から8月中旬まで
シーズンになると同じ川で
種類の異なった鮭が
登って来るが見られます。
anc314.jpg
      アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  日本語ガイド   
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

シロイルカって頭が良いんだね 

Posted on 01:01:57

野生動物がこんなに見えるなんて?
本当にラッキーとしか言えませんね。
日帰りクルーズではラッコやアザラシが
殆ど毎回見ることができますが、
ベルーガはまだ一度も見ていませんでした。

ベルーガが良く見られるのは
その名もベルーガポイントです。
ベルーガのオブジェがある場所です。
もし見られなくても一緒に写真撮影
きっと良い思い出になるでしょう。

ここでベルーガが見られなかったら
日本各地の水族館にいる
シロイルカを見に行ってくださいね。

名古屋港水族館にいるナナちゃんは
(国内の水族館生まれで最高飼育記録更新中)
なんと空中ジャンプができます。
他にもいろんなお遊びを見せてくれます。

鴨川シーワルドにいるナックくんは
子供たちの呼びかけに答えたり、
人の声をモノマネすることが出来ます。

甲高い大きな声で鳴いて
遠くにいる仲間と連絡を取り合います。
それが小鳥の鳴く音に似ているので
「海のカナリア」と呼ばれています。

大きな輪をつくる「バブリング」や
頭にあるこぶ「メロン」に乗せて
ボールを運んだりすることもできます。
国内にある4つの水族館で
シロイルカを見ることができます。
今日も次の芸の特訓をしているのかな?
anc316.jpg
      アラスカの風景 by tripadvisor


テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  ベルーガ  日本の水族館 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

白い背中は見えましたか? 

Posted on 01:04:35

今日は先々が良いのでしょうか?
ホテルを出てわずか30分ぐらいで
野生動物を見ることができました。

ターナゲイン入江は浅いために
クジラを見ることはできませんが、
鮭がたくさんやって来ます。
7月から8月ごろにかけて
その鮭を追ってやってくるのが
ベルーガ―と呼ばれるシロイルカです。

周りの氷河から流れ出す水には
氷河が削った岩の粉(シルト)が
大量に含まれているために
入江はいつも泥水のように濁っています。

走っているバスの中から
ベルーガを見つけるのは難しいのですが、
群れになってたくさん泳いでいると、
白い背中を見ることができます。

「あれカモメじゃないよね」
確かに白い背中がちらっと見えました。
さあいつもの写真スポットに停まって
ベルーガを探してみることにしましょう。

イルカやクジラはジャンプをしますが、
ベルーガはどうなのでしょうね。
入江が浅いのでジャンプが難しいのか?
それとも鮭を追うので忙しいのか?
ジャンプするのは見られませんでした。

でも白い背中は確かに見れました
お客さんたちも大感動です。
バスを停めた場所にはベルーガのオブジェ
皆さん一緒に記念撮影していました。
anc315.jpg
     アラスカの風景 by tripadvisor



テーマ - 海外生活

ジャンル - 海外情報

タグ - アラスカ  アンカレッジ  野生動物 
ーアラスカ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

おんぶさんの作品

FC2カウンター

カテゴリ